Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

SNMPエージェントのセキュリティアップデートについて
for CMA v5.30 and Red Hat Linux 7.1/7.2

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
18-APR-02
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは CMA v5.30を稼動させている Red Hat Linux 7.1と 7.2の SNMPエージェントを更新する方法を説明します。

アップデート手順について

 以下の手順は Red Hat 7.2用です。Red Hat 7.1の場合、ファイル名等を sp19714.tgzに読み替えてください。
#tar xvzf sp19715.tgz
#sh ./sp19715.sh
Preparing...
    ・
Patch #1 (ucd-snmp-4.2...
Patch #2 (ucd-snmp-4.2...
Patch #3 (ucd-snmp-4.2...
    ・
Successfully prepared the souce files and pathces.
 
Ready to rebuild snmpd, source directory is /usr/src/redhat/BUILD/ucd-snmp-4.2.3
Press ENTER to continue...[Enter]
    ・
checking for ...
creating ...
gc -g -O2 -Dlinux -I. -I../..
    ・
Do you want to replace /usr/sbin/snmpd with new snmpd (y/n)? y
    ・
./sp19715.sh completed successfully!
#
 
 SNMPのアップデートに伴い動作しなくなるツールがある場合、予めそれらの新バージョンを入手しておいてください。例えば、Ethernetモニタツール Etherealを導入されている場合、上記の作業を行う前に Etherealをアンインストールしておき、作業終了後に サイト外リンクRHSA-2001-163の新バージョンをインストールし直してください。

ダウンロードについて

ダウンロードセンター ftp-JPN
ダウンロード サイト外リンクこちらから
ダウンロード Red Hat 7.2用 - TGZSP19715.tgz(3.1MB),TEXTREADME
Red Hat 7.1用 - TGZSP19714.tgz(3.1MB),TEXTREADME

 

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項