Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Linux/*BSD向け OS対応表
各ディストリビューションへの対応説明
ProLiant向け

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
16-SEP-2011, revised 15-MAY-2018
 本サイトでは、米国 HPEの WEBサイト上で提供している情報、ディストリビュータが提供している情報、コミュニティが提供している情報、日本ヒューレット・パッカードでの独自による動作確認等をまとめた形で情報提供しています。

 システムを構成するのに、ディストリビューション毎のデバイス対応状況を調べるのは大変だ・・・こんな声にお応えして、見やすい一覧形式にした`Linux/*BSD向け OS対応表`をご用意いたしました。
 各システム、ディストリビューション毎の仕様制限につきましては、それぞれのサイト内リンク製品情報サイト内リンク技術文書、ディストリビュータのホームページなどをご参照ください。

最新版ダウンロード


PDF最新版: PDF閲覧用
(15-MAY-2018)
・ProLiant XL270d Gen10新規追加
・Oracle Linux 6に DL360/380/560 Gen10、Synergy 480/660 Gen10追加
・Oracle Linux 7に DL560/580 Gen10追加
・Oracle VMに DL560 Gen9, DL560/580 Gen10追加
・SmartArray P408i-a SR Gen10に Miracle 6, 7、CentOS 6, 7、Oracle 7, Oracle VM,
  Ubuntu 16.04 LTS追加
・SmartArray P816i-a SR Gen10に CentOS 6, 7、Oracle 7, Oracle VM, Ubuntu 16.04
  LTS追加
・ProLiant Gen8未満と対応オプションを削除
・下記ディストリビューションを削除
・Miracle 5, CentOS 5, Debian 6, Fedora 18, 19, openSUSE 12.3
・RHEL5, SLES10, Ubuntu 12.04 LTS, 12.10, 13.04, 13.10
GIF最新版: PNG閲覧用(15-MAY-2018)

表紙 ご利用手順 ML DL BL and Synergy
表紙 ご利用手順 ML/Moonshot DL BL and Synergy
SL/XL SAS(SmartArray) SAS(SmartArray以外) FC HBA NIC
SL/XL SAS
(SmartArray)
SAS
(SmartArray以外)
FC HBA NIC(NC系, CN系)
1gb NIC 10gb NIC その他
1gb NIC 10gb NIC その他

サイト内リンク過去の構成による主な追加項目 & ダウンロード
 次セクションではこれらオリジナルの情報元への辿り方について説明致します。

HPEの正式サポート対象ディストリビューション

 下記のディストリビューションは、HPEが正式サポートするものです。SPP(Service Pack for ProLiant - 管理ツール、ドライバ、ファームウェア、インストーラ)、もしくは、MCP(Management Component Pack - 管理ツールのみ)が提供されます。
Red Hat Enterprise Linux(除: MRG)
RHEL 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックス(RHEL)が提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`サポートマトリックス(RHEL)`で確認してください。

 また、上記の情報をベースにしたインストールフローとして下記を用意しています。
Red Hat Enterprise Linux 4用インストールフロー
G5用 - サイト内リンクML100向けサイト内リンクDL100向けサイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G6用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
Red Hat Enterprise Linux 5用インストールフロー
G5用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G6用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G7用 - サイト内リンクDL300以上向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Red Hat Enterprise Linux 6用インストールフロー
G6用 - サイト内リンクML/DL300以上向け
G7用 - サイト内リンクDL300以上向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen9用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen10用 - サイト内リンクML/DL向け(RHEL)
Red Hat Enterprise Linux 7用インストールフロー
G7用 - サイト内リンクDL300以上向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen9用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen10用 - サイト内リンクML/DL向け(RHEL)

 なお、HPEは Red Hat Enterprise Linuxに同梱される全てのパッケージをサポートする訳ではありませんのでご注意ください。サポート対象となるパッケージについてはサイト外リンクソフトウェアサポート対象製品リストをご覧ください。
SUSE Linux Enterprise Server
SLES 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックス(SLES)が提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`サポートマトリックス(SLES)`で確認してください。

