support
 

Alphaシステム用

Kondara MNU/Linux 1.1Jインストールガイド

revised 08-AUG-01

infomation  本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 
 
インストール概要
 Alphaプロセッサ搭載マシンに Linuxをインストールする場合、あらかじめ BootフロッピーRamdiskフロッピーを用意しておきます。まず Bootフロッピーからブートし、続いて Ramdiskフロッピーを挿入しバイナリ CD-ROMからパッケージのインストールを行います。最後にハードディスクへブートイメージを書き込むことでインストール作業は終了します。
 
 
動作確認済み構成一覧
 本ガイドは下記の構成を利用したシステムを想定しています。システム構成インストールオプションが異なる場合には Kondara MNU/Linuxに添付のマニュアルもしくは Linux関連のドキュメント等を参照して、インストール中に適時必要な設定を行ってください。
 
Alphaシステム
 AlphaStation XP900
 AlphaStation XP1000
 AlphaServer DS10
 AlphaServer DS10L
 AlphaServer DS20
 AlphaServer DS20E
 AlphaServer ES40
videoコントローラ
 ELSA Gloria Synergy(8MB video RAM)
Ethernetコントローラ
 DE500-BA 10/100Mb(DECchip 21142/43)
 KZPCM-DA Dual Ultra SCSI Single-Ended(Symbios/NCR 53c875)
  + 10/100Mb Ethernet(DS21140) PCIコンボーカード
SCSIコントローラ
 KZPBA-CA(QLogic ISP1020)
 KZPCM-DA Dual Ultra SCSI Single-Ended(Symbios/NCR 53c875)
  + 10/100Mb Ethernet(DS21140) PCIコンボーカード
 3X-KZPCA-AA(Adaptec AIC-7895)
Linuxのバージョン
 kernel 2.2.14-5k4
 glibc 2.1.3-6k10
 XFree86 3.3.6-1k12
 
 
SRMコンソールのバージョン確認
 バージョンが 5.4以上であることを確認してください。SRMにて次のコマンドで確認できます。
>>>show version
 version  V5.4-x Mon DD YYYY HH:MM:SS
 
 
bootフロッピーと Ramdiskフロッピーの作成
 バイナリ CD-ROMの imagesディレクトリにある generic.imgと ramdisk.imgファイルから Bootフロッピーと Ramdiskフロッピーを作成します。Linuxシステム上では ddコマンド、MS-DOSシステムでは dosutilsディレクトリにある rawriteユーティリティで作成します。
Linuxシステムの場合
 #mount /mnt/cdrom
 #fdformat /dev/fd0H1440
 #dd if=/mnt/cdrom/images/generic.img of=/dev/fd0 bs=1440k
 #dd if=/mnt/cdrom/images/ramdisk.img of=/dev/fd0 bs=1440k
 #umount /mnt/cdrom

MS-DOSシステムの場合
 C:\>rawrite -f generic.img -d a -n
 C:\>rawrite -f ramdisk.img -d a -n
 
 
Bootフロッピーからのブート
 接続されているデバイスを確認します。
 >>>show device
dka0.0.0.6.1DKA0 RZ2DD-KS 0306
dqa0.0.0107.0 DQA0 TOSHIBACD-ROM XM-6302B 1017 
dva0.0.0.0.0DVA0 
ewa0.0.0.3.1EWA0 00-00-F8-71-5B-DD
pka0.7.0.6.1PKA0 SCSI Bus ID 7 5.57
 
 Bootフロッピーをセットしフロッピーからブートさせます。
>>>b dva0 -fi vmlinux.gz -fl "root=/dev/fd0 load_ramdisk=1"
 
 しばらくすると下記のメッセージが表示れますので Ramdiskフロッピーとバイナリ CD-ROMをドライブにセットします。
VFS: Insert root floppy disk to be loaded into RAM disk and press ENTER
 
 
パッケージのインストール
 GUIベースのインストール画面が表示されますので、指示に従ってインストール作業を進めます。
 
Choose a Language
 Japaneseを選択します。Apologyの画面になり GUIのインストール画面に切り替わるまでは英語の表示になるとのメッセージが表示されます。[Ok]ボタンを押します。
 
Keyboard Type
 適切なキーボード タイプを設定します。日本語 106キーボード使用時には jp106を指定します。
 
Installation Method
 インストールメディアを選択します。Local CDROMを選択してください。以降、日本語ベースの GUIインストーラが起動します。
 
マウスの設定
 適切なマウスタイプを設定します。3ボタンマウスの場合は 3 Button Mouse(PS/2)を選択します。2ボタンマウスの場合は 2 Button Mouse(PS/2)を選択し、Emurate 3 Buttonsも選択します。
 
