Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Linux用管理ツールについての技術情報

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
 本ページでは HPの管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

管理ツールパッケージ

 SPP - Service Pack for ProLiant(Red Hat、SUSE用)
Service Pack for ProLiant 2017.04.0対応環境とインストール方法について SPP-Ready

 SUM - Smart Update Manager - Red Hat、SUSE用
hpsum v7.6.0対応環境とインストール方法について

 hpsut - Smart Update Tool(Red Hat、SUSE用)
Smart Update Tool サイト外リンクv1.6.5.1
iLOの仮想メディア経由でマウントした SPPの内容デプロイするための OneView用エージェントです。
SPP

 MCP - Management Component Pack(Red Hat、SUSE以外 - 旧 PSP)
 RHEL, SLES以外の下記ディストリビューション向けにも IMAをはじめとした管理・監視ツール一式が提供されています。
  • Oracle Linux 7用に サイト内リンクv10.50がリリースされています
  • Oracle Linux 6用に サイト内リンクv10.50がリリースされています
  • CentOS 7用に サイト内リンクv10.50がリリースされています
  • CentOS 6用に サイト内リンクv10.50がリリースされています
  • Ubuntu 16.04用に サイト内リンクv10.40がリリースされています
  • Ubuntu 16.04用に サイト内リンクv10.40がリリースされています
  • Debian 8用に サイト内リンクv10.40がリリースされています

障害監視エージェント

 AMS - Agentless Management Service
 IMA - Insight Management Agent, SMH - System Management Homepage
AMS(hp-ams) v2.6.0対応環境とインストール方法 SPP
IMA(hp-health群) v10.60-1833、SMH v7.6.0-11対応環境とインストール方法 SPP
IMA(Insight Management Agent)で監視する場合のドライバー対応について
SMHの技術情報は IMAの技術情報に統合しました。

運用管理ツール

ProLiantマニュアルページ  OneView, SIM(Systems Insight Manager)をはじめとした、統合管理ソフトウェアに関するユーザガイドをはじめとした、ドキュメントはサイト外リンクProLiantマニュアルページにも用意しておりますのでご覧ください。

SmartArray/RAID管理ツール

SSA/SSA-CLI - Smart Storage Administrator - Command Line Interface
SSA v2.65-7.0用、対応環境とインストール方法 SPP
SSA-CLI v2.65-7.0用、対応環境とインストール方法 SPP
offline SSA v2.60-18.0用、対応環境とインストール方法  

 SSADU-CLI - Smart Storage Administrator Diagnostic Utility CLI
ssaducli v2.65-7.0用、対応環境とインストール方法 SPP

 Ubuntu MAAS用 pythonスクリプト
サイト外リンクUbuntu 16.04 LTS MAAS用 pythonスクリプト dynamictoahci.py v1.5
SATAコントローラを Dynamic SmartArray B140iモードから AHCIへ RESTfulで変更します

診断ツール

 NVDIMM管理ツール
サイト外リンクPersistent Memory Manager v1.0
NVDIMMのステータス確認が可能なツールです
Persistent Memory Manager User Guideは
PDFこちら
RHEL7, SLES12用

 Insight Diagnosticsユーティリティ
hpdiags v10.60.2109-2176用、対応環境とインストール方法 SPP

Lights-Out管理ツール

 hponcfg - Lights-Out Online Configuration Utility
Lights-Out Online Configuration Utility v4.6.0-0用、対応環境とインストール方法 SPP
サイト外リンクLights-Out XML PERLスクリプティングサンプル v4.90.0
Mod_Network_Settings.xmlに IPMI_DCMI_OVER_LAN_PORTが追加されました
 
 
 hprest - RESTful interface tool
サイト外リンクhprest v1.5.1
 RHEL/SLES用 - サイト外リンクドキュメント & ダウンロードサイト
 Debian 8, Ubuntu Server 14.04, 16.04用 - サイト外リンクSoftware Delivery Repository (SDR)
 ProLiant Gen9では BIOSと iLO4の設定変更が可能です
 
