Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

SmartStart CD、Smart Update Firmware DVD上の autorun起動方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
11-MAY-2010, revised 30-JAN-2012
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

autorunについて

autorunについて  SmartStart CDもしくは、Smart Update Firmware DVDのトップディレクトリにある `autorun`スクリプトを起動する事で、それぞれのアプリケーションメニューが起動します。

 但し、全てのディストリビューションがそのまま起動できる訳ではありません。

ディストリビューション毎の対応について

ss_autorun_rhel4  RHEL4の場合、そのまま autorunの起動が可能です。
ss_autorun_rhel5  RHEL5.6未満の場合、CD-ROMがオートマウントされた状態では autorunは起動できません。これはオートマウントが noexec(メディア上からの実行不可)付きで行われているためです。execを付与してマウントしなおす事で実行が可能になります。
#mount -o remount,exec /media/HPSS840_32/ ⇒ SmartStart 8.40/x86版の場合
 オートマウント機能を利用せず、手動でマウントする場合には、execオプションを特に付与しなくても実行は可能です。ちなみに、mountコマンドの --bindオプションでの再マウントでは noexecオプションは外れません。

 RHEL5.6からは仕様変更が行われたため noexecオプションは付与されなくなっていますので、オートマウントされた状態から autorunの実行が可能になっています。
ss_autorun_rhel6  RHEL6の x86環境では autorunを実行するか否かの問い合わせを行います。そこで `実行する`を選択する事で起動が可能です。RHEL6(6.2迄確認)の x86_64環境では autorunは起動できません

 ちなみに、RHEL6に対応した Smart Start CDは v8.70からとなります。SUF(Smart Update Firmware) DVDは v9.30以降から RHEL6に対応しています。
ss_autorun_sles10  SLES10の場合、そのまま autorunの起動が可能です。
ss_autorun_sles11_ss850  SLES11の場合、autorunを起動するためのパッケージが SLES11に入っていないため起動できない場合があります。
・SmartStart v8.50以降では問題ありません。
・Smart Update Firmware DVDは v9.30以降では問題ありません。
 上記のバージョンよりも古い SmartStartと Smart Update Firmware DVDの autorunが起動しない理由は、autorunが必要としている compatパッケージが SLES11向けではサポートレベルでの提供がなされていない(unsupported Extrasチャネル)ため、通常のインストールメディアには同梱されていないためです。このため、SLES11では PSPパッケージを HDD上に展開してから SUMを利用する必要があります。但し、技術的には Novellがノンサポートチャネルで提供しているパッケージを利用する事は可能です。

ss_autorun_sles11
 ちなみに、CD-ROM:_autorun/autorun_linuxを直接起動しても、メニュー画面が起動するだけで、SUMやドライバー作成ツールは正常起動しません。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項