Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

4Gb デュアルチャネル PCI-X ファイバチャネルアダプタ (AB379A, Qlogic)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
08-DEC-06, revised 11-MAY-09
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

PCI-Xモードについて

PCI-X 本機用ドライバは PCI-Xに対応しています。kernel 2.6環境ではqla2400.ko, qla2xxx.ko,qla2xxx_conf.koが対応ドライバになります。

 HP製 Qlogicドライバではなく、ディストリビューション標準のものを利用した場合、異なるドライバ構成になるケースもあります。

動作確認済みハードウェア

 本機をサポートしている HP Integrity サーバ
Linux-ready

動作確認済みディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux AS 4 for Itanium(U3以降)
Red Hat Enterprise Linux ES 4 for Itanium(U3以降)
Red Hat Enterprise Linux 5

本機で利用可能な Fibre Channelストレージ製品

 本機はサイト内リンクMSA1000サイト内リンクMSA1500サイト内リンクEVA3000/EVA5000
サイト内リンクEVA4000/EVA6000/EVA8000サイト内リンクEVA4100/EVA6100/EVA8100サイト内リンクEVA4400/EVA6400/EVA8400に対応しております。

本機の設定方法

 設定方法の詳細はサイト内リンクFibre Channel関連情報をご覧ください。

障害監視について

 HP製Qlogic Driver v8.01.03p5-21以前を使用時、FC Cable・Storageコントローラ(MSA1000/MSA1500)・MSAの HDD障害は、管理ソフトウェア(HPIMA+SIM)での障害検知が行えません。また、HDD障害は /var/log/messagesでの障害検知も行えません。

本機の機能と特徴

AB379A, Qlogic: 4Gb デュアルチャネル PCI-X ファイバチャネルアダプタ
型番 AB379A
コントローラ Qlogic QLA2462相当
形式 PCI-X v2.0 64bit/266MHz
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項