Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Linux-NOT-readyシステム
DIGITAL PC Celebris GL 6200

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
31-MAR-00
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
Linux-NOT-Ready@all  本ページで紹介するのは、サイト内リンクLinux-ready, Linux-approved以外のシステムで、Linuxが動作することを確認、もしくは HPで動作確認していない外部提供情報です。あくまで本ページは、既存の古いシステム等を利用されているユーザの利便性向上の一環として提供しています。なお、該当する全ての製品で動作するのか等は、不明です。
 
 Linux-NOT-readyシステムは弊社の有償サポートを受けることができません。また、販売パートナー様からの支援を受けることもできません。このため、HPは Linuxシステムの運用には、Linux-readyシステムを導入される事を強くお勧めいたします。
 
 当 Linuxホームページ上の動作確認情報に基づき Linuxの導入運用を行なったことにより損害が生じた場合でも、HPはその損害につき責任を負いかねる事を予めご了承くださいます様お願いいたします。

動作確認システム

 下記の構成にて社内動作を確認しました。同シリーズの他モデルも同様に動作するものと思われます。
  • DIGITAL PCCelebris GL 6200
    BIOS v1.08…DIGITAL PC 5400として表示されます。
  • WRAM 6MB追加モジュール装着

Linuxの動作確認状況

  • Red Hat Linux 6.1J改訂版
 古い kernelを利用したディストリビューションで動作確認が報告されているシステムは、より最新の kernelを利用したディストリビューションでも動作する可能性が非常に高いと思われます。また、古いディストリビューションで動作しなかったデバイスも、新しいディストリビューションでは正常に動作する可能性があります。

既知の問題

 本機では BIOS設定で APM(advanced power management)を使用すると #shutdown -h nowで正常にシャットダウンができなかったり、サスペンドタイマーが起動すると勝手に再起動したりする事があります。システム起動時に [F2]キーを押して APM機能を disabledにしてください。

デバイス認識・動作確認状況

 下記に述べるデバイス、機能以外は動作の確認を行っておりません。また、本ページで述べられていないデバイス、機能も同様に動作の確認を行っておりません。

デバイス、機能 認識状況・方法 結果、デバイス名、備考
CD-ROMブート   可能
古い BIOSではブートしない事があります
HBA 自動認識 E-IDE
/dev/hda
2GB...2GBより大容量なデバイスの動作確認はしていません
SCSIモデルとして AHA-2940Wが組み込まれているモデルがありますが、動作するものと思われます
Ethernet tulipとして認識されてしまう…de450に変更 /dev/eth0
100BASE-TXアップグレードモジュールを追加している、もしくは後期モデルは tulipとして 10/100BASE-T/TX動作するものと思われます
Video 自動認識 Matrox|MGA 2064W[Millenium]
SVGA X server
WRAM=2MBの場合…
  • 1280x1024/8bpp確認
  • 1152x864/16bpp確認
  • 1024x768/16bpp確認
  • 800x600/24bpp確認
WRAM=8MBの場合…
  • 1600x1280/16bpp確認
  • 1280x1024/24bpp確認
  • 1152x864/24bpp確認
  • 1152x864/32bpp確認
  • 1024x768/16bpp確認
  • 1024x768/24bpp確認
FDD   READ/WRITE可能
/dev/fd0
サウンド設定 #sndconfigにて SoundBlaster 16指定
/dev/audio等
au再生利用可能
au録音は後述テストにて利用可能確認
midi再生利用可能

Linuxのインストールに必要なデバイス情報

#lspci -v
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 440FX - 82441FX PMC [Natoma] (rev 02)
        Flags: bus master, medium devsel, latency 32
00:03.0 Ethernet controller: Digital Equipment Corporation DECchip 21142/43 (rev 11)
        Flags: bus master, medium devsel, latency 165, IRQ 9
        I/O ports at ec00
        Memory at fdffbc00 (32-bit, non-prefetchable)
00:07.0 ISA bridge: Intel Corporation 82371SB PIIX3 ISA [Natoma/Triton II] (rev 01)
        Flags: bus master, medium devsel, latency 0
00:07.1 IDE interface: Intel Corporation 82371SB PIIX3 IDE [Natoma/Triton II] (prog-if 80)
        Flags: bus master, medium devsel, latency 32
        I/O ports at ecf0
00:09.0 VGA compatible controller: Matrox Graphics, Inc. MGA 2064W [Millennium] (rev 01)
        Flags: stepping, medium devsel, IRQ 10
        Memory at fdffc000 (32-bit, non-prefetchable)
        Memory at fd000000 (32-bit, prefetchable)

#cat /etc/conf.modules
alias eth0 de4x5
alias parport_lowlevel parport_pc
alias sound sb
pre-install sound /sbin/insmod sound dmabuf=1
alias midi opl3
options opl3 io=0x388
options sb io=0x220 irq=5 dma=1 dma16=5 mpu_io=0x330

#cat /proc/pci
PCI devices found:
  Bus 0, device 0, function 0:
   Host bridge: Intel 82441FX Natoma (rev 2).
    Medium devsel. Fast back-to-back capable. Master Capable. Latency=32.
  Bus 0, device 3, function 0:
   Ethernet controller: DEC DC21142 (rev 17).
    Medium devsel. Fast back-to-back capable. IRQ 9. Master Capable. Latency=165. Min Gnt=20.Max Lat=40.
   I/O at 0xec00 [0xec01].
   Non-prefetchable 32 bit memory at 0xfdffbc00 [0xfdffbc00].
 Bus 0, device 7, function 0:
  ISA bridge: Intel 82371SB PIIX3 ISA (rev 1).
   Medium devsel. Fast back-to-back capable. Master Capable. No bursts.
 Bus 0, device 7, function 1:
  IDE interface: Intel 82371SB PIIX3 IDE (rev 0).
   Medium devsel. Fast back-to-back capable. Master Capable. Latency=32.
   I/O at 0xecf0 [0xecf1].
 Bus 0, device 9, function 0:
  VGA compatible controller: Matrox Millennium (rev 1).
   Medium devsel. Fast back-to-back capable. IRQ 10.
   Non-prefetchable 32 bit memory at 0xfdffc000 [0xfdffc000].
   Prefetchable 32 bit memory at 0xfd000000 [0xfd000008].

#cat /proc/sound
OSS/Free:3.8s2++-971130
Load type: Driver loaded as a module
Kernel: Linux localhost.localdomain 2.2.12-32 #1 Mon Oct 25 19:56:23 EDT 1999 i686
Config options: 0

Installed drivers:

Card config:

Audio devices:
0: ESS ES1888 AudioDrive (rev 11) (3.01)

Synth devices:
0: Yamaha OPL3

Midi devices:
0: ESS ES1688

Timers:
0: System clock

Mixers:
0: Sound Blaster

auファイルの録音テスト

5秒間 8KHzで録音を行い、直後に再生して動作確認しました。
#dd bs=8k count=5 < /dev/audio > test.au ; play test.au
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項