 また、上記の情報をベースにしたインストールフローとして下記を用意しています。
SUSE Linux Enterprise Server 10インストールフロー
G5用 - サイト内リンクML100向けサイト内リンクDL100向けサイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G6用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G7用 - サイト内リンクDL300以上向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
SUSE Linux Enterprise Server 11インストールフロー
G5用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G6用 - サイト内リンクML300以上向けサイト内リンクDL300以上向け
G7用 - サイト内リンクDL300以上向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen9用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen10用 - サイト内リンクML/DL向け(SLES)
SUSE Linux Enterprise Server 12インストールフロー
G7用 -           サイト内リンクDL向け
Gen8用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen9用 - サイト内リンクML向けサイト内リンクDL向け
Gen10用 - サイト内リンクML/DL向け(SLES)

 なお、HPEは SUSE Linux Enterprise Serverに同梱される全てのパッケージをサポートする訳ではありませんのでご注意ください。サポート対象となるパッケージについてはサイト外リンクソフトウェアサポート対象製品リストをご覧ください。

ディストリビュータと HPEでの協業等でのテスト実施対象ディストリビューション

 下記のディストリビューションの稼働テストは、ディストリビュータ、もしくは HPEが行っています。但し、OSの保守サポートは HPEではなく別途ディストリビュータに依頼する必要があります。また、MCP(Management Component Pack - 管理ツールのみ)が提供されるディストリビューションもあります。
Ubuntu Server LTS(long-term support)版
MCP対応ディストリ 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックス(Ubuntu Server)が提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。別途、対応状況がまとめられたサイト外リンクUbuntu on HPE Serverにも情報があります。昨今、x86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われているものが多数となっています。特に、x86(32bit)と x86_64(64bit)環境のどちらかでしか動作確認がなされていない場合がありますので注意が必要です。

 HPEは以前、Ubuntu Server LTSの正式サポートを行っていましたが、2017年 1月 31日で新規受付を終了しており、現在 Ubuntu Serverを HPEが直接サポートする事はありません。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i、Dynamic SmartArray B120iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。Dynamic SmartArray B140i用には 14.04と 14.04.1向けにのみドライバを提供しています。今後の Dynamic SmartArray系コントローラに対しては AHCIモードで Canonicalの HCT(hardware compatibility test)を受ける予定となっており、今後ドライバが提供されることはありません
ClearOS, ClearVM
 米国 HPEからサイト外リンクサポートリストが提供されています。ここには対応機種の情報のみが記載されています。

 ClearOS, ClearVMのサブスクリプションおよびサポートオプションは ClearCenterより購入可能です。詳細はサイト外リンクHPEの ClearOSソフトウェアから。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。特に一部の機種ではx86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われている場合があります。

 ClearOS, ClearVMに対しては、SPP, MCP等のツール類は提供されていません。
Red Hat Enterprise MRG
 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認はサイト外リンクRed Hat社サイトをご覧ください。

 Red Hat Enterprise MRGに対しては、SPP, MCP等のツール類は提供されていません。
Oracle Linux/Unbreakable Enterprise Kernel
MCP対応ディストリ 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックスが提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。特に一部の機種ではx86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われている場合があります。

 Oracle Linuxでの動作確認が取れていても、Unbreakable Enterprise Kernel(UEK)の動作確認も取れているとは限りません。対応状況については`サポートマトリックス`を参照してください。

 MCPが提供されています。但し全ての ProLiantとディストリビューションのバージョンに対して提供されているとは限りません。また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
Oracle VM
 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックスが提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。特に一部の機種ではx86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われている場合があります。

 Oracle VM(OVM)に対しては、SPP, MCP等のツール類は提供されていません。
Wind River Linux
 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックスが提供されています。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供しています。

コミュニティサポート対象ディストリビューション - HPEでのテスト実施

 下記のディストリビューションの稼働テストは HPEが行っています(全ての機種とは限りません)。但し、OSの保守サポートは HPEではなく別途ディストリビュータに依頼する必要があります。また、MCP(Management Component Pack - 管理ツールのみ)が提供されるディストリビューションもあります。
Ubuntu Desktop, Server(LTS版以外)
MCP対応ディストリ 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックス(Ubuntu Server)が 2012年 4月より提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。別途、対応状況がまとめられたサイト外リンクUbuntu on HPE Serverにも情報があります。昨今、x86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われているものが多数となっています。特に、x86(32bit)と x86_64(64bit)環境のどちらかでしか動作確認がなされていない場合がありますので注意が必要です。これ `以前` に、対応していた ProLiantについてはダウンロードサイトで MCPが提供されているか否かにより判断が可能です。HPEは Ubuntu Desktop, Server(LTS版以外)に対して有償保守サポートを提供している訳ではありません

