Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

HP Integrity サーバ rx2660

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
27-MAR-07, revised 31-JAN-08
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

Linuxのインストールに必要なデバイス情報

HP Integrity サーバ rx2660
CPU 1プロセッサ/1コア 〜 2プロセッサ/4コア
チップセット hp zx2
スロット
(PCI-E/PCI-X Combo I/O ケージ)
4x333MHz PCI-Express x2
64bit/133MHz PCI-X x1
SmartArray P400(Option)専用 x1
スロット
(PCI-X I/O ケージ)
64bit/266MHz PCI-X x2
64bit/133MHz PCI-X x1
SmartArray P400(Option)専用 x1
メモリ 最大 32GB
Ethernet Broadcom BCM5704
オンボードで 2ポート標準装備
10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T
video ATI ES1000
オンボードに 1基標準装備
SAS LSI SAS 1068*
オンボードに 1基標準装備
ストレージベイ ホットスワップ対応
USB 2.0
電源管理 ACPI
HP Integrity サーバ rx2660
* RAID構成時、サポートする RAIDレベルは 1のみです。論理ボリュームは最大2つまでサポートされます。SPAREドライブは1つのみサポートされ、複数の論理ボリューム間で共有されます。
 Linuxを稼動させた後に #lspci -vを採取した結果はTEXTこちらです。
 Linuxディストリビューション毎のデバイス等の制限については、各インストールガイド、もしくはデバイスの情報を参照してください。
Linux-ready systems

動作確認済みディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4 for Itanium (U4以降)
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4 for Itanium (U4以降) - シリアル経由用
Red Hat Enterprise Linux 5 Server/Advanced Platform for Itanium
Red Hat Enterprise Linux 5 Server/Advanced Platform for Itanium - シリアル経由用
Linux-supportedとLinux-readyの差異について
 
 デュアルコアItaniumプロセッサ 9000シリーズ搭載モデルは、Red Hat Enterprise Linux 4 Update4以降/Red Hat Enterprise Linux 5以降のサポートです。
 デュアルコアItaniumプロセッサ 9100シリーズ搭載モデルは、Red Hat Enterprise Linux 4 Update6以降/Red Hat Enterprise Linux 5.1(Update1)以降のサポートです。
各ディストリビューションでの画面の解像度・色数は 1024x768/16bitでのみ確認しています。

RAID構成時の障害検知について

 LSI SAS 1068コントローラにて RAID構成時、RAID障害・復旧情報は localの/var/log/messagesに記録されます。HP監視エージェント(HPIMA)での検知には、別途サイト内リンクHP提供の mptlinux driverの適用が必要です。

  下記は、/var/log/messagesでのRAID障害・復旧時のログ記録例です。(HDDx2でRAID1構成時)

HDD障害時

kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now missing
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now missing, out of sync
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 7
kernel: mptbase: ioc0:   volume is now degraded, enabled


HDD復旧・リビルド開始時
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now online, out of sync
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 7
kernel: mptbase: ioc0:   volume is now degraded, enabled, resync in progress

リビルド完了時
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for PhysDisk 0
kernel: mptbase: ioc0:   PhysDisk is now online
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 7
kernel: mptbase: ioc0:   volume is now optimal, enabled, resync in progress
kernel: mptbase: ioc0: RAID STATUS CHANGE for VolumeID 7
kernel: mptbase: ioc0:   volume is now optimal, enabled

OSを Linuxとした場合の制限事項

 特に記載の無い機能については動作しないか、または動作確認を行っておりません。
製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項