Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

PSP(ProLiant Support Pack) - v8.40未満

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
10-JUN-2003, revised 16-APR-2010
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

本ソフトウェアの紹介

PSP  ProLiant Support Packは、ドライバ、エージェント、ツール等を簡単に導入・更新できる様にするためのソフトウェアパッケージです。
 

 ProLiant用の各種モジュールを ProLiant Support Pack(以降、PSP)として、一括した形式で提供していきます。現在提供しているのは下記のディストリビューション向けとなります。
  • Red Hat Enterprise Linux
  • SUSE Linux Enterprise Server
  • Debian
  • Ubuntu Server
  • Miracle/Asianux
  • CentOS
 この内、RHELと SLES向けの PSPには LDU(Linux Deployment Utility)インストーラが同梱されています。

 本ソフトウェアの提供形態は下記となります。詳細は後述の技術情報をご覧ください。
  • ダウンロードサイトからの PSPパッケージとしての提供
  • ProLiantサーバーへの SmartStart v8.40以降のメディア添付
  • SDR(Software Download Repository)サイトからの取得

インストーラについて - LDU(Red Hat/SLESのみ)

PSP  管理者は LDUを起動し実行するだけで、現在のモジュール状況を確認することが可能です。
 
 LDUは、GUIモード上だけではなく CUIモードでも利用可能ですので、telnet経由での実行も可能です。
PSPPSP

 導入形式も、対話モード、サイレントモード、スクリプトモードを用意していますので、複数サーバのモジュール管理が格段に容易になります。 PSP

PSP  各モジュールがサポートする kernelバージョンを LDU上で予め調べることが可能です。各モジュール毎の READMEをダウンロードしチェックする必要がありませんので、事前のシステム要件調査が格段に楽になります。 PSP

 システムに必要なモジュールを LDUに自動選択させることも、管理者が手動で選択することも可能です。  

PSP  インストール前にチェックを行わず、ログを残さない一般の汎用デプロイメントツールとは異なり、事前のチェックと結果のログ保存が行われますので、問題が発生した場合でもチェック・修正作業が容易になります。  

技術情報について

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、サイト内リンク技術情報ページをご参照ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項