Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

StorageWorks RDXリムーバブルディスク
RDX160, RDX320, RDX500, RDX750

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
29-JUL-2009, revised 23-MAY-2013
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
Linux-ready

動作確認済みハードウェア

 サポートされるサーバの詳細を調べるには、こちらのサイト内リンクProLiantサーバ・オプション システム構成図をご覧ください。 RDXリムーバブルディスク

利用可能なディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux 4
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
  SUSE Linux Enterprise Server 9
  SUSE Linux Enterprise Server 10
  SUSE Linux Enterprise Server 11
  その他のディストリビューション

 HPがサポートを行うのは上記のディストリビューションだけとなります。但し、本機の仕様上、上記のディストリビューション以外でも幅広く動作が可能であると思われます。

本機の特徴について

 本機は、汎用的な USBの mass storage classデバイスとなります。但し、通常の USB接続形態 HDDと異なる点として、RDXドックが常に /dev/sda等のデバイスファイルとして常時配置されます。このため、RDXメディアを抜き差ししても常に同じデバイスファイルとしてアクセスが可能です。ちなみに、メディア交換時に都度 kernelが RDXの容量をチェックします。

 本機での動作確認が行われているソフトウェアは HP Data Protector、Symantec Backup Exec Yosemite Server Backupです。詳細は サイト外リンクStorage SPOCKサイトの `Go Connect Tape and RDX information`をご覧ください。

 本機に添付されている `RDX Continuous Data Protection Software`は Windows専用です。Linuxでは /dev/sda等として通常の HDDとして利用可能ですので、tar, cpio, dd等で利用可能です。但し、全てのディストリビューションで tar, cpio, ddの動作確認をしている訳ではありません(2013-JAN現在、RHEL5と SLES10のみ)。詳細は サイト外リンクStorage SPOCKサイトの `Go Connect Tape and RDX information`をご覧ください。

 本機用 RDXメディアは工場出荷時には NTFSでフォーマットされています。必要に応じて、利用される形式へ変換してご利用ください。本機をサポートする社外バックアップソフトウェアを利用される場合には、その製品仕様に応じたフォーマットをご利用ください。

デバイスの利用例

#fdisk /dev/sda
 d(elete) で既存の NTFSパーティションを削除
 n(ew), p(rimary partition)で `Linux(#83)`領域確保
#mke2fs -j -T largefile4 /dev/sda1
#mount /dev/sda1 /test
#df
 /dev/sda1  488329012  106560  463803656  1%  /test
#eject /dev/sda (物理的にメディアがイジェクトされます)

注: largefile4は 4MB毎に inodeを確保します。都度、システムに適したものに変更してください。

ログへの出力例 - RHEL4.8にて

  === ドック接続時 ===============================================================
 kernel: usb 6-8: new high speed USB device using address 3
 kernel: scsi3 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
 kernel:   Vendor: HP        Model: RDX               Rev: 2035
 kernel:   Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
 udevd[1195]: udev done!
 kernel: Attached scsi removable disk sda at scsi3, channel 0, id 0, lun 0
 scsi.agent[4287]: disk at /devices/pci0000:00/0000:00:1d.7/usb6/6-8/6-
 8:1.0/host3/target3:0:0/3:0:0:0
 udevd[1195]: udev done!
   
  === メディア装着時 =============================================================
 udevd[1195]: udev done!
 kernel: sda: Spinning up disk......ready
 kernel: SCSI device sda: 976764976 512-byte hdwr sectors (500104 MB)
 kernel: sda: Write Protect is off
 kernel: sda: assuming drive cache: write through
 kernel: SCSI device sda: 976764976 512-byte hdwr sectors (500104 MB)
 kernel: sda: Write Protect is off
 kernel: sda: assuming drive cache: write through
 kernel:  sda: sda1
 udevd[1195]: udev done!
 fstab-sync[4377]: added mount point /media/usbdisk for /dev/sda1
   
  === mount発行時 ===============================================================
 kernel: kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
 kernel: EXT3 FS on sda1, internal journal
 kernel: EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
   
  === eject発行時 ================================================================
 kernel: sda: Spinning up disk.....<6>sda: detected capacity change from 500103667712 to 0
 udevd[1195]: udev done!
 fstab-sync[4398]: removed mount point /media/usbdisk for /dev/sda1

本機の更なる詳細について

info 製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