Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

PCIe IOアクセラレータ/IOアクセラレータ G2

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
03-AUG-2010, revised 18-FEB-2014
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト外リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

動作確認済みハードウェア

 本機をサポートしているサーバー

 詳細は、ProLiantサーバーのサイト外リンクシステム構成図をご覧ください。
Linux-ready

対応するディストリビューションについて

x86, x86_64共通
Red Hat Enterprise Linux 4(x86_64のみ)
Red Hat Enterprise Linux 5(x86_64のみ)
Red Hat Enterprise Linux 6(x86_64のみ)
SUSE Linux Enterprise Server 10(x86_64のみ)
SUSE Linux Enterprise Server 11(x86_64のみ)
Oracle Linux 5(x86_64のみ)
Oracle Linux 6(x86_64のみ)
CentOS 5(x86_64のみ)
CentOS 6(x86_64のみ)
HP PCIe IOアクセラレータ
 但し、全ての kernelバージョンと kernel flavorに対応する訳ではありません。詳細は次セクションをご覧ください。

ドライバ毎の対応 kernelについて

 v1.x台のドライバは kernel毎に pre-builtしてあるモジュールを利用します。一部の errata kernelや kernel flavorに対応していない場合がありますので注意が必要です。

 v2.x台のドライバは、kernel毎に pre-builtしたモジュールは利用しません。対応する kernelの詳細についてはダウンロードサイトをご覧ください。

 v3.x台のドライバでは、kernel毎に pre-builtしたモジュールと、kernel環境にあわせモジュールを buildするソースの両方が提供されていますが、ソースからの buildを推奨します。対応する kernelの詳細についてはダウンロードサイトをご覧ください。

必要となるメモリ容量について

 ドライバに必要なメモリの空き容量は、ドライブへの書き込み時に使用されるブロックサイズによって異なります。 IOアクセラレータ G2 で100GB当たりで必要なメモリ容量は280MBから3,970MB迄の間となります。詳細は`本機の機能と特徴`に記載されている製品詳細ページをご覧ください。

利用できる容量について

 #fio-format時に `-s`オプションでデータ領域の割合と書き込み速度をあげるためのメタデータ領域の指定が可能です。メタデータの容量を 50%に指定した場合、現時点で書き込み速度性能を最大限に引き出す事ができますが、データ領域として利用できる容量は半分になってしまいます。

デバイス監視について

 Insight Management Agentとの連携はできません。

 v1.2.8.4bより GUIベースの管理ツールが提供されています。ファームウェアのアップデート、Lowレベルフォーマット、デバイスのアタッチとデタッチが可能です。起動は #hp_io_accelerator_management_toolで可能です。

 iodrive-snmpパッケージが添付されています。

 #fio-statusにて Media statusの状態が確認可能です。
hp_io_accelerator_management_tool

lspci -vと -nでの表示について - Duo320にて

#lspci -v
 09:00.0 Mass storage controller: Fusion-io ioDIMM3 320GB (rev 01)
  Subsystem: Hewlett-Packard Company Unknown device 324e
  Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 185
  Memory at fbcf0000 (32-bit, non-prefetchable) [size=64K]
  Expansion ROM at fbb00000 [disabled] [size=1M]
  Capabilities: [40] Power Management version 3
  Capabilities: [48] Message Signalled Interrupts: 64bit+ Queue=0/0 Enable-
  Capabilities: [60] Express Endpoint IRQ 0

 0a:00.0 Mass storage controller: Fusion-io ioDIMM3 320GB (rev 01)
  Subsystem: Hewlett-Packard Company Unknown device 324e
  Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 177
  Memory at fbef0000 (32-bit, non-prefetchable) [size=64K]
  Expansion ROM at fbd00000 [disabled] [size=1M]
  Capabilities: [40] Power Management version 3
  Capabilities: [48] Message Signalled Interrupts: 64bit+ Queue=0/0 Enable-
  Capabilities: [60] Express Endpoint IRQ 0

#lspci -n
 09:00.0 0180: 1aed:1005 (rev 01)
 0a:00.0 0180: 1aed:1005 (rev 01)

