Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

1ポート 100BASE-TX LANアダプタ(P3492A)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
26-MAR-03
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

動作確認済みハードウェア

 本機をサポートしている HP Integrity サーバ
Linux-ready

動作確認済みディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux AS 2.1 for Itanium

ドライバについて

 本機が搭載している i82550EYコントローラ用ドライバには、コミュニティの成果物である eepro100.oと Intel製の e100.oの 2種類があります。

lspci -vによるデバイス認識 (rx2600/Red Hat 2.1AS for Itaniumにて)

c0:01.0 Ethernet controller: Intel Corp. 82557/8/9* [Ethernet Pro 100] (rev 0c)
Subsystem: Intel Corp. EtherExpress PRO/100 S Server Adapter
Flags: bus master, medium devsel, latency 128, IRQ 69
Memory at 00000000e0020000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
I/O ports at c000 [size=64]
Memory at 00000000e0000000 (32-bit, non-prefetchable) [size=128K]
Capabilities: [dc] Power Management version 2
*実際のコントローラは、i82550EYです。

Linuxインストール後の /etc/modules.confによるデバイス設定例

alias ethN eepro100

 rx2600では、P3492A装着時、P3492Aは eth1として認識され、オンボードの Broadcom BCM5701は eth2として認識されます。

 rx2600で、Red Hat 2.1AS for Itaniumインストール後に P3492Aを追加装着した場合、もしくは P3492Aを装着し System Recovery CD for Red Hat Advanced Server 2.1 for Itaniumを使用して Linuxをインストールした場合、/etc/modules.confが下記のように設定され、eth1、eth2が使用できない状態になります。下記のように /etc/modules.confを修正してください。

alias eth0 eepro100
alias eth1 tg3
alias eth2 e100
alias eth0 eepro100
alias eth1 eepro100
alias eth2 tg3

本機の機能と特徴

1ポート 100BASE-TX LANアダプタ(P3492A)
型番 P3492A
形式 32bit PCIカード
コントローラ i82550EY x1(Intel PRO/100 S Server Adapter相当)
伝送方式 10BASE-T, 100BASE-TX対応
half-duplex, full-duplex対応
ポート RJ45 x1
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項