Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ハードウェア
(Deskpro EN SF(i810E)関連)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
i810xでメモリは自動認識できるのか?
   Video統合 chipset i810, i810Eを搭載しているシステムの場合、一般に kernel 2.2.xxの distributionでは、64MBまでしかメモリの自動認識ができません。64MB以上のメモリを搭載している場合 /etc/lilo.confappend="mem=127M"等とメモリ容量から -1MBの値を kernelパラメータとして引き渡してください。
image=/boot/vmlinuz-2.2.16-22smp
   label=linux
   read-only
   root=/dev/hda6
   append="mem=127M"
 15-MAY-00, verified wiz Red70J/r2, TL61JSE
i810xでメモリ容量指定後システムが起動しなくなったが?
   メモリ容量から 1MB引いていない値を /etc/lilo.conf経由で引き渡したり、既存のシステムのメモリ容量を減らした場合、下記の様なメッセージが表示されてシステムが起動しなくなります。
kernel panic: attempted to kill the idle task!
In swapper task - not syncing
 この場合、LILO経由で直接パラメータを引き渡してシステムを起動し /etc/lilo.confを修正してください。
boot: linux mem=127M
 Red Hat 7.0J, 7.0J改訂版の場合、LILOの boot:プロンプトを出すには Red Hatロゴが表示されるブートスクリーンで <Ctrl>+<x>を押して切り替える必要があります。
15-MAY-00, verified wiz Red70J/r2, TL61JSE
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項