Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

シングルチャネル PCI-Express SASコントローラ、SC40Ge

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
08-APR-09
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

動作確認済みハードウェア

Linux-ready 本機をサポートしているインテルサーバ全般

対応するドライババージョン

PCI-EXPRESS 本機用ドライバは PCI-Expressに対応しています。
 

インストーラにて自動認識可能なディストリビューション

x86, x86_64版共通
× Red Hat Enterprise Linux 4/U3未満 *NT
Red Hat Enterprise Linux 4/U3〜U5 *NS
Red Hat Enterprise Linux 4/U6以降
Red Hat Enterprise Linux 5/U0 *NS
Red Hat Enterprise Linux 5/U1以降
× SUSE Linux Enterprise Server 9/SP0〜SP2 *NT
SUSE Linux Enterprise Server 9/SP3以降
SUSE Linux Enterprise Server 10/SP0 *NS
SUSE Linux Enterprise Server 10/SP1以降
*NT  インストールの初期 GUI画面にたどり着けず(最新 DUDで回避可能と思われるが未テスト)
*NS  自動認識可能だが、本機搭載の DL160/165G5のサポート対象外

lspci -vによるデバイス認識 - SLES9/SP3(x86)

0000:0a:00.0

SCSI storage controller: LSI Logic / Symbios Logic SAS1064E PCI-Express Fusion-MPT SAS (rev 08)
Subsystem: Hewlett-Packard Company: Unknown device 322b
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 17
I/O ports at c000 [size=256]
Memory at fdefc000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16K]
Memory at fdee0000 (64-bit, non-prefetchable) [size=64K]
Expansion ROM at fdc00000 [disabled] [size=2M]
Capabilities: [50] Power Management version 2
Capabilities: [68] #10 [0001]
Capabilities: [98] Message Signalled Interrupts: 64bit+ Queue=0/0 Enable-
Capabilities: [b0] #11 [0000]

/etc/modules.conf等によるデバイス追加例

alias scsi_hostadapter mptbase
alias scsi_hostadapter1 mptscsih (v2.xx系は mptscsiも必要な場合あり)
alias scsi_hostadapter2 mptsas

注) ディストリビューション、ドライバーバージョンによってドライバ名や付随ロードドライバ等が変わります

/procによるデバイスの情報 - SLES9/SP3(x86)

#cat /proc/scsi/mptsas/TEXT2
#cat /proc/mpt/ioc0/TEXTsummary
#cat /proc/mpt/ioc0/TEXTinfo

RAID機能ついて

 本機の RAIDはパリティ生成等の処理を ProLiant本体の CPUを利用するソフトウェア処理を必要とします。

 SPAREドライブは1つのみサポートされ、複数の論理ボリューム間で共有されます。

RAID利用時の障害ログについて

 mptlinuxドライバを利用した driver-SW RAID-1構成時の障害情報は、システム構成によっては障害・復旧メッセージを記録する事が可能です。HPは下記のディストリビューションとドライバの限定された組み合わせでのみ確認しました。障害監視に IMAを使わず、ログの監視だけで行う場合には、必ず実運用に入る前に実際のシステムを使って、メッセージが記録されるか予め確認してください。

 下記のログ採取は DL160G5に 250GB SATA HDD x2(RAID-1)、SLES9/SP3(x86)の構成で行いました。
HDD障害発生…
 kernel: mptbase: ioc0: LogInfo(0x31110d00): Originator={PL}, Code={Reset}, SubCode(0x0d00)
 kernel: mptbase: ioc0: LogInfo(0x31170000): Originator={PL}, Code=(0x17), SubCode(0x0000)
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
 kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now missing
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
 kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now missing, out of sync
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 1
 kernel: mptbase: ioc0:   volume is now degraded, enabled

HDD交換…
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
 kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now online, out of sync
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 1
 kernel: mptbase: ioc0:   volume is now degraded, enabled, resync in progress

リビルド完了(2時間 59分 27後秒)
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
 kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now online
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 1
 kernel: mptbase: ioc0:   volume is now optimal, enabled, resync in progress
 kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 1
 kernel: mptbase: ioc0:   volume is now optimal, enabled

本機の機能と特徴

SASアダプタ、PCI-E
型番 なし(DL160G5, DL165G5標準装備品)
形式 PCI-Express x8lane
コントローラ LSI Logic SAS1064E
伝送方式 SAS
シングルチャネル PCI-Express SASコントローラ、SC44Ge
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項