Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Insight Manager用 Linux版エージェント
インストールガイド for v4.9x

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 13-JUN-01
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

注意事項と既知の問題について

cpqarray.o利用時に CPU負荷が高くなる
症状 SmartArray(cpqarray系)を利用していると CPU負荷率が高くなる。
原因 cmaidadの polling過多による。
対応 v7.00で修正済

WBEMの TopPageが文字化けする
症状 WBEM(port:2301)の TopPageが文字化けする…GIF画像
原因 コード関連の問題。
対応 IMA v5.50迄は JLKと共存させた場合に発生し、IMA v6.00以降は JLK無しでも発生する。また Survey, ACU/XE等のモジュールを追加した場合にもバージョンによって発生する事がある。但し、各デバイスのページは正常に表示されるので運用に問題はない。
ASM driver v6.30で解決

/optが umountされない
症状 '/opt'を別パーティションとしている場合、shutdown時に umountに失敗する
原因 health driver 3.3.x迄で発生。
対応 v6.20で修正済
v6.10での回避方法は…
#cd /usr/local
#mkdir opt
#cd opt
#mv /opt/compaq .
#cd /opt
#ln -s /usr/local/opt/compaq compaq

Survey -wが利用できない
症状 Foundation Agentが先に起動している状態で Surveyの Web Agentを起動すると WBEM(port:2301)へアクセスできなくなる。
原因 agentのコンフリクト。
対応 Foundation Agentを起動する前に Surveyの Web Agentを起動する事で回避可能。
Surveyの v1.04-2で解決済。

RA4100の HDD故障等が検知できない
症状 HDDの障害等が発生しても CIM等で警告表示がされない。但し、RA4100の電源ユニットの異常検知は可能。
原因 HDDの障害が発生した場合 cmafcadが停止するため。
対応 RA4100の IMAでのサポートは v5.50以降と cpqfc.o v2.1.2での組み合わせが必要。

"SCSI disk error, sense key Illegal Request"エラー
症状 cpqfc.oロード時に IMAを起動し RA4100に対し I/Oが発生すると上記エラーがコンソールに表示される。
原因 cpqfc.o側の問題。
対応 RA4100用ドライバ cpqfc.o v2.1.1未満と IMA v5.50未満は共存できない。/opt/compaq/storage/bin/cmafcadをリネームして起動しない様にしておく。

health driver v3.0以降にアップグレードするとシステムパニックが発生する
症状 #rpm -e cpqhealthで v2.xxのアンインストールを行った後に v3.0以降をインストールすると、システムパニックが発生する事がある。
原因 #rpm -e cpqhealthを行っても実際のモジュールが残っており、新版モジュールとコンフリクトするため。
対応 /lib/modules配下の cpqhealth.ocpqrom.o#rmで削除してから、health v3.0以降をインストールする。システムパニックが発生した場合、boot: linux singleで single userモードで起動して対処する。

"Non Fatal Error on ida/c0d0"エラー
症状 HDDの故障が発生していないのに degradedと判断される。
CIMからの監視・管理には問題はない。
但し、I/Oパフォーマンスに影響が及ぶ。
原因 Storage Agentの問題で、内蔵SmartArray, RAID LC2を利用している場合のみ発生する。
対応 IMA v5.0xで解決済。

web agentでのセキュリティ問題
症状 port:2301/280等を介して proxy等のフィルタリングを突破されてしまう。
対応 詳細は サイト外リンクSSRT0715をご覧ください。

デバイス監視についての注意事項

 下記は、Linux側もしくは Agent側の仕様から発生する問題もしくは仕様であり、無害で無視可能なメッセージ等になります。
"hda bad special flag: 0x03"エラー
症状 コンソールに上記エラーが一度だけ表示される。ATAシステム構成の場合 "hdc"等として表示される。
原因 システムスキャン時に表示するメッセージの一つで仕様。
Red Hatが CONFIG_BLK_DEV_IDECD=mとして定義しているため ide.c内での icd_cdrom_reinit()がコールされず CD-ROMに対する flagが 0x00ではなく 0x03のままとなってしまう。
対応 なし。特に影響はない。



現在、本バージョンよりも新しいものが提供されています。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。

 
下記の内容は旧バージョンです
 
 
下記の内容は旧バージョンです
 
 
下記の内容は旧バージョンです
 
 
下記の内容は旧バージョンです
 

対応するディストリビューション

×Red Hat Linux 7.0J
Red Hat Linux 7.0E
×Red Hat Linux 6.2J
Red Hat Linux 6.2E
NIC agent, SmartArray5300, Fibre Channelは利用できません

