Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

Turbolinux Server 6.1初期出荷版 CD-ROMでのインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
20-JUN-00
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 6月 16日より出荷された Turbolinux Server 6.1の初期出荷版 CD-ROMメディアに含まれるパーティション作成ツール tfdiskは、Compaqシステムパーティション(ID=0x12)を誤認識します。このため、正常にパーティションの作成が行われず Compaqサーバへの Turbolinux Server 6.1のインストールが正常に行えません。システムパーティションを削除することで回避は可能ですが、HPはこの方法をお勧めしません*1
go to Turbo! 6月末以降に出荷される Turbolinux Server 6.1の外箱に Compaq Edition CD-ROMメディアが貼付されます。これ以前に購入されたパッケージをお持ちの場合、TurboLinux社に Compaq Edition CD-ROMメディアの無償請求(申込み)を行ってください。但し、初期出荷版 CD-ROMメディアとの違いは tfdiskが改良されているかどうかの違いだけになります。tfdiskではなく、従来からの fdiskを利用してインストールを行う場合には、Compaq Edition CD-ROMメディアは必要ありません*2
 本ページは、ご利用の Compaqサーバが新機種でまだサイト内リンクインストールガイドがアップロードされていない場合、もしくは現行製品をご利用の方のためのページです。ご利用の Compaqサーバ用の Turbolinux Server 6.1インストールガイドがアップロードされている場合は、そちらをご覧ください。

回避方法

初期出荷版 CD-ROMメディアを利用して Turbolinux Server 6.1をインストールするための回避方法を説明いたします。
  • CD-ROMもしくは FDからシステムを起動し、通常の Turbolinux Server 6.1のインストールを行います。

  • 下記のモード選択画面が表示されたら、マニュアルモード*3を選択します。
    Turbolinux Server 6.1

  • 下記のパーティションの編集画面が表示されます。ここで <Ctrl>+<Alt>+<F2>キーを同時に押し、シェル画面に切り替えます。
    Turbolinux Server 6.1

  • bash-2.03#プロンプトが表示されます。SmartArrayコントローラを利用している場合は fdisk /dev/ida/c0d0p、SmartArrayコントローラを利用していない場合は fdisk /dev/sdaと入力し fdiskを起動します。
     
     下記は、18.2GB HDDを 1基利用した SmartArrayコントローラを利用していないシステムの例になります。/bootに 16MB, swapに 200MB, /に残り全領域を割り当てています。必要に応じて /usr, /home等のパーティションを別途作成してください。但し、/bootは必ず始めに(第一パーティションとして)、独立したパーティションとして確保してください。これは LILOブートローダのシリンダ制限を回避するのに重要なテクニックです。
    Turbolinux Server 6.1

  • fdiskでのパーティション作成が終了したら、<Ctrl>+<Alt>+<F1>キーを同時に押し、インストール画面に戻ります。

  • [再読込]を押し、作成したパーティション情報を読みこみます。
    Turbolinux Server 6.1

  • 作成したパーティション情報が画面に表示されます。
    Turbolinux Server 6.1

  • [次へ]を押して、通常の Turbolinux Server 6.1のインストールを続行します。
*1  詳細は、サイト内リンクSmartStartによるハードウェアセットアップをご覧ください。
*2  Compaq Edition CD-ROMメディアが必須になるのは、tfdiskを利用して Linuxのソフトウェア RAIDを利用したインストールを行う場合です。
*3  オートパーティショニングモードを利用すると Compaqシステムパーティションが削除されます。
[fdisk]  ちなみに、初期出荷版 CD-ROMメディアと Compaq Edition CD-ROMメディアは、CD-ROMラベル面に Compaq Editionと記されているかで判別できます。インストール画面上の違いは、tfdisk画面上に [FDISK]ボタンが加わっていることで判別できます。
  初期版Compaq Edition
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