Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ProLiant DL 100シリーズ汎用
Red Hat Enterprise Linux AS/ES/WS 4インストールフロー (x86/x86_64共通)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
06-APR-2005, revised 16-NOV-2010
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

対象となる ProLiantについて

attention  本書が示す対応 kernel(UpdateX/SPx)は、国内での一般販売モデルを対象としています。BTO/CTOモデルには、本書が想定していない CPU構成が採用されており、別の制限が課されている場合があります。それらの機種の詳細については、米国の サイト外リンクサポートマトリックス[英語]をご覧ください。
  • DL140 G2
  • DL145/ATA
  • DL145/SCSI
  • DL145 G2

本構成での汎用的注意点

  • Xeon CPU利用時で RHEL4/U1未満の x86_64環境利用時には DBSが悪影響を及ぼすため対処が必要になります。詳細はサイト内リンクCPUについての技術情報をご覧ください。
  • Opteron CPU利用時で RHEL4/U2未満の x86_64環境利用時には PowerNow!が悪影響を及ぼすため対処が必要になります。詳細はサイト内リンクCPUについての技術情報をご覧ください。
  • Intel/AMD製 dual-core CPUを利用する際、RHEL4/U1環境以降が HPがサポートする kernel環境となります。
  • SATA(ICH6/7R)コントローラを RAIDモードで利用するには、別途 DUD/adpahciドライバが必要になります。詳細はサイト内リンクATA/SATA-RAIDについての技術情報をご覧ください。

本構成での機種別の注意点

  • DL145G2に U1メディアを利用してインストールした場合、HDDがインストーラで自動認識されない場合があります。この問題はサイト外リンクfirmware v2.13で解決しています。
  • RHEL4の x86_64版を利用する場合、kernel 2.6.9-55.0.12以降にしないと MCEエラーやシステムのロックアップが発生する問題が発見されています。 この問題は CPUが 36bit以上の物理アドレス(64GB)をサポートする CPU環境(Xeon5100/G0以降, Xeon5200, Xeon5300/G0以降, Xeon5400, Opteron/0x10の一部)で必要な措置で、実際にメモリを大量に搭載していない場合であっても影響を受けます。詳細は Red Hat Knowledgebaseサイト外リンク11695サイト外リンク11696サイト外リンク11697をご覧ください。

ハードウェアのセットアップ

 ハードウェアのセットアップ方法については、ハードウェアセットアップについての技術情報と添付のユーザーズガイド等をご覧ください。構成するハードウェアによっては技術的な制限が発生する場合があります。サイト内リンク製品情報サイト内リンク技術情報サイト内リンクFAQを参照してください。

インストール手順について

  • インストーラ起動時のオプション
    • モニタの自動認識が正常に行われず、画面が乱れる場合 'skipddc'をインストーラ起動時のパラメータとして引き渡すか 'text'を引き渡してテキストモードでインストールを開始してください。

  • インストールの種類
    • インストーラのデフォルト設定ではなく、導入するパッケージが選択可能な 'カスタム'の利用をお薦めします。

  • ディスクパーティション設定
    • インストーラのデフォルト設定は、'自動的にパーティション設定を行う'ですが、稼動させるシステム環境にカスタマイズするためにも 'Disk Druidを使用して手動でパーティションを設定'される事をお薦めします。

  • ブートローダの設定
    • 'ブートローダ'のインストールする場所は、デフォルト設定の `マスターブートレコード(MBR)`のままで結構です。ストレージコントローラが複数ある場合、'高度なブートローダーオプションの設定'で'ブートローダーをインストールする場所'が正しいかどうか必ず確認してください。

  • ネットワークの設定
    • インストール時に Ethernetコントローラが自動認識されない構成の場合、設定はインストール終了後に行います。 Ethernetコントローラの自動認識状況に関してはEthernetについての技術情報をご覧ください。

  • パッケージグループの選択
    • デフォルトでは選択されていませんが、`カーネル開発`環境を導入される事を推奨します。本パッケージは、 Ethernetドライバのビルド時等に必須となります。

  • グラフィカルインターフェース(X)の設定
    • ビデオコントローラは自動認識されます。

  • モニタの設定
    • KVMスイッチャー等を利用している場合、モニタが自動認識されない事があります。 その場合は手動で周波数の設定を行うか VESAモニタ等の周波数特性が同じものを選択してください。

インストール後の設定

  • kernel parameterの指定が必要な場合、/boot/grub/grub.confに追記してください。
  • インストール時に自動認識できなかった Ethernetコントローラを利用するには、最新の Ethernetドライバのソースからビルドしてください。詳細はサイト内リンクEthernetについての技術情報をご覧ください。

インストール後の確認

  • X Window Systemsが正常に起動しない場合、`#system-config-display`を起動して設定します。
  • `#ping`コマンドでネットワークが正常に動作しているか確認します。正常に動作していない場合、`#system-config-network`を起動して設定します。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項