インストールタイプ
 カスタムをチェックします。
 
Disk Druid
 適切なパーティション情報が存在している場合は [編集]ボタンで Mount Pointをセットします。そうでない場合は [追加]ボタンで /usrswapなどのファイルシステムを追加していきます。(<Ctrl>+<Alt>+<F2>で仮想端末を開き fdiskユーティリティ(# fdisk /tmp/sda)で BSDタイプのパーティションを作成する方法もあります。このとき第 3シリンダからパーティションを開始してください。理由は最初の 2つのシリンダをブートブロック用に確保しておくためです)
 
Mount PointDeviceRequestedActualType
 / sda1 376M 376M Linux Native 
 <スワップ> sda2 258M 258M Linux Swap
 /usr sda3 7373M 7373M Linux Native
 
フォーマットするパーティションの選択
 /dev/sda1//dev/sda3/usrをチェックします。フォーマット中に不良ブロックの検出を行いたい場合は フォーマット中に不良セクタを検出するをチェックします。
 
ネットワークの設定
 DHCPを使う場合は DHCP使用時の設定を選択します。静的に IPアドレスを割り当てる場合は ブート時に有効にするをチェックし IPアドレス, ネットマスク, ネットワーク, ブロードキャストを設定します。次いで ホストネーム, ゲートウェイを設定します。必要に応じ プライマリ DNS, セカンダリ DNS, 3番目の DNSを設定します。
 
タイムゾーンの選択
 タイムゾーンの選択を行います。場所タブで Asia/Tokyoを選択します。システムクロックに UTCを使用するは、選択する必要はありません。
 
アカウントの設定
 管理者である rootのパスワードを設定します。この画面で一般ユーザアカウントの作成、追加、編集、削除もできます。
 
認証の設定
 MD5パスワードを使用シャドウパスワードを使用をチェックします。必要に応じ NISを使用をチェックします。
 
パッケージグループの選択
 インストールするパッケージをチェックします。全てのパッケージをインストールする場合は Everythingをチェックしてください。
 
Xの設定
 Video RAMのサイズは 8192kをチェックします。モニターは使用しているものに合わせて適切なものを選択します。この例では DEC PCXBV-KA/KBを選択します。この設定をテストするをクリックすると、画面が切り替わります。このメッセージが見えますか?と表示される筈です。Xの設定をカスタマイズをチェックします。GUIによるグラフィカルログインを行いたい場合は GUIによるログインを使用をチェックします。
 
Xの設定をカスタマイズ
 画面のピクセル値、解像度の設定を行います。ここでは 16ビット色、1024x768を選択しておきます。この設定をテストするをクリックすると、画面が切り替わり このメッセージが見えますか?と表示される筈です。
 
インストールについて
 [次へ]ボタンを押すと、パッケージのインストールが始まります。正常に終了すると おめでとうございます画面が現れます。[閉じる]ボタンをクリックするとシステムがリブートしようとします。このとき SRMプロンプト(>>>)が表示されるまで <Ctrl>+<C>をタイプします。また、画面に何も表示されないときや SRMプロンプトが表示されない場合はリセットボタンを押すか電源を入れ直してください。Ramdiskフロッピーと CD-ROMを取り出します。
 
 
ハードディスクへのブートイメージの書き込み
 ハードディスクからブートさせるために先頭ブロックにブートイメージを書き込みます。Bootフロッピーをセットし下記のコマンドでフロッピーからブートします。
>>>b dva0 -fi vmlinux.gz -fl "root=/dev/sda1"
 
 システムが立ち上がったら rootでログインし次のコマンドでブートブロックを書き込みます。
#swriteboot /dev/sda /boot/bootlx
 
 ブートシーケンス簡易化のためカーネルをコピーしておきます。
#cd /boot
#cp -p vmlinux-2.2.14-5k4 vmlinux 
#shutdown -h now
 
 Bootフロッピーを取り出します。
 
 
ハードディスクからのブート
 ブートシーケンスを簡易にするため SRMパラメータを設定します。
>>>set boot_file boot/vmlinux
>>>set bootdef_dev dka0
>>>set boot_osflags root=/dev/sda1
 
 下記のコマンドでハードディスクからのブートを行います。
>>>boot
 
 
インストール後の確認
ログイン画面が現れ rootでログインできる事を確認してください。
 
ネットワークの確認は ifconfigpingコマンドで確認できます。
 
ドメイン名の設定は netcfgnetconfコマンドで設定できます。
Linux Top>/dev/nullaskattentionHP Top