Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Linux Intel版
SmartStart Scripting Toolkit

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
08-FEB-02
SmartStart CD-ROM
 ProLiantサーバに、システムツールOS一式を無人でインストールできます。
 
 大量のサーバ導入時のインストールコストが大幅に減らせます。

本ソフトウェアの紹介

 SmartStart Scripting Toolkitを使うことによって同じシステム構成のサーバーに対して構成情報を展開することが出来ます。
 
 従来の SmartStart CD-ROMを使って行っていた、ハードウェア構成情報の設定、ACUでの RAIDドライブ作成、システムパーティションのセットアップ…これらの設定情報を 1台のサーバから吸い上げ、スクリプト化することで、残りのサーバに同様の設定を自動で行わせることが可能になります。
RIB-LOEKickStart
 また、Red Hat Linux等に装備される KickStartツールと組み合わせることで、OSのインストールも同様に自動化することが出来ます。

 更に、サイト内リンクRIB-LOE(Remote Insight Board Lights-Out Edition)と併用することで、仮想フロッピー機能と、リモート電源管理機能により、これら全ての作業をリモートの管理コンソールから行うことが可能になります。
  • 「ラックに搭載するだけで稼動」の自動インストールにより、不足しがちな ITリソースを節減
  • 大規模サーバ迄をサポートするスケーラビリティにより、サーバ台数の増加に伴いサーバ当たりのコストが低下
  • 複数のサーバにわたるサーバ構成の一貫性の保持
  • 障害時の復旧作業の単純化と復旧作業時間の短縮

主な機能の紹介

  • サーバのハードウェアおよび SmartArray構成のスクリプトファイルを作成・コピー・編集
  • サーバ構成ファイルをスクリプト化し、OSの自動インストールツールと結合

技術情報について

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、サイト内リンクこちらをご参照ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項