Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ADU(Array Diagnostics and SmartSSD Wear Gauge Utility)についての技術情報
v8.75-12.0用、対応環境とインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
05-SEP-2011, revised 29-SEP-2011
製品情報についてはこちら  本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本ソフトウェアの対象機種と、対象ディストリビューションについて

support matrixページへ  詳細な対応情報については、米国のサイト外リンクサポートマトリックス[英語]ページで、対象機種を選択後に、`Drivers`セクションで利用されるディストリビューションを選択し、対象となるソフトウェアがサポートされているかを必ず確認してください。

 本ページ内のこれより以降の情報は、前述のリンク先にある情報をまとめ、補足したものとなります。

本バージョンでの主な変更点について

  • GUIに対応しました。
  • Red Hat Enterprise Linux 6に対応しました。
  • SmartSSD Wear Gauge機能を搭載しました(SSDのウェアレベリング等の管理用)。
  • 2.2TB超 HDDのサポート。

注意事項と既知の問題について

  • ダウンロードサイトの RHEL6グループからはダウンロードできません。本ページからダウンロードしてください。
  • 本パッケージは SMHを必要としていますが RPMレベルでの依存関係を持たせていません。このため CLI版のみの利用を目的として SMH無しの環境にインストールを行う際には、SMH関連のファイル等が存在しないためのエラーが出ますが無視してください。なお、release notesに記載のある --nodepsは意味を持ちません。
  • `-v`オプションの有無に関わらずフルバージョンの診断結果が出力されます。

対応するディストリビューションについて

Red Hat Enterprise Linux 4 AS&ES
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
SUSE Linux Enterprise Server 10
SUSE Linux Enterprise Server 11

Xen kernel対応について

 本ソフトウェアは、Xen kernel上での稼働をサポートします。但し、Red Hat EL5の場合 5.2(Update2)以降。SUSE Enterprise 10の場合、SP2以降を利用してください。

対応する SmartArrayについて

 後述の READMEをご覧ください。

インストール方法について

 下記のコマンドでインストールを行います。GUI版を利用する場合には予めサイト内リンクSMHを導入しておいてください。CUI版のみを利用する場合で SMHを導入しない場合には SMH関連のエラーが出ますが無視してください
#rpm -ivh hpadu-x.xx-xx.noarch.rpm
  Preparing...  ##################################################
  hpadu     ##################################################

 RHEL6の x86_64環境に導入する場合、別途 x86版のライブラリが必要となります。本パッケージは `noarch`形式となっておりますが、導入時には `libc.so.6が hpadu-x.xx-xx.0.i386に必要とされています`等の依存関係エラーが表示されます。この場合には #yum whatprovides libc.so.6とする事で glibcが必要な事が分かりますので、glibcの x86版パッケージを #yum install glibc.i686等で導入する等し、依存関係を解決してください。

利用方法について

 GUIでの利用は、下記で ADUサーバを起動してからサイト内リンクSMH経由でアクセスしてください。`ストレージ`セクションに `Array Diagnostics and SmartSSD Wear Gauge Utility`としてスタートリンクが表示されます。
#hpadu -start
 CUIでの利用は、下記を参考にしてください。
#hpaducli -f report.zip  (通常のレポート)
#hpaducli -f ssdreport.zip -ssdrpt  (SSD Wear Gaugeレポート`のみ`)

README/Release Notesについて

 TEXThpadu-8.75-12.0.noarch.txt

ダウンロード

ダウンロード TAR.GZhpadu-8.75-12.0.noarch.rpm aefe705d726debc6019950bc1bea5c66 (3,001KB)
 もしくは、米国のサイト外リンクサポートマトリックス[英語]ページで、対象機種を選択後に、`Drivers`セクションで利用されるディストリビューションを選択し、対象となるソフトウェアがサポートされているかを必ず確認してからファイルを入手してください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項