Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ハードウェア(ProLiant ML330/ML330e関連)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
インストールが遅いが?
   インストーラに旧式の Anacondaを利用しているシステムの場合、インストーラが Rage XLを誤認識するため CD-ROMから HDDへのファイルのコピーが遅くなります。Everythingパッケージのインストールを行った場合、通常に掛かる時間の 2倍強の 1時間程度の時間がかかります。TEXTモードでのインストールだと本来の速度でインストールが可能ですが、eepro100.oを標準利用するディストリビューションの場合、i82559の初期化に失敗し途中で停止することがありますのでお勧めしません。
 
 インストール終了後は CD-ROM, HDD共に通常の速度での運用が可能です。この現象が発生するのは、Red Hat 6.1J, 6.1J改訂版, 6.2J, 6.1E, 6.2Eと Kondara 1.0J, 1.1J, 2000J, 1.1J Serverです。
30-MAY-00
8GBしか見えないが?
   ProLiant ML330eの場合、インストーラによっては 8GBまでしか認識できません。これは SmartStart CD-ROMが作成する Compaq System Partition(0x12)が存在していると発生するインストーラの問題で、FAT(DOS)パーティションが同様の配置をされている場合にも発生します。回避方法等の詳細はサイト内リンクATAシステムでの 8GB以降領域の利用方法をご覧ください。
25-JUN-01
PIOモードで転送しているが?
   ProLiant ML330eの ATAコントローラを DMAモードで利用するには kernel 2.4.1以降が必要です。kernel 2.2.xxで DMAモードで利用するには、サイト内リンクPIOモードから DMAモードへの変更についてのスクリプトをご利用ください。
25-JUN-01
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項