Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Insight Diagnosticsユーティリティについての技術情報
hpdiags v6.3.0-15対応環境とインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
09-JUL-04
Insight Diagnosticsユーティリティ  本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本バージョンでの主な変更点について

  • Red Hat EL3に対応しました。
  • Red Hat 7.2, 7.3, 8.0, SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0への対応が無くなりました。
  • テスト機能が削除されました。

注意事項と既知の問題について

  • SoftPaqサイトで Red Hat EL3以外のディストリビューションに対応しているかの様な記述がありますが、実際には対応していません。
  • ヘルプ機能は v3.xx用であり、テスト機能等の本バージョンに未搭載の機能について記述されています。これらの記述は無視してください。
  • コマンドラインでのテスト関連項目は機能しません。
  • [キャプチャ]ボタン上に無意味な文字(GIF画像)が1文字表示されます。
  • 本ソフトウェアは Red Hat EL3用 PSP 7.10に同梱されていますが、PSP 7.10には glutパッケージが同梱されていません(未利用時はライブラリ依存エラー、cronエラーが発生します)。また、.xmlファイルが存在するにも関わらず PSP 7.10での導入は行えません。

対応するディストリビューションについて

× Red Hat Enterprise Linux AS 2.1
× Red Hat Enterprise Linux ES 2.1
Red Hat Enterprise Linux AS 3(x86)
× Red Hat Enterprise Linux ES 3(x86_64)
Red Hat Enterprise Linux ES 3(x86)
× SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0(x86)
× SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0(x86_64)

HPがサポートする EL3は kernel 2.4.21-9以降です

対応するハードウェアについて

  • ProLiant ML300, 500, 700シリーズ(ML330, ML330eは除く)
  • ProLiant DL300, 500, 700シリーズ(DL590/64は除く、DL585は i686 kernelのみ)
  • ProLiant BLシリーズ
本ソフトウェアがリリースされた時点、もしくは Relese Notesに記載された ProLiantシリーズに限る

対応する WWWブラウザ環境について

  • Netscape Navigator 7.0以降/Linux, Windows
  • Mozilla 1.0以降/Linux, Windows
  • Internet Explorer 5.5以降/Windows

インストール方法について

 本ソフトウェアは Surveyユーティリティの後継ソフトウェアです。Surveyユーティリティが既に導入されている場合、アンインストールを行ってください。
 
 本ソフトウェアを導入する前にサイト内リンクInsight Management Agentをインストールしておく必要があります。
 
 あらかじめ compat-libstdc++パッケージと glutパッケージをインストールしておく必要があります。
 
 下記のコマンドでインストールを行います。
#rpm -ivh compat-libstdc++-xx.xx.xx.i386.rpm
#rpm -ivh glut-3.x-x.i386.rpm
#rpm -ivh hpdiags-6.x.x-xx.i386.rpm
glut: OpenGL utility kit

利用方法について

 WWWブラウザから http://host.domain:2301としてアクセスします。システムマネジメントホームページ(WBEM)が表示されますので、レフトメニューの 'HP Insight Diagnostics'を選択してください。
 
 コマンドラインからの利用方法はTEXT#/usr/share/diagnostics/hpdiags -hをご覧ください。但し、テスト関連項目は動作しません

ダウンロードについて

ftp-US ftp-JPN
ダウンロード サイト外リンクこちら
ダウンロード EXEglut-3.7-8.i386.rpm 107KB
EXEhpdiags-6.3.0-15.linux.i386.rpm 9646KB
TEXTdiags_v630-15_readme.txt
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項