Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

8ポート SAS/SATAコントローラ

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
11-JAN-06, revised 18-APR-07
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

動作確認済みハードウェア

Linux-ready 本機をサポートしているインテルサーバ全般

対応するドライババージョン

PCI-X  本機用ドライバは PCI-Xに対応しており、mptbase.o/.komptscsih.o/.koを組み合わせた v2.06以降(kernel 2.4系), v3.02(kernel 2.6系)で動作します。

SAS TAPEのサポートについて

SAS   本機は SAS TAPEをサポートしています。詳細はサイト外リンクこちらのページをご覧ください。firmwareは v(0)6.08.05.00以降が必要です。ドライバは kernel 2.4/v2.06.44.02-1以降、kernel 2.6/v3.02.77-1以降が必要です。

  デバイスの認識方法等に関しては、本ページ内の 'SAS TAPEの認識方法'をご覧ください。

対応するディストリビューションについて

x86 x86_64
× Miracle LINUX V3.0   × Miracle LINUX V3.0
× Miracle LINUX V4.0   × Miracle LINUX V4.0
× Red Hat Enterprise 3/U0〜U2   × Red Hat Enterprise 3/U0〜U2
Red Hat Enterprise 3/U3*D1   Red Hat Enterprise 3/U3*D1
Red Hat Enterprise 3/2.4.21-20.0.1*R1   Red Hat Enterprise 3/2.4.21-20.0.1*R1
Red Hat Enterprise 3/U4*D1   Red Hat Enterprise 3/U4*D1
× Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.1   × Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.1
× Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.2   × Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.2
Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.4*R1   Red Hat Enterprise 3/2.4.21-27.0.4*R1
Red Hat Enterprise 3/U5*D1   Red Hat Enterprise 3/U5*D1
Red Hat Enterprise 3/2.4.21-32.0.1*R1   Red Hat Enterprise 3/2.4.21-32.0.1*R1
Red Hat Enterprise 3/U6以降   Red Hat Enterprise 3/U6以降
Red Hat Enterprise 4*D1   Red Hat Enterprise 4*D1
Red Hat Enterprise 4/2.6.9-5.0.3*R1   Red Hat Enterprise 4/2.6.9-5.0.3*R1
× Red Hat Enterprise 4/2.6.9-5.0.5   × Red Hat Enterprise 4/2.6.9-5.0.5
Red Hat Enterprise 4/U1*D1   Red Hat Enterprise 4/U1*D1
Red Hat Enterprise 4/U2以降   Red Hat Enterprise 4/U2以降
Red Hat Enterprise 5   Red Hat Enterprise 5
× SUSE Enterprise 8/SP0〜SP3   × SUSE Enterprise 8/SP0〜SP3
SUSE Enterprise 8/SP4*D1   SUSE Enterprise 8/SP4*D1
SUSE Enterprise 8/2.4.21-292*R1   SUSE Enterprise 8/2.4.21-292*R1
× SUSE Enterprise 8/2.4.21-295〜304   × SUSE Enterprise 8/2.4.21-295〜304
× SUSE Enterprise 9   × SUSE Enterprise 9
SUSE Enterprise 9/SP1*D1   SUSE Enterprise 9/SP1*D1
SUSE Enterprise 9/2.6.5-7.145/.147/.151/.155.29*R1   SUSE Enterprise 9/2.6.5-7.145/.147*R1
  × SUSE Enterprise 9/2.6.5-7.151
  SUSE Enterprise 9/2.6.5-7.155.29*R1
SUSE Enterprise 9/SP2以降   SUSE Enterprise 9/SP2以降
SUSE Enterprise 10   SUSE Enterprise 10
× Turbolinux 10 Server   × Turbolinux 10 Server x64

利用されるデバイス名について

 デバイスファイルは通常の SCSIデバイスである /dev/sdXとなります。

本機特有の制限について

 本機では、高負荷の I/Oが掛かった場合にパフォーマンスの低下がみられます。この問題は、特に hpasmによる障害監視を行っている場合に見受けられます。この問題は firmware v06.06.08.00で解決しています。

