Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

ディスケットビルダーの利用方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
28-FEB-00
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページは、システムパーティションを削除し、FDベースの SCU(システムコンフィギュレーションユーティリティ)を利用される場合に必要な FDを Windows環境から作成する方法を説明します。サーバの CD-ROMから SmartStart CD-ROMを起動して、メニューに従って作成する場合や、Liloの設定を行い、システムパーティションを HDDから起動する場合には必要ありません。システムパーティションについての詳細はサイト内リンクSmartStartによるハードウェアセットアップをご覧ください。



・エクスプローラ等から CD-ROM:\dskbldr\dskbldr.exeを起動します。

・表示される内容を読み、承諾します。

・"CD-ROMからインストール"を選択し、[次へ]を押します。

・作成する FDとして "Compaq System Configuration Utility..."を選択し、[次へ]を押します。

・"ソフトウェアディスケットをフロッピーに作成する"を選択し、[次へ]を押します。

・空の FDをドライブに挿入し、[OK]を押します。

・FDの作成が始まります。

・[終了]を押して、ディスケットビルダーを終了します。
  ・以上で作業は終了です。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項