Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

IMA(Insight Management Agent)で監視する場合の
ドライバー対応について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
21-OCT-09, revised 09-FEB-10
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

ディストリビューション標準搭載ドライバー等の対応状況について

 ProLiant本体とオプションのハードウェア障害を検知するための IMA(Insight Management Agent)は、各デバイスへ直接アクセスするドライバーと連携し、ハードウェア状況を監視しています。また、デバイスによってはドライバーだけの対応以外に別途 IMAと連携するためのライブラリが必要となる場合もあります。

 本書では、HPから提供するドライバーではなく、ディストリビューションに標準搭載されているドライバーを利用した場合であっても、IMAがデバイスとの連携が図れるか否かについて説明致します。

Ethernetコントローラの詳細について

 Red Hat EL4、EL5と SUSE Eneterprise 10、11に標準搭載されているドライバーが IMAと連携できるかについては下記の状況となります。
tg3 Broadcom系 BCM57xx(06/08/09以外)
bnx2 Broadcom系 BCM5706/08/09
e100 Intel系 i825xx系 100Mbs向け
e1000 Intel系 i825xx系 PCI-X系
e1000e Intel系 i825xx系 PCI-Express
igb Intel系 i82576
netxen_nic NetXen系 NX2031、NX3031

SmartArrayコントローラの詳細について

 Red Hat EL4、EL5と SUSE Eneterprise 10、11に標準搭載されているドライバーが IMAと連携できるかについては下記の状況となります。
cciss SmartArray P-SCSI (5x/6x)、SAS/SATA
NA hpahcisr SmartArray B110i

 hpahcisrドライバーは GPLドライバではないため、ディストリビューションに標準搭載されていません

SCSI/SASコントローラの詳細について

 Red Hat EL4、EL5と SUSE Eneterprise 10、11に標準搭載されているドライバーが IMAと連携できるかについては下記の状況となります。
×/ mptlinux LSI Logic系 P-SCSI、SAS/SATA

 SLES11以外のディストリビューションに標準搭載されている mptlinuxドライバーは IMAと連携できませんので、HP提供の mptlinuxドライバーパッケージを利用してください(本書では以前 SLES11でも連携できないと記載していましたが誤りでした。訂正させて頂きます)。SC44Geコントローラを利用した結果は下記となります。
  ・RHEL4の場合
     IMAに SC44Geを監視させるには、HP提供の mptlinuxドライバーが必要です。
 RHEL4に標準装備されている mptctl.koでは RHEL4.8の v3.12.29.00rhと最新の IMA8.32を利用しても SMHには SC44Geは表示されません。
 組み合わせ的に一番古い、RHEL4.3と PSP7.80の組み合わせから SMHが利用可能な事を確認しました。
     
  ・RHEL5の場合
     IMAに SC44Geを監視させるには、HP提供の mptlinuxドライバーが必要です。
 RHEL5に標準装備されている mptctl.koでは RHEL5.4の v3.04.07rhと最新の IMA8.32を利用しても SMH上には SC44Geは表示されません。
 組み合わせ的に一番古い、RHEL5.0と PSP7.80の組み合わせから SMHが利用可能な事を確認しました。
     
  ・SLES10の場合
     IMAに SC44Geを監視させるには、HP提供の mptlinuxドライバーが必要です。
 SLES10に標準装備されている mptctl.koでは SP3の v3.04.07_suseと最新の IMA8.32を利用しても SMH上には SC44Geは表示されません。
 組み合わせ的に一番古い SLES10/SP0と PSP7.70の組み合わせから SMHが利用可能な事を確認しました(PSP7.61には HP提供 RPM/mptlinuxドライバーが存在しないため PSP7.70を利用しました)。
     
  ・SLES11の場合
     IMAに SC44Geを監視させるには、ディストリビューション標準搭載の mptlinuxドライバーでも利用可能です。
mptctl.koはロードされますので、/etc/modprobe.conf.localに aliasを切る必要はありません。
 この結果は、ディストリビューション標準搭載の mpt-firmwareパッケージの有無には影響を受けません。
 組み合わせ的に一番古い、SLES11/SP0と PSP8.25の組み合わせから SMHが利用可能な事を確認しました。

 ちなみに、SLES10の場合、mpt-statusツールが同梱されており、このツールを使って能動的に RAID状況を確認する事が可能です。詳細はサイト内リンクmpt-statusは利用可能か?をご覧ください。

 また、mptlinuxドライバーは障害発生状況をログに記録する機能を有しています。記録例についてはサイト内リンクSC44Geページ内の `RAID利用時の障害ログ`についてを参考にしてください。

Fibre Channelコントローラの詳細について

 Red Hat EL4、EL5と SUSE Eneterprise 10、11に標準搭載されているドライバーが IMAと連携できるかについては下記の状況となります。
× qla2300/qla2400/qla2xxx QLogic系 Fibre Channel
× lpfc Emulex系 Fibre Channel

 ディストリビューションに標準搭載されている qla2300/qla2400/qla2xxxドライバーは IMAと連携できませんので、HP提供のドライバーパッケージ、もしくはサイト内リンクHP Fibre Channel Enablement Kitを利用してください。

 ディストリビューションに標準搭載されている lpfcドライバーは IMAと連携できませんので、HP提供のドライバーパッケージ、もしくはサイト内リンクHP Fibre Channel Enablement Kitを利用してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項