Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

6port SATA RAIDコントローラ
(Adaptec 2610SA SATA-RAIDコントローラ)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
28-APR-05, revised 21-APR-06
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

動作確認済みハードウェア

 本機をサポートしているインテルサーバ全般
Linux-ready

利用可能なディストリビューション

x86 x86_64
Miracle LINUX V3.0   Miracle LINUX V3.0
Red Hat Enterprise Linux 3*   Red Hat Enterprise Linux 3*
Red Hat Enterprise Linux 3/U3以降   Red Hat Enterprise Linux 3/U3以降
Red Hat Enterprise Linux 4   Red Hat Enterprise Linux 4
SUSE Enterprise 9   SUSE Enterprise 9
Turbolinux 10 Server   Turbolinux 10 Server x64
6port SATA RAIDコントローラ (Adaptec 2610SA SATA-RAIDコントローラ)
*要:サイト内リンクDUD/aacraid

LUN作成後のインストール障害について

 利用するドライバ・ディストリビューションメディア、LUNのフォーマット設定によって、Linux OSのインストールに失敗する場合があります。詳細はサイト内リンクAHA-2610SAでインストールが停止する問題についてをご覧ください。

RHEL3(x86_64)環境で 4GB以上のメモリを搭載する場合の注意点

 Red Hat EL3の x86_64環境で 4GB以上のメモリを搭載している場合、インストール時に Anacondaインストーラがフォーマットに失敗する事があります。また、インストール後は、ドライバロード時に必要なリソースの確保に失敗する場合があります。この問題は、IOMMU(I/O memory management units)エミュレーションが DMAプールメモリを消費しつくしてしまう事が原因です。

 この問題は、kernel parameterとして 'swiotlb= 12288'を引き渡す事で回避が可能です。インストーラ起動時と grub.confの両方で引き渡してください。
インストーラ起動時:
boot: linux swiotlb=12288
インストール後、システム起動時: 
/boot/grub/grub.conf
      kernel /vmlinuz-2.4.21-xx.ELsmp ro root=.... swiotlb=12288

/etc/modules.confの記述について

 /etc/modules.conf等への記述例は、下記の様になります。
alias scsi_hostadapter aacraid

利用されるデバイス名について

 デバイスファイルは通常の SCSIデバイスである /dev/sdXとなります。

デバイス認識状況について(Red Hat EL 3)

#cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: ADAPTEC Model: test-10 Rev: V1.0
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02
#cat /proc/scsi/aacraid/0
Adaptec Raid Controller 1.1-5[2340]
Vendor: ADAPTEC Model: RAID
kernel: 4.2-0[7344]
monitor: 4.2-0[7344]
bios: 4.2-0[7344]
serial: c0643e
#lspci -v
02:03.0 RAID bus controller: Adaptec AAC-RAID (rev 01)
Subsystem: Hewlett-Packard Company: Unknown device 3227
Flags: bus master, fast Back2Back, 66Mhz, slow devsel, latency 32, IRQ 26
Memory at d8000000 (32-bit, prefetchable) [size=64M]
Expansion ROM at <unassigned> [disabled] [size=32K]
Capabilities: [80] Power Management version 2
#cat /var/log/messages
kernel: Red Hat/Adaptec aacraid driver (1.1-5[2340])
kernel: scsi0 : percraid
kernel: AAC0: kernel 4.2-0 build 7344
kernel: AAC0: monitor 4.2-0 build 7344
kernel: AAC0: bios 4.2-0 build 7344
kernel: AAC0: serial c0643e
kernel: scsi1 : percraid
kernel: scsi0 : aacraid
kernel: blk: queue c0f63618, I/O limit 4095Mb (mask 0xffffffff)
kernel: Vendor: ADAPTEC Model: test-10 Rev: V1.0
kernel: Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02
kernel: blk: queue c0f63418, I/O limit 4095Mb (mask 0xffffffff)
kernel: Attached scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 0, lun 0
kernel: SCSI device sda: 976556032 512-byte hdwr sectors (499997 MB)
kernel: Partition check:
kernel: sda: sda1 sda2

HDD障害時の /var/log/messagesについて

 本機と aacraidドライバの組み合わせにおいては、HDD障害ステータスを /var/log/messagesに記録しません。RAID状況を確認するための Adaptec製管理ツールが提供されています。詳細はサイト内リンクLinux用管理ツールについての技術情報をご覧ください。

本機の機能と特徴

6port SATA RAIDコントローラ
(Adaptec 2610SA SATA-RAIDコントローラ)
型番 372953-B21
SATA Adaptec 2610SA
RAID-0,1,1+0,5,SPARE
6ポート
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項