Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Evo Workstaion W4000 ATAPI/IDE, SCSI両対応
Red Hat Linux 7.2インストールフロー

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 22-JUL-02
verified wiz BIOS W4000-v2.04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは本機を動作させるのに必要なデバイスの設定に関しての情報を提供します。本ページの情報をもとに Red Hatインストーラの指示、もしくはその他の設定ツールの指示に基づいて Linuxのインストールを行ってください。

NICの設定

 本機が装備している Ethernetコントローラは Intel Pro/100+M(i82559)コントローラです。インストーラで自動認識されますのでデバイスの設定は不要です。

ATAPI/IDE, SCSIの設定

 本機の標準コントローラは ATAPI/IDEです。また、本機にはモデルによって SCSIコントローラ(Adaptec 7892)を装備しているシステムもあります。両コントローラ共にインストーラで自動認識されますのでデバイスの設定は不要です。

Videoの設定-NVIDIA Quadro2 Pro, Quadro2 MXR, Matrox G450の場合

 本機では、様々な Videoコントローラを用途に応じて利用できます。コントローラはそれぞれ自動認識されますのでデバイスの設定は不要です。各コントローラの認識結果と、解像度・色深度の確認結果は下記の通りです。
  • NVIDIA Quadro2 Pro = NVIDIA GeForce 2GTS(generic), 64MB
  • NVIDIA Quadro2 MXR = NVIDIA GeForce 2MX(generic), 32MB
  • Matrox G450       = Matrox Millenium G450, 32MB
NVIDIA Quadro2 Pro
  8bit 16bit 24bit
640x480
800x600
1024x768
1152x864
1280x1024
1400x1050
1600x1200
1792x1344
1856x1392
1920x1440
NVIDIA Quadro2 MXR
  8bit 16bit 24bit
640x480
800x600
1024x768
1152x864
1280x1024
1400x1050
1600x1200
1792x1344
1856x1392
1920x1440
Matrox G450
  8bit 16bit 24bit
640x480
800x600
1024x768
1152x864
1280x1024
1400x1050
1600x1200
1792x1344
1856x1392
1920x1440

 利用したモニタは下記になります。
  • DIGITAL VRCX1-W3(21" CRT) - 自動認識 
別途サイト内リンクVideoコントローラについての技術情報をご覧ください。TwinVIew機能、DVIモニタの利用、OpenGLでの高速表示を行うための情報等があります。

Videoの設定-NVIDIA Quadro4 900XGL, 750XGL, 550XGL, 200NVSの場合

 上記のコントローラは、インストーラでは自動認識されません
 
 グラフィカルユーザインターフェイス(X)の設定メニューで NVIDIA GeForce64MBを指定してください。X設定のカスタマイズメニューでテキストをチェックし、テキストログインを指定してください。
 
 Red Hat 7.2インストール終了後、サイト内リンクVideoコントローラについての技術情報を参照し、nVIDIA社製ドライバをインストールすることで Xの起動が可能になります。

Videoの設定-ATI Fire GL8800の場合

 上記のコントローラは、インストーラでは自動認識されませんグラフィカルユーザインターフェイス(X)の設定メニューで Xの設定を行わないをチェックしてください。
 
 Red Hat 7.2インストール終了後、サイト内リンクVideoコントローラについての技術情報を参照し、Fire GL880ドライバをインストールすることで Xの起動が可能になります。

Soundの設定

 本機が装備している Soundコントローラは AC'97 Audioです。#sndconfigIntel Corporation|82801BA/BAM(ICH2) AC'97 Audio Controllerとして自動認識します。但し、テストで流れるサウンドサンプルは音量が小さすぎて殆ど聞こえません正常に再生されましたか?と云う問いには [はい]を選択し、#sndconfigでの設定を終了させてください。
 
 本機の内蔵スピーカはサウンドコントローラに接続されていますので、追加スピーカ無しでサウンドを再生できます。
 
 音量調整は Gnomeの オーディオミキサー/GMIX等で調整します。システム構成によっては初期状態では音は聞こえませんので音量等で調整してください。

USBの動作検証について

 サードパーティ製品での動作報告をサイト内リンクこちらで行っております。

メモリの認識について

 Red Hat 7.2と i845の組み合わせに於いて、メモリ容量は自動認識可能ですので kernelパラメータの引渡しは不要です。

電源の ON/OFFについて

 MagicPacketの送信によるリモートウェイクアップを確認しました。
 
 BIOSsetupにて 省電力(カスタム)設定で #shutdown -h nowによる電源断を確認しました。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項