サイト外リンクiLO RESTful API Explorer
 script/API経由で iLOを通じてのサーバ管理する際の学習とデモ利用が可能です
 
 
 hpmouse - high performance mouse driver
iLO2/3/4用 hpmouse(high performance mouse)ドライバ v1.2.0-96/v1.2.1-1用対応環境とインストール方法 SPP
 
 AHS(Active Health System)ログ download CLI for Linux
サイト外リンクhp-AHSdownload v2.2.0-5(17 Jan 2017)
  iLO4搭載機の障害解析に必要な AHSログをLinux上から採取できます
#/opt/ahs/AHSdownload/AHSdownload -hで利用方法が確認できます(v2.2.0よりパスが変更されています)
 
 iLO/iLO2/iLO3/iLO4 Firmware and Laungage Pack For Japanese
サイト外リンクiLO4用 v2.53 (サイト外リンク別 url)
  英語版ファームウェアです。下記のランゲージパックで WEB I/Fの日本語化を行います。
サイト外リンクiLO4用 Language Pack - Japanese v2.50
  日本語版ランゲージパックは、こちらからダウンロードできます。
サイト外リンクiLO3用 v1.88
  英語版ファームウェアです。下記のランゲージパックで WEB I/Fの日本語化を行います。
サイト外リンクiLO3用 Language Pack - Japanese v1.80
  日本語版ランゲージパックは、こちらからダウンロードできます。
サイト外リンクiLO2用 v2.29(英語版)
  JRE v7/8で TLS v1.1/1.2が有効時に Java IRCが起動しない問題を修正
サイト外リンクiLO2用 v2.25(J)
  日本語版ファームウェアは、こちらからダウンロードできます。
サイト外リンクiLO用 v1.94(J)
  日本語版ファームウェアは、こちらからダウンロードできます。
 
 hpiloドライバ
 Gen8に搭載されている iLO4を AMSモード(hp-ams)で利用する際にチャネルが不足する問題は hpilo v1.3で解決しています。ディストリビューションの標準ドライバが v1.3未満の場合には、本ドライバをご利用ください。詳細についてはサイト外リンクドライバ & ダウンロードから。
 
 technical documents
iLO2での様々なマウスカーソル同期方法について
レスキューモード時の iLO2 Virtual Media利用方法について
iLO2での VSP設定方法
(ハードウェアセットアップへ)
iLOを利用した VCD, VFD, telnet, Vserialの利用について

 Lights-Out 100/i
Lights-Out 100/i(IPMI v1.5用)について
(ハードウェアセットアップ方法についての技術情報へ)

デプロイツール

 STK - Scripting Tool Kit
STK(Scripting Tool Kit) v10.50
 RHEL/SLES用 - SDRサイト/RPM版, ダウンロードサイト(サイト外リンクRPM版, サイト外リンクtar.gz版)
 Debian 8, Ubuntu Server 14.04, 16.04用 - サイト外リンクSoftware Delivery Repository(SDR)
  • ProLiant Gen9の新機種のサポートを追加
  • 現時点では SDRからは提供されていません

SDR - Software Delivery Repository

SDRセットアップ方法について - SPP対応版(add_repo.sh版)
SDRセットアップ方法について - SPP対応版(bootsrap.sh版)

UPS管理ツール

 UPS, CMC関連
UPSマネジメントモジュール
 製品情報については サイト外リンクこちらをご覧ください。また、対応する UPS Power Protectionエージェントの詳細についてはサイト外リンクこちらをご覧ください。管理画面のスクリーンショットはサイト内リンクソフトウェア製品ページをご覧ください。

ストレージ冗長化ツール

 Device Mapper Multipath関連
Device Mapper Multipathについての技術情報

その他

 現在、このセクションに該当するソフトウェアはありません。hp-vtと NCTの情報をお探しの方は サイト内リンク旧版文書をご覧ください。

管理ツール全般

cmanicdプロセスの異常によりNICステータスが取得できなくなる問題について
IMAでのログ出力を停止させる方法について
SNMPエージェントのセキュリティアップデートについて
管理ツールの製品名称・コンポーネント内容の変更について

よく聞かれる質問

サイト内リンクFAQ・・・よく聞かれる質問にも管理ツールに関するものを用意しています。

旧版となった技術文書

旧版リンク 旧版となった管理ツールに関してはサイト内リンクこちらをご覧ください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項