デバイスからのシステム起動について

 本機からシステムを起動する事はできません。データ領域専用となります。

Duoについて

 Duoは、一枚の PCI-Expressカード同上に 2ヶのデバイスが搭載されています。これらデバイスは Linuxに装備されている mdadmを利用して RAID-0, RAID-1として利用する事が可能です。

利用までの流れとデバイス状況の確認方法について - Duo320にて

#time fio-format /dev/fct0
 WARNING:formatting will destroy any existing data on the device!
 Do you wish to continue [y/n]?
 data channel: geometry: 8192x256x94528 (25 pads, 1 planes, 4 banks)
 Creating a device of size 149.86GiB (160.92GB)
 Formatting: [================] (100%)
 Format successful.
  
 real 0m17.577s
   
#fio-attach /dev/fct0
 Attaching: [================] (100%)
 fioa
   
#fdisk /dev/fioa
 Disk /dev/fioa: 160.9 GB, 160915030016 bytes
 255 heads, 63 sectors/track, 19563 cylinders
 Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
 `n` (新規領域作成)
 `p` (基本領域)
 `1` (領域番号)
 `1` (最初のシリンダ)
 `19563` (最終シリンダ)
 `w` (書込み)
   
#time mke2fs -j /dev/fioa1
 real 0m11.515s
   
#mount /dev/fioa1 /test1
   
#df -h
 /dev/fioa1  148G  188M  140G  1%  /test1
   
#fio-pci-check
 Root Bridge PCIe 6250 MB/sec needed max
   
   Bridge 00:03.00 (07-0b)
     Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec
   
      Bridge 07:00.00 (08-0b)
        Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec
       * Correctable Error(s): Detected
       * Unsupported Type(s): Detected
        Clearing Errors
        Slot Power limit: 25.0W (25000mw)
   
         Bridge 08:05.00 (0a-0a)
           Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec
          * Correctable Error(s): Detected
          * Unsupported Type(s): Detected
           Clearing Errors
   
            ioDrive 0a:00.0 Firmware 42014
              Slot Power limit: 25.0W (25000mw)
   
         Bridge 08:06.00 (09-09)
           Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec
          * Correctable Error(s): Detected
          * Unsupported Type(s): Detected
           Clearing Errors
   
            ioDrive 09:00.0 Firmware 42014
              Slot Power limit: 25.0W (25000mw)
   
#fio-status
 Found 2 ioDrives in this system with 1 ioDrive Duo
 Fusion-io driver version: 1.2.7.2
   
 Adapter: ioDrive Duo
    HP 320GB SLC PCIe ioDrive Duo for ProLiant Servers,
        Product Number:600281-B21 SN:33618
    PCIE Power limit threshold: 24.75W
    Connected ioDimm modules:
     fct0: HP 320GB SLC PCIe ioDrive Duo for ProLiant Servers,
          Product Number:600281-B21 SN:70064
     fct1: HP 320GB SLC PCIe ioDrive Duo for ProLiant Servers,
          Product Number:600281-B21 SN:70113
   
 fct0 Not attached
    HP 320GB SLC PCIe ioDrive Duo for ProLiant Servers,
        Product Number:600281-B21 SN:70064
    Located in 0 Upper slot of ioDrive Duo SN:33618
    Firmware v42014
    198 GBytes physical device size
    Internal temperature: avg 64.0 degC, max 65.0 degC
    Media status: Healthy; Reserves: 100.00%, warn at 10%
   
 fct1 Attached as 'fiob' (block device)
    HP 320GB SLC PCIe ioDrive Duo for ProLiant Servers,
        Product Number:600281-B21 SN:70113
    Located in 1 Lower slot of ioDrive Duo SN:33618
    Firmware v42014
    160.92 GBytes block device size, 198 GBytes physical device size
    Internal temperature: avg 55.1 degC, max 56.1 degC
    Media status: Healthy; Reserves: 100.00%, warn at 10%

本機の機能と特徴

info 製品に関する詳細はサイト外リンクこちら(/IOアクセラレータ)サイト外リンクこちら(/IOアクセラレータ G2)をご覧ください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項