対応するハードウェアについて

 サポートされるシステムは JAN-30-01時点で出荷されている下記シリーズの ProLiantになります。
  • ProLiant ML330
  • ProLiant ML350/933MHzまで
  • ProLiant ML350/1GHz以上
  • ProLiant ML370
  • ProLiant ML530
  • ProLiant ML570
  • ProLiant DL320/ATA
  • ProLiant DL320/SCSI
  • ProLiant DL360
  • ProLiant DL380
  • ProLiant DL580

READMEの簡約・抜粋・追記について

 詳細な説明は、オリジナルの各英語版 READMEを参照してください。実際のインストール手順は本ページ末のインストールフローをご参照ください。
 
 以降の説明は、CMA v4.90-1aを利用して行います。マイナーバージョンが異なるモジュールを利用する場合は、それぞれのバージョンに読み替えてください。
 
 本ページに記載されていない詳細な情報は添付の README等をご覧ください。
  • インストールする前に..
     #chkconfig --list snmpdコマンドにて snmpdが runlevelの 2,3,4,5等で起動しているかどうか確認してください。#chkconfig --level 2345 snmpd on等で起動設定を変更できます。
     
    各エージェントは下記の順番にインストールを行ってください。
    health & wellness driver
    Remote Insight Board SNMP routing driver
    foundation agent
    server agent
    storage agent
    NIC agent

  • README.health(Health & Wellness driver)
     詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。

  • README.rid(Remote Insight Board SNMP routing driver)
    • 動作するシステム...
      本ドライバは上記で記述した以外の下記システムでも動作します。
      • ProLiant 8000
      • ProLiant 8500

       Remote Insight Board(以降、Lights-Out Editionを含む)を装備していない場合には、本ドライバをインストールする必要はありません。

  • README.fdn(Foundation Agents)
    • UCD SNMPに関して...
       snmpd v4.1.1と v4.1.2にはメモリリークの問題があります。#ps -elf|grep snmpdにてメモリ利用量の確認が可能です。
       
       この対策として cmahostdは snmpdの利用メモリ量を 30分毎に監視し、メモリ利用料が倍になった時点で /etc/rc.d/init.d/snmpd restartコマンドにて snmpdを再起動させる機能を付与してあります。
       
       但し、この対策はデフォルトでは disabledとなっています。enabledにする前に snmpdが運用中に再起動して問題が生じるアプリケーション等が無い事を確認してください。
       
       この対策を enabledにするには /opt/compaq/foundation/etc/cmahostdにて PFLAGS="-p 15 -s OK -z"として -zオプションを付与し、/etc/rc.d/init.d/cmafdtn restartコマンドにて cmahostdを再起動してください。
       
       snmpdが再起動される毎に /var/spool/compaq/cma.logRestarting snmpd. Current size = nnnK. size captured earlier = nnnKのメッセージが書き込まれます。
       
       この UCD SNMPのメモリリーク問題は v4.2にて解決されます。HPは v4.2での検証が終了次第サポートする予定です。

    • AutoRefreshに関して...
       Linux上の Netscape WEBブラウザで Web Agentを参照する場合、AutoRefresh機能は利用できません。

    • インストールした後に...
       SRPM CD-ROM #4(もしくはサイト外リンクこちら)から ucd-snmpd用 SRPMパッケージを入手し、Compaq Managements Extention(cmaX)を追加しビルドする必要があります。

        for Red Hat 6.2E
       #rpm -ivh ucd-snmp-4.1.1-2.src.rpm
       #cd /usr/src/redhat/SOURCES
       #tar xvzf ucd-snmp-4.1.1.tar.gz

        for Red Hat 7.0E
       #rpm -ivh ucd-snmp-4.1.2-8.src.rpm
       #cd /usr/src/redhat/SOURCES
       #tar xvzf ucd-snmp-4.1.2.tar.gz
       #patch -p0 < ucd-snmp-4.1.2-rpm40.patch

       cmaXを snmpdに組み入れるには /opt/compaq/foundation/etc/snmpdbldスクリプトを実行します。但し、cmaX以外の extentionを組み入れている場合、本スクリプトは利用できません。./configureファイルで --with-mib-modulesフラグ指定し、全ての extentionを記述し、マニュアルでビルドしてください。
       