Linuxインストール後の /etc/conf.modules等によるデバイス設定例

alias scsi_hostadapter mptbase
alias scsi_hostadapter1 mptscsih
8ポート SAS/SATAコントローラ
注) ディストリビューション、ドライバーバージョンによってドライバ名や付随ロードドライバ等が変わります

/procによるデバイスの情報

#cat /proc/scsi/TEXTscsi
#cat /proc/scsi/TEXTmptsas (Red Hat系は 'mptscsih')
#cat /proc/mpt/summary
#cat /proc/mpt/TEXTversion (mptsasと同じ内容)
#cat /proc/mpt/ioc0/summary (前述の summaryと同じ内容)
#cat /proc/mpt/ioc/TEXTinfo

#lspci -v  ⇒ TEXTlog

RAID機能ついて

 本機の RAIDはパリティ生成等の処理を ProLiant本体の CPUを利用するソフトウェア処理を必要とします。

 サポートする RAIDレベルは 1と0のみで、1+0はサポートされません。

 論理ボリュームは最大2つまでサポートされます。

 SPAREドライブは1つのみサポートされ、複数の論理ボリューム間で共有されます。

RAID利用時の障害ログについて

 mptlinuxドライバを利用した driver-SW RAID-1構成時の障害情報は、システム構成によっては障害・復旧メッセージを記録する事が可能です。HPは下記のディストリビューションとドライバの限定された組み合わせでのみ確認しました。障害監視に IMAを使わず、ログの監視だけで行う場合には、必ず実運用に入る前に実際のシステムを使って、メッセージが記録されるか予め確認してください。
× - RHEL3/U8(x86) - ディストリ標準 mptlinux v2.06.16.02
- RHEL3/U8(x86) - PSP770同梱 mptlinux v2.06.44.02-3
- RHEL4/U4(x86) - ディストリ標準 mptlinux v3.02.62.01rh
- SLES10(x86) - ディストリ標準 mptlinux v3.03.10

下記のログ採取は、ML310G3に 250GB SATA HDD x2(RAID-1)の構成で行いました。
 HDD障害発生…
  kernel: mptbase: ioc0: LogInfo(0x31110d00): Originator={PL}, Code={Reset},
  SubCode(0x0d00)  
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
  kernel: mptbase: ioc0: PhysDisk is now missing
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
  kernel: mptbase: ioc0: PhysDisk is now missing, out of sync
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 3
  kernel: mptbase: ioc0: volume is now degraded, enabled

 HDD復旧、RAID-1同期開始…
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
  kernel: mptbase: ioc0: PhysDisk is now online, out of sync
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 3
  kernel: mptbase: ioc0: volume is now degraded, enabled, resync in progress

 RAID-1同期完了(RHEL4=02:33:16経過、SLES10=02:33:18経過、RHEL3=02:31:27)…
  kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 3
  kernel: mptbase: ioc0: volume is now optimal, enabled

SAS TAPEの認識方法

 mptlinuxドライバのロード時に下記の様に認識されます(RHEL3/Ultrium 448 SASの場合)。
#cat /proc/scsi/scsi
 Host: scsi2 Channel: 00 Id: 16 Lun: 00
  Vendor: HP  Model: Ultirum 2-SCSI  Rev: T23D
  Type: Sequential-Access        ANSI SCSI revision: 05
 デバイスがうまく認識されない場合は、下記でスキャンするか、mptscsihをリロードしてください。
#echo "scsi add-single-device 2 0 16" >/proc/scsi/scsi
 #dmesg上では下記のメッセージが記録されます。
kernel: mptscsih: ioc0: mpt_IssueTLR do_cmd=c2 id=16

障害監視について

 RAID-1利用時に発生した障害情報を IMAで取得するには IMA v7.50以降が必要です。

本機の機能と特徴

8ポート SAS/SATAコントローラ
型番 347786-B21
形式 64bit/133MHz PCI-Xカード
コントローラ LSI Logic SAS1068 x1
LSI SAS3080X相当
コネクタ

SASワイド4ポート ×2基(共にインターナル)

RAID

ソフトウェアRAID
RAID-0, 1, SPARE対応

最大LUN

1LUN当たり最大 2TB超対応

製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項