Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Rapid Deploymentパック
Altiris eXpress Deployment Server

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 22-MAY-03
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

本ソフトウェアの紹介

Altiris Rapid Deploymentパックは、サーバ設置に掛かる工数を削減するソフトウェアです。サーバ設置時に必要となるハードウェア、RAID設定、OSやアプリケーションのインストール等が自動化を行う、ソフト・ハードウェア情報の収集と配布を行うツールです。
 
 1台のサーバが故障した場合でも、別のサーバにシステムイメージをリモートインストールすることで、サーバの復旧作業が自動で行われます。これらの自動化作業は ProLiant BLブレードサーバの様に、ハードウェア構成が同一で、更に台数が多ければ多いほど工数の削減のメリットを享受することが可能です。

 例えば 6台の WEBサーバシステムを導入するのに掛かっていた従来 9時間の作業が 40分に・・・100台の OSを更新するのに従来 100時間掛かっていた作業が 1時間に・・・と劇的な工数の削減が可能になります。

Altiris eXpress Deployment Serverとの違いについて

 Rapid Deploymentパックは Altiris社の eXpress Deployment Serverをベースにしています。Altirisでは自動検出できなかった ProLiant BL10eサーバのラック、エンクロージャ、ベイ等の物理位置検出機構を装備する等、ProLiantサーバとの親和性を高める機能拡張が行われています。

システム要件


サポートされるターゲットサーバ
 PXEブートが可能な ProLiantサーバ*
 
 別途下記のサービスを提供するサーバが必要になります。これらのサービスを提供するのは 1台のサーバ上で全て提供する構成、複数のサーバへ分散させる構成の何れも可能です。
 ネットワークブート用 PXEサーバ
 ネットワークブート用 DHCPサーバ
 Altiris用 データベースサーバ
 ディスクイメージ配布用 ファイルサーバ
 
 Altiris自体の動作には Windows 2000環境が必要となります。
*G2シリーズ以降は全て対応

機能説明

  • SmartStart Scripting Toolとの統合
     SmartStart Scripting Toolと連携し、従来 SmartStart CD-ROMを利用して 1台 1台設定していたハードウェア設定、RAID設定等を全て自動化できます。特にハードウェア構成が同じブレードサーバの場合には、本ツールのメリットは非常に大きなものとなります。

    スクリプト タスク プロパティ  また、スクリプト化のメリットとして、サーバ復旧時のハードウェア構成を確実に以前の状態へ戻すことが可能になります。

  • ディスクイメージ配布
     ディスクイメージは、HDD内データを複製したものです。この複製データをディスクイメージとしてリファレンスサーバに保存しておき、ターゲットとなるサーバへ配布されます。

     各サーバへディスクイメージを配布する際、複数のサーバに同時にディスクイメージ情報を送信しますので、台数が増加しても配布時間は変わりません。
    single cast multi cast
    single cast multi cast
  • PXEサポートによる完全リモートセットアップ
     PXE(Pre-boot eXecution Environment)のサポートにより、システムへの電源投入直後の初期起動はネットワークから行うことが可能です。FD, CD-ROM, HDDのいずれのメディアからのブートも不要になりますので、管理者がサーバ設置場所へ赴き、CD-ROMの入れ替え等を行う必要がありません。
    PXE
  • Rip and Replace
     本機能は ProLiant BLシリーズ用に最適化された機能の 1つで、ブレードサーバの物理スロット位置に対して予め決められた配備ルールによって、故障したサーバを正常なサーバに交換するだけで、自動的にディスクイメージを配布し、システムの運用を自動で再開させることが可能とする機能です。

v1.20で改善された機能 - Linux環境で利用する場合の注意点

  • Altirisから起動デバイスの順序を変更することはできません...
  • ⇒ 次回起動の 1回だけ PXEからの起動に設定するツールが v1.20で提供される様になりました。

  • ディスクイメージの取得はサポートしていません...
    ⇒ v1.20よりサポートされました。

  • ディスクイメージの編集はサポートしていません...

  • Linux OSが起動しシステムが既に運用状況になっている場合、Altirisからの管理は出来ません...
    ⇒ v1.20よりサポートされました。
イベント コンピュータの構成変更 スクリプト タクク プロパティ コンピュータへのファイル送信
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項