       ビルド時に下記の質問がされますので、システム環境に合わせて入力してください。
       System Contact Information(root@):
        システム管理者への連絡先... メールアドレス, 電話番号等
       System Location(Unknown):
        システムが設置されている場所... ビル名、フロア等
       Location to write logfile(/var/log/snmpd.log):
         logfileの位置指定
       Location to write persistent information(/var/ucd-snmp):
        snmp libraryの位置指定
       Do you want to replace /usr/sbin/snmpd with new snmpd(y/n)?
         y

       後述する、e100.oのビルドは Insight Manager用 Linuxエージェントのインストールが終了した後に作業してください。利用する kernelにもよりますが、先に行った場合には /opt/compaq/foundation/etc/snmpdbldスクリプトがエラー終了します。この場合は、e100.oをビルドするのに変更したリンクを元に戻し、キャッシュファイル(/usr/src/redhat/SOURCES/ucd-snmp-X.X.X/config.cache)を削除する事でビルドが可能になります。

  • TEXTREADME.svr(Server Agents)
    • Remote Insight Board用エージェントについて...
       cmasm2d RILO agentは Remote Insight Boardの IPアドレス等を正しくレポートしません。但し、WBEM経由の場合には正常な値を取得できます。
       
       ProLiant ML, DLシリーズの SMBIOS環境に於いて、cmastdeqdは、cpqSiSecurity, cpqHeIRCの MIBを正確にレポートしません。正確な値はシステム起動時に <F10>等でシステム構成情報で確認してください。

  • TEXTREADME.str(Storage Agents)
    • 対応するドライバ...
       SmartArrayコントローラ用ドライバである cpqarray.oに対応し、Smart2仕様、CCISS仕様の両方に対応しています。但し、Red Hat 6.2E環境に於いては Smart2仕様のみサポートされます。現時点で CCISS仕様としてドライバを利用するコントローラは サイト内リンクSmartArray 5300のみで、それ以外の SmartArrayコントローラは全て Smart2仕様としてドライバを利用します。サイト内リンクRAID LC2も Smart2仕様としてドライバを利用します。
       
       Fibre Channelコントローラ用ドライバは cpqfc.oに対応しています。但し、Red Hat 6.2Eではサポートされません。

  • TEXTREADME.nic(NIC Agents)
    • e100ドライバに関して...
       サポートしている Ethernetドライバは e100.oで、Red Hat 7.0E標準の eepro100.oはサポートされません。また、Red Hat 7.0Eに添付されている e100.o v1.2.1はサポートされません。サイト外リンクIntelサイト e100.oのソースをダウンロードし、最新の e100.o(v1.3.19/20で確認)をビルドしてください。ビルド後は /etc/modules.confファイル内の eepro100e100に置き換える事で、再起動後は e100.oが利用される様になります。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。
       
       UNI kernel、SMP kerneleを利用する場合、e100.oのビルドは Insight Manager用 Linuxエージェントのインストールが終了した後に作業してください。先に行った場合には /opt/compaq/foundation/etc/snmpdbldスクリプトがエラー終了します。この場合は、e100.oをビルドするのに変更したリンクを元に戻し、キャッシュファイル(/usr/src/redhat/SOURCES/ucd-snmp-X.X.X/config.cache)を削除する事でビルドが可能になります。Enterprise kernelを利用する場合にはこの問題は発生しません。
      #pushd /usr/include
      #mv linux linux.e100
      #mv asm asm.e100
      #mv linux.org linux
      #mv asm.org asm
      #rm /usr/src/redhat/SOURCES/ucd-snmp-X.X.X/config.cache
      #popd
       
       snmpdを再度ビルドする場合、予め /usr/src/redhat/SOURCES/ucd-snmp-X.X.X/config.cacheファイルを削除してください。本ファイルが存在すると、前回のビルド時の情報を利用してビルドしようとします。
       
       Ethernetケーブルが接続されていない状態で e100.oがロードされた場合、ケーブル未接続に関してレポートしません。リンクが確立した後でのケーブル未接続に関しては正常にレポートします。
       
       e100.oドライバが利用する Driver_Nameが利用可能です。
       
       本バージョンに於いては IMLへの通知は行いません。
       
       リンクスピード等の MIB-IIベースの CIMがあげるレポートは正しいものではない場合があります。

  • TEXTsnmpd.conf.cma(snmpd.conf参考ファイル)
     /etc/snmp/snmpd.confファイルを /usr/share/snmp/にコピーし、ファイルを利用環境に合わせて編集します。必要に応じて /opt/compaq/foundation/etc/snmpd.conf.cmaファイルを参考にしてください。
     
