Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

RSM(remote server management)ドライバ
(旧称 Remote Insight driver)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 03-APR-03
 本製品は、旧製品です。現行製品に関してはこちらをご覧ください。

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

本ソフトウェアの紹介

 ProLiantサーバのオプションである Remote Insight Board Lights-Out Edition(RIB-LOE), Remote Insight Board Lights-Out Edition II(RIB-LOE2)と内蔵 Lights-Out(iLO)用ドライバです。RIB-LOE/2, iLOは OS非依存ですが、本ドライバの利用により Insight Management Agentとの連携が可能になります。

 管理ツール類の名称・内容が変更されました。詳細についてはサイト内リンク管理ツールの製品名称・コンポーネント内容の変更についてをご覧ください。

Insight Management Agentとの連携

  • システム本体の NICに代わり SNMPtrapの送信が可能に
  • システム本体の NICに代わり Insight Managerからの監視・管理が可能に

Insight Managerから見た RIB-LOE

診断結果 SNMPtrap telnet
診断結果 SNMPtrap telnet

技術情報について

 RSMドライバは通常、ASMドライバや他エージェントと一緒に利用します。動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、サイト内リンクこちらInsight Management Agentインストールガイドをご参照ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項