 別途、対応状況がまとめられたサイト外リンクUbuntu on HPE Serverサイト外リンクUbuntu-readyもあります。昨今、x86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われているものが多数となっています。特に、x86(32bit)と x86_64(64bit)環境のどちらかでしか動作確認がなされていない場合がありますので注意が必要です。

 MCPが提供されています。但し全ての ProLiantとディストリビューションのバージョンに対して提供されているとは限りません。また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
CentOS
MCP対応ディストリ 米国 HPEからサイト外リンクサポートマトリックス(CentOS)が 2013年 12月より提供されています。ここには対応機種と制限情報が記載されています。HPEは CentOSに対して有償保守サポートを提供している訳ではありません

 MCPが提供されています。但し全ての ProLiantとディストリビューションのバージョンに対して提供されているとは限りません。また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i用 hpahcisrドライバ、Dynamic SmartArray B120i, B320i用 hpvsaドライバ、Dynamic SmartArray B120i, B320i用 hpvsaドライバ、Dynamic SmartArray B140i用 hpdsaドライバは、Red Hat Enterprise Linuxと同等バージョン用のものが CentOS上で動作する筈です。

コミュニティサポート対象ディストリビューション - HPEでのテスト実施

 下記のディストリビューションの稼働テストはコミュニティが行っています。OSの保守サポートは提供されていません。 また、MCP(Management Component Pack - 管理ツールのみ)が提供されるディストリビューションもあります。
Debian
 米国 HPEが動作確認情報をまとめた WEBページは提供されていませんが、対応している ProLiantについてはサイト外リンクダウンロードサイトで MCPが提供されているか否かにより判断が可能です。

 別途、対応状況がまとめられたサイト外リンクコミュニティサイトもあります。昨今、x86_64(64bit)環境でのみ動作確認が行われているものが多数となっています。特に、x86(32bit)と x86_64(64bit)環境のどちらかでしか動作確認がなされていない場合がありますので注意が必要です。

 また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
Fedora
 米国 HPEが動作確認情報をまとめた WEBページは提供されていませんが、対応している ProLiantについてはサイト外リンクダウンロードサイトで MCPが提供されているか否かにより判断が可能です。

 また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
openSUSE
 米国 HPEが動作確認情報をまとめた WEBページは提供されていませんが、対応している ProLiantについてはサイト外リンクダウンロードサイトで MCPが提供されているか否かにより判断が可能です。

 また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 機種毎の対応をまとめたものを`OS対応表(本ページ上部)`として提供していますが、最新の状況や詳細な制限事項の確認は前述の`ダウンロードサイト`で確認してください。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。

ディストリビュータによる動作確認対象ディストリビューション

 下記のディストリビューションの稼働テストはディストリビュータもしくは HPEとの共同で行っています。OSの保守はディストリビュータが行っています。
Miracle
MCP対応ディストリ 米国 HPEが動作確認情報をまとめた WEBページは提供されていませんが、対応している ProLiantについてはサイト外リンクダウンロードサイトで Miracle LINUXの別名称である Asianux向けとして MCPが提供されているか否かにより判断が可能です。

 また、MIRACLE社がテストを行った結果がこのリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。同社サイトで提供されています。

 MCPが提供されています。但し全ての ProLiantとディストリビューションのバージョンに対して提供されているとは限りません。また、MCPが提供されていない ProLiantであってもダウンロードサイトではファームウェアの対応リストが示されている場合もあります。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。

日本ヒューレット・パッカード独自の動作確認対象ディストリビューション

FreeBSD
 日本ヒューレット・パッカードで独自に簡易な動作確認を行った結果をサイト内リンク*BSDサイトで提供しています。

 本ディストリビューション(リリース)向けには MCPは提供されていません。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
OpenBSD
 日本ヒューレット・パッカードで独自に簡易な動作確認を行った結果をサイト内リンク*BSDサイトで提供しています。

 また、armorlogic社が独自に行ったServer compatibility listも参考になる筈です。

 本ディストリビューション(リリース)向けには MCPは提供されていません。

 SmartArray B110i, S100i SR Gen10、Dynamic SmartArray B120i, B140iおよび B320iを利用する場合には HPE提供のドライバがないため、これらのコントローラーを RAIDモードから non-RAIDモード(AHCI)に変更して利用する必要があります。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項