Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

管理ツールの製品名称・コンポーネント内容の変更について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 04-MAR-03
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

エージェント系製品の名称・コンポーネント内容の変更について

 HP内での製品統合に伴い、サーバ管理ツールである Insightマネージャ関連の製品名称が変更されました。下記は Insightマネージャ用エージェントで利用するドライバで、v6.20から変更を受けています。
ASMドライバ
 旧health & wellnessドライバ
 旧基本(foundation)エージェント
 旧サーバエージェントの一部
RSMドライバ
 旧RIB-LOE/2用ドライバ
 旧iLO用ドライバ
 旧サーバエージェントの一部
 
 これらコンポーネント内容の統合に伴い、Insightマネジメントエージェント v6.10迄の、基本エージェント(cmafdtn)とサーバエージェント(cmasvr)はパッケージ単体としては無くなりました。
 
 また、RIB-LOE/2用ドライバ(cpqrid)と iLO用ドライバ(cpqci)が別々のパッケージとして存在していましたが、これらも単体パッケージとしては無くなりました。
 
 今回、コンポーネント内容の統合を行った結果、パッケージ数が減少してインストールが簡便になりました。
 
 ASMドライバに基本エージェントが組み込まれた事により、ASMドライバ単独で ucd-snmpパッケージと連携した WBEMが利用できる様になりました。
WBEM WBEM WBEM WBEM

管理ツール系製品の名称の変更について

 当サイトもしくは、各種ドライバソースやリリースノート等で利用される略称に於ける変更は下記になります。
CMA(Compaq Management Agent) Insightマネジメントエージェント
Insight Management Agent
IMA
  CIM(Compaq Insight Manager) Insightマネージャ
Insight Manager

 その他のサイト内リンクFAQ: 用語・略語集にまとめてありますのでご覧ください。


 お手数ですが、当サイト内での旧名称での記述に関しては都度読み替えて頂く様、お願いいたします。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項