     システム環境に合わせて SNMPの community string等を記述します。Remote Insight Board経由での通信を行う場合、rwcommunityをボード用に追記する必要があります。
    rocommunity public 200.200.200.101
    rwcommunity secure 200.200.200.102

    trapcommunity public
    trapcommunity secure

    trapsink 200.200.200.101
    trapsink 200.200.200.102

インストールフローについて

 Red Hat Linux 6.2Eもしくは 7.0Eを Everythingインストールした後でのインストール作業は下記になります。実際に運用するシステム構成にあわせて適時オプション等を変更してください。特に SNMPの community nameは publicではなくセキュアなものに変更する事を強くお勧めします。
 
 下記の例は、管理者用ワークステーションの IPアドレスが 16.175.164.194、エージェントを導入する Linuxサーバの IPアドレスが 16.175.164.57RIB-LOEの IPアドレスが 16.175.164.56の場合の例です。各種 SNMP関連、ファイアウォール関連の設定はご利用の環境に合わせて適当なものに変更してください。
 snmpdの起動レベル変更...
  #chkconfig --level 2345 snmpd on
 
 packageの解凍...
  #tar xvzf SP14467.tgz
 
 health & wellness driverインストール...
  #rpm -ivh cpqhealth-1.2.0-1.i386.rpm
 
 RIB SNMP routing driverインストール...
  #rpm -ivh cpqrid-1.0.0-7.i386.rpm
 
 foundation agentインストール
  #rpm -Uvh cmafdtn-4.90-1.i386.rpm
 
 snmpdへ cmaX追加...
  #mount /mnt/cdrom (CD-ROM #4)
 [RH70]#rpm -ivh /mnt/cdrom/SRPMS/ucd-snmp-4.1.2-8.src.rpm
 [RH70]#pushd /usr/src/redhat/SOURCES
 [RH70]#tar xvzf ucd-snmp-4.1.2.tar.gz
 [RH70]#patch -p0 < ucd-snmp-4.1.2-rpm40.patch  
or
 [RH62]#rpm -ivh /mnt/cdrom/SRPMS/ucd-snmp-4.1.1-2.src.rpm
 [RH62]#pushd /usr/src/redhat/SOURCES
 [RH62]#tar xvzf ucd-snmp-4.1.1.tar.gz
  #/opt/compaq/foundation/etc/snmpdbld
  #popd
 
 server agent追加...
  #rpm -Uvh cmasvr-4.90.i386.rpm
 
 storage agent追加...
  #rpm -ivh cmastor-4.90-1.i386.rpm
 
 NIC agent追加...
  #rpm -ivh cmanic-4.90-1.i386.rpm
 
 snmpd設定変更...
  #cp /etc/snmp/snmpd.conf /usr/share/snmp/
  #cp /opt/compaq/foundation/etc/snmpd.conf.cma /usr/share/snmp/
  #chmod 644 /etc/snmp/snmpd.conf
  #vi /usr/share/snmp/snmpd.conf
 [追加]rwcommunity public 
 [追加]trapcommunity public 
 [追加]trapsink 16.175.164.194 (管理者コンソール用)
 [追加]trapsink 16.175.164.56 (Remote Insight Board用)
 
 e100.oの最新版(v1.3.19/20で確認)を build...[RH70]
  サイト外リンクIntel site... 詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。
 
 モジュールの変更...[RH70]
  #vi /etc/modules.conf
   alias eth0 eepro100 e100
 
 snmpdのメモリリーク対策追加...
  #chmod 700 /opt/compaq/foundation/etc/cmahostd
  #vi /opt/compaq/foundation/etc/cmahostd
   PFLAGS="-p 15 -s OK -z"
  #chmod 500 /opt/compaq/foundation/etc/cmahostd
 
 システム再起動...
  #shutdown -r now
 
 以降、Insight Managerの管理者コンソールから該当システムが正常に認識できるか確認してください。

ダウンロードについて

ftp-US ftp-JPN
ダウンロード サイト外リンクこちらから
ダウンロード TGZSP14467.tgz, v4.90-1a

 

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項