Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Service Pack for ProLiant(SPP)について
2011.09.0版

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
29-NOV-2011, revised 10-MAY-2012
SmartStart CD  本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト外リンクこちらをご覧ください。

本ソフトウェアに添付される等している詳細なドキュメントについて

Service Pack for ProLiant専用ページ  本ソフトウェアに関するユーザガイド等をはじめとした、ドキュメントは、Service Pack for ProLiantサイト外リンク専用ページ[英語]に用意しております。

単独提供版の Smart Update Firmware、PSPと本製品同梱版の違いについて

 本製品の元となる Smart Update Firmware DVDと PSPの後にリリースされたファームウェアの内、クリティカルなものが追加されている場合があります。詳細は前述の専用ページ内のドキュメントをご覧ください。

提供メディアの違いについて

 全ての OSと全ての機種に対応した `Complete`版 SPPイメージ、ML/DL/SLと BLシリーズ毎のイメージ、Linux, Windowsそれぞれの PSPだけを含んだイメージの 3系統を提供しています。
  • Complete ISO Image
  • ProLiant ML/DL/SL Red Hat Enterprise Linux Server Pack ISO Image
  • ProLiant ML/DL/SL SUSE Linux Enterprise Server Pack ISO Image
  • ProLiant ML/DL/SL Microsoft Windows Server Pack ISO Image
  • BladeSystem Red Hat Enterprise Linux Server Pack ISO Image
  • BladeSystem SUSE Linux Enterprise Server Pack ISO Image
  • BladeSystem Microsoft Windows Server Pack ISO Image
 Complete版は CD-Rの容量には入りきらない 1.4GB程度となります。他のメディアは 500〜700MB程度の容量となります。利用する CD/DVD-R/RW等のメディア、また USB-keyメディアの容量に合わせたものを利用してください。

 上記イメージの中で bootableなものは Complete版のみです。このため、オフラインでファームウェアのアップデートを行う場合には、Complete版が必要となります。
: ドキュメント等でのこの記載とは異なり、実際にはその他も bootableとなっています。

リリースサイクルとサポート期日について

 バージョン番号はリリース日を意味しています。2011.09.0は 2011年 9月版の 0番目のリリース ID製品となります。

 従来、Smart Update Firmware DVDと PSPのリリースサイクルは未定義としていましたが、SPPでは 1年に 3〜5回の頻度でリリースを行います。初回リリースは 2011.09.0ですが 2011.12.0として 2011年 12月のリリースを予定しています。

 サポート期間は 1年となります。2011.09.0版を適用したシステムに対しては、2012年 8月末迄がサポート対象となります(当該バージョンで回避できないクリティカルな問題は除く)。

本ソフトウェアに同梱される Smart Update Firmwareの詳細について

 本ソフトウェアが同梱する Smart Update Firmwareは v9.30です。但し、本 Service Pack for ProLiantにはクリティカルなファームウェアを同梱しておりますので、前述の `専用ページ`で提供しているドキュメントをご覧ください。

 Smart Updat Firmware v9.30単体リリースの詳細については、参考としてサイト内リンクSmart Update Firmware技術情報ページをご覧ください。

同梱されている DUDについて

 本ソフトウェアには、DUD形式のドライバイメージは提供されていません。別途ダウンロードサイトから入手する必要があります。将来のバージョンには添付される予定があります。

同梱されているファームウェアについて

 本ソフトウェアの Complete版、Red Hat版、SUSE版に同梱されているファームウェアの内容については、前述の専用ページ内のドキュメントをご覧ください。以前の Firmware Maintenance DVDにあった contents.htmlは提供されていません。将来のバージョンでは添付される予定があります。

SUMの起動ディレクトリについて

 ファームウェアのアップデート目的の場合には、/hp/swpackagesディレクトリ上から #./hpsumとしてSUMを起動します。

 PSPの適用目的の場合には、/hp/rpmsディレクトリ上から #./hpsumとして SUMを起動します。

SUM上での PSPパッケージ毎の設定について

 SUMが read-onlyなデバイス(CD/DVD、loopbackマウント)上で実行された場合には、RPMパッケージ毎の事前設定(例: SNMPの詳細設定等)は行えません。HDDもしくは USB-key上にコピーしてから利用する必要があります。

SUM上の仮想 DVDドライブ等から起動しての PSP導入について

 iLO2/3等の仮想 DVDドライブ等から SUMを起動するとパッケージのスキャンに時間が掛かります。
 これは複数の OS向けパッケージが同一ディレクトリに配置されている事に起因します。特に Complete版 SPPの場合には 30〜45分程度掛かる場合があります。

SUMでのパッケージ手動選択について

 本ソフトウェアが同梱する PSPは複数のディストリビューション向けパッケージが同一ディレクトリに配置されています。RHEL版 SPPの場合には /hp/rpms配下に RHEL5と 6向けのパッケージ、SLES版 SPPの場合には /hp/rpms配下に SLES10と 11向けパッケージ、Complete版 SPPの場合には /hp/rpms配下に RHEL5, 6、SLES10, 11向けパッケージがフラットに配置されています。

 しかし、SUMはディストリビューション毎に適切なパッケージを自動選択する事が完全には行えません。このため手動でのパッケージの取捨選択が必要となります。ディストリビューション毎に対応しているパッケージを確認するには サイト内リンクPSPの技術情報の `rpmパッケージ毎の同梱一覧`セクションを参照してください。例えば、Complete版 SPP内の PSPを利用する場合、SLES11上で SUMを起動しているにも関わらず RHEL6向けパッケージの一部がリストに表示されてしまいます。ディストリビューションに応じたパッケージ選択作業を省略するには、SPPで提供される PSPを利用するのではなく、tar.gz版でディストリビューション毎に提供されている PSPを利用する事で本作業自体の省略が可能です。なお、この制限は SUMのバンドルフィルターで範囲を限定しても回避できません

 機種毎に対応しているパッケージを確認するには、詳細は前述の専用ページ内のドキュメントをご覧ください。例えば、hpmouseパッケージは DL980 G7等ではサポートされていないのに本機上で実行した SUMではリストされてしまいます(この制限は tar.gz版の PSPでも同様のものとなります)。

本ソフトウェアが同梱する PSPの詳細について

 本ソフトウェアが同梱する PSPは v8.70です。詳細についてはサイト内リンクPSPの技術情報ページをご覧ください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項