Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

SmartStart v5.x版によるハードウェアセットアップ
RBSU, BIOSsetup系システム

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
07-FEB-02
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
SmartStart CD-ROM
 本ページでは、ハードウェアセットアップに RBSU(ROM-based setup utility)もしくは BIOSsetupを装備しているシステムのハードウェアセットアップ方法を説明いたします。
infomation  ご利用になる SmartStart CD-ROMのバージョンが v5.xの場合、本ページではなくサイト内リンクSmartStart v6.x版によるハードウェアセットアップをご覧ください。

ハードウェアセットアップついて

 ProLiantサーバには、ハードウェアセットアップツールである SmartStart CD-ROMが付属しています。本 CD-ROMからシステムを起動する事で統合化されたメニューに従うだけで簡単にセットアップが終了します。以下は ProLiant ML350G2での参考手順です。こちらの例と画面の説明を参照してセットアップを行ってください。
RBSU RBSU RBSU
1)電源投入直後の画面です。[F1]キーを押してシステムの起動を続行してください。 2)RBSU/BIOSsetup画面が起動します。Utility LanguageJapaneseを選択します。機種によっては日本語表示が行えない場合があります。この場合、英語表記のまま作業をすすめてください。 3)RBSU/BIOSsetup画面のメインメニューです。
RBSU RBSU RBSU
4)システムオプションOSの選択Linuxを選択します。 5)HBAを複数利用する場合、コントローラのブート順で HBAの優先順位(コントローラオーダ)を確認し、必要に応じて変更*してください 6)日付と時刻を設定します。
RBSU RBSU RBSU
7)設定作業が終了したら [ESC]キーを押し、[F10]で設定内容を保存します。 8)システムが再起動します。[F1]キーを押してシステムの起動を続行してください。 9)SmartStartが起動します。必要に応じてキーボードの種類を変更します。
RBSU RBSU RBSU
a)表示されている内容をよく読み、プログラム仕様許諾契約書に同意してください。 b)手動インストールを選択します。Linux環境の自動インストールレプリケートインストール利用できません c)Linux OSを選択します。
RBSU RBSU RBSU
d)SmartArrayコントローラを装備している場合 ACUが起動します。[次へ]を選択します。 e)RAIDレベルを選択します。画面に表示されている標準構成以外を利用する場合は、カスタム設定を選択してください。 f)[次へ]を選択します。
RBSU RBSU RBSU
g)[現在の設定の保存]を選択します。 h)ACUを終了します。 i)システムが再起動します。
RBSU RBSU RBSU
j)Compaq System Partitionが作成され、各種ツール類が HDD上にコピーされます。本パーティションは Linuxからは ID=0x12、minor number#3となります。 k)必要に応じて サポートソフトウェア FDを作成します。 l)CD-ROMドライブを取り出し [続行]を選択します。
RBSU    
m)一時ファイルの削除が始まります。
この作業が終了後、リブートが掛かります。
以上で作業は終了です。
*OSのインストール後にシステムが起動しない原因の多くが本設定のミスによるものです。

システムユーティリティについて

 既にハードウェアのセットアップが済んでいるシステムを SmartStart CD-ROMから起動すると、SmartStart CD-ROMが持つ各種ツールを個別起動する事ができます。
RBSU  既にハードウェアセットアップが済んでいるシステムの全ハードウェア構成情報を消去したい場合、System Eraseユーティリティを利用します。以降、〔ハードウェアセットアップついて〕の方法で再度初期セットアップを行ってください。
 
 サポートソフトウェア FDを作成する場合、サポートソフトウェアの作成を利用します。

[F10]での ツール類の起動に関して

 RBSU系ハードウェアの中には INSPECT等のツール類を [F10]キーの押し下げで HDDから起動できる機種があります。但し、LILO, Grub等のブートローダを MBRに導入すると、[F10]キーを押しても INSPECT等のツール類が起動せず、LILO, Grubのプロンプトに移行してしまいます。HDDからツール類が起動できる機種の一覧と、本現象の回避方法はサイト内リンクProLiantサーバの System Partitionについてをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項