support
 

Alphaシステム用

8GBを超える HDDを利用する際の注意

14-MAR-00

infomation  本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 
 
確認している現象
 Linux Alphaでは BSDタイプのディスクラベルを使います。この BSDディスクラベルが書かれていない 8GBを超える容量をもつ HDD、例えば 18.2GBの HDDに Linuxをインストールすると 8.4GBまでしか認識しないケースがあります。
 
   この問題は、qlogicisp(Qlogic isp1020等)を SCSIディスクドライバとして使用した場合に発生します。
この問題は、kernel 2.2.11にて修正されています。
  
 
 
正しいディスクラベル
   BSD disklabel command (m for help): s
 # /dev/sdb:
 type: SCSI
 disk: RZ2ED-LS (
 label:
 flags:
 bytes/sector: 512
 sectors/track: 254
 tracks/cylinder: 20
 sectors/cylinder: 5080
 cylinders: 7001
 rpm: 10045
 interleave: 1
 trackskew: 36
 cylinderskew: 44
 headswitch: 0 # milliseconds
 track-to-track seek: 0 # milliseconds
 drivedata: 0
 7 partitions:
#sizeoffsetfstype[fsize bsize  cpg]
 a:1574370 32130 ext2   # (Cyl. 7 - 317)
 b:1606500 1606500 swap   # (Cyl. 317 - 633)
 g:32354910 3123000 ext2   # (Cyl. 633 - 7002)
 
 
対処方法
 本ページでは、具体的に下記の HDDを利用して、各ディストリビューション毎の動作確認を行いました。
   DS-RZ1ED-VW(18.2GB 10K RPM Ultra SCSI HDD)
DS-RZ2ED-16(18.2GB 10K RPM Ultra2 HDD)

 
  Red Hat 6.0
 インストーラはディスクラベルを初期化し 8.4GB用のディスクラベルを間違って書き込んでしまいます。その結果 8.4GB(1023x255x63x512=8414461440)の容量として認識されてしまいます。対処方法として、#fdiskユーティリティの BSD disklabelサブコマンド e(edit drive data)で正しい値に書き換えてからインストールしてください。
 ディスクラベルの表示
 BSD disklabel command (m for help): s
 # /dev/sdb:
 type: ST506
 disk:
 label:
 flags:
 bytes/sector: 512
 sectors/track: 63
 tracks/cylinder: 255
 sectors/cylinder: 16065
 cylinders: 1023
 rpm: 3600
 interleave: 1
 trackskew: 0
 cylinderskew: 0
 headswitch: 0 # milliseconds
 track-to-track seek: 0 # milliseconds
 drivedata: 0
 0 partitions:
 
 ドライブデータの変更
 BSD disklabel command (m for help): e
 bytes/sector (512):
 sectors/track (63): 254
 tracks/cylinder (255): 20
 cylinders (1023): 7001
 sectors/cylinder (16065): 5080
 rpm (3600): 10045
 interleave (1):
 trackskew (0): 36
 cylinderskew (0): 44
 headswitch (0):
 track-to-track seek (0):
 
 BSDパーティションの作成
 BSD disklabel command (m for help): n
 Partition (a-h): a
 First cylinder (1-2214, default 1): 3
 Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-2214, default 2214): 100

 BSD disklabel command (m for help): n
 Partition (a-h): b
 First cylinder (1-2214, default 1): 101
 Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-2214, default 2214): 200
 
 BSD disklabel command (m for help): n
 Partition (a-h): g
 First cylinder (1-2214, default 1): 201
 Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-2214, default 2214):
 Using default value 2214
 
 BSD disklabel command (m for help): t
 Partition (a-g): a
 Hex code (type L to list codes): 8
 
 BSD disklabel command (m for help): t
 Partition (a-g): b
 Hex code (type L to list codes): 1
 
 BSD disklabel command (m for help): t
 Partition (a-g): g
 Hex code (type L to list codes): 8
 
 ディスクラベルの確認
 BSD disklabel command (m for help): s
 # /dev/sdb:
 type: SCSI
 disk:
 label:
 flags:
 bytes/sector: 512
 sectors/track: 254
 tracks/cylinder: 20
 sectors/cylinder: 5080
 cylinders: 7001
 rpm: 10045
 interleave: 1
 trackskew: 36
 cylinderskew: 44
 headswitch: 0 # milliseconds
 track-to-track seek: 0 # milliseconds
 drivedata: 0
 7 partitions:
#sizeoffsetfstype[fsize bsize  cpg]
 a:1574370 32130 ext2   # (Cyl. 7* - 317*)
 b:1606500 1606500 swap   # (Cyl. 317* - 633*)
 g:32354910 3123000 ext2   # (Cyl. 633* - 7002*)
 
Red Hat 6.1
 インストーラはディスクラベルを初期化し 18.2GB用のディスクラベルを書き込みます。 その結果 18.2GB(2213x255x63x512=18202544640)の容量を認識します。ただし sectors/tracktracks/cylindercylinderssectors/cylinderrpmtrackskewcylinderskewといったドライブデータの値が冒頭に記述した正しいディスクラベルと違っていますが、Linux OSとしての動作上の問題はありません。
 ディスクラベルの表示
 BSD disklabel command (m for help): s
 # /dev/sdb:
 type: SCSI
 disk:
 label:
 flags:
 bytes/sector: 512
 sectors/track: 63
 tracks/cylinder: 255
 sectors/cylinder: 16065
 cylinders: 2213
 rpm: 3600
 interleave: 1
 trackskew: 0
 cylinderskew: 0
 headswitch: 0 # milliseconds
 track-to-track seek: 0 # milliseconds
 drivedata: 0
 7 partitions:
#sizeoffsetfstype[fsize bsize  cpg]
 a:1574370 32130 ext2   # (Cyl. 3 - 100)
 b:1606500 1606500 swap   # (Cyl. 101 - 200)
 g:32354910 3123000 ext2   # (Cyl. 201 - 2214)
 
Laser5 6.0J Server Edition
 インストーラはディスクラベルを初期化した後、18.2GB(2213x255x63x512=18202544640)の容量として正常な容量を認識します。ディスクラベルは、Red Hat 6.1と同じものが書き込まれます。
 
Kondara MNU/Linux 1.0
 Red Hat 6.0と同じ結果で、8.4GBと間違って認識されてしまいます。Red Hat 6.0と同様の対処を行ってください。
 
Kondara MNU/Linux 1.1J(1/24版 snap shot)
 Red Hat6.1の場合と同じで、18.2GBの容量を正常に認識します。
Linux Top>/dev/nullaskattentionHP Top