Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

三社提携記念アンケート当選者発表
アンケート結果&コメント等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
09-OCT-00

AlphaPoweredロング携帯ストラップ当選者

 当選者名簿は削除しました
 以下はアンケートの結果です。
 
  • Q1:よく訪れる Linuxサイトは?
    • www.linux.org等の公式サイト系… x5
    • ASCII, 日経等のニュースサイト系… x2
    • Kondara, Red, Turbo等の distributor系… x5

  • Q2:利用したい Linuxシステムは(HW,SW)?
    • Kondara… x3(最新環境、日本語環境、Alpha対応)
    • Red Hat… x3(知名度、マーケットシェア、最初に利用したから)
    • Compaq, AlphaStation… x2(高速64bit, 取組み具合)
    • Laser5
    • SUSE(完成度)
    • IBM(取組み具合)

  • Q3:デジタルファクトリ社との提携について?
    • Alphaのサポート充実を期待
    • Linuxの発展に貢献するのは大歓迎
    • 将来有望

  • Q4:Linuxサイトについてのご意見…
    • ベンダー主催としては No.1
    • わかりやすい、よく頑張っている、参考になる
    • 業界全般のニュースも欲しい
    • サポートはもっと分かりやすい方がいい

  • Q5:HPの Linuxに対する取り組みについて、その他…
    • エンタープライズ展開では IBMに一日の長があるかも
 以下はアンケートに寄せられたコメントの一部です。
 
アンケートコメント [取組みに関して]F*はいろいろやっていて(Sola*ほか) なにをやろうとしているのかわかりません。
 
ウェブマスターより  しょっぱなから何を言いだすんだ、といった感じですが、私も社内で Linuxしか見えていない珍しい有機体なので会社がどの方向へ進もうとしているのか全く分かっておりません。現在のところ分かってなくても法律で罰せられることはない模様ですし… 弊社も Tru64と云う商用 UNiXと Linuxの両方(後 SCOとかも)を担いでいますがユーザが望むものを提供するのがベンダーだと個人的に思っていますので混沌もヨイのではないのでしょうか。
  アンケートコメント [取組みに関して]昔と違い、Compaqのマシンもずいぶん普通になり比較的安心して使えるようになった。 一昔前(いや二昔か)SystemV R4.2がまだ開発中だったころは 機種によってはXが動かない等で苦労した覚えがある(昔いた部署で 開発に関係していた人がいて試しにXの移植を試みた事がある)が、 近年そういう話も聞かなくなった事はよろこばしい。
 
ウェブマスターより  昔 EPSONさんが DECpc466LP(S3 924)に Xを載せようとドライバ開発してましたな〜(遠い目)。もしかして EISAの Qvisionとか?
アンケートコメント [提携に関して] 実は昨年の秋頃から「T*や L*を押している場合ではない Kondara MNU/Linuxをプッシュせよ!」と言っていたのですが本当にそうなったので、嬉しい反面、驚いています(まあ、私なんぞが言うまでもなく旧DEC人脈を通していつかはそうなる運命だったのでしょうが)。ただコンダラの場合、開発自体がバザールモデルなだけに「常に最新・最強を狙う」その姿勢が、「安定した環境を求める」企業ユーザの要望と乖離していく危険性も十分あり、その辺で危惧の念を抱くことも多々ありまして… コンダラの掲示板や、レッドハットの掲示板を見ても、*を始め、*などの発言を読むにつけ、やはりエンジニア志向だなあと思うことが多く、(それはそれで応援したい気持ちもあるのですが)ここはやはり旧DECの二の舞にならないよう、クレバーなマーケティングも重要だよなあと心配してました(ってまるで私は経営コンサルみたいですね。^^;)。そのため、今回の Digital Factoryと Compaqとの戦略的パートナーシップ(笑)には非常に期待しています。まあ、あれですね。どうしてもという時は、Alpha版だけ別バージョンにフォークして、Red Hatその他の RPM系ディストリビューションとの互換性を確保し続けるという戦術も必要になるかと思います。そのときには、晴れて Kondara Tru(64)/Linuxと…なればいいなあ。
 
ウェブマスターより  Kondaraが安定していない…と云われる方が世の中には多い様ですが、最新のライブラリ等を一足はやく採用して、他が同じバージョンを採用すると Kondaraと同じ様に動作しない。なのに、Kondaraだけが互換性が低かったかの様に云われたり、MLの archiveで残ったりしてしまう…と個人的に(受け売りで)思うのですがいかがでしょうか?
 
 Kondara/Alphaの Optimized版はライブラリを入れ替えたり、要所要所のバイナリを cccでビルドし直す等しており、やはり速いです。今後はこれらの成果物が Konara/Alpha全体へ波及し Alpha/Linuxの普及へ弾みをつけてくれると期待しています。
 
 ここで数分間の休憩をします。コーヒーでも淹れに行きましょう。よろしければ[次へ]を押してください…以下同一人物氏による[その他について]
 
アンケートコメント  では Alphaとハイパフォーマンスコンピューティングの話題に限定して。実は前の職場で、XP1000に Kondara MNU/Linux(Ver1.1β)を入れて数値計算業務にバンバン使いました。OSの安定性に加え、CFAL(Compaq Fortran for Alpha Linux)の性能の良さなどから、低価格 & ハイパフォーマンスということでは、もはや Tru64 UNIXは勝負にならんと確信しました。(ごく一部の超並列マシンでは残ると思いますが。)あと Compaqの本気度を計る意味では、SMP対応をどうするかが見物ですね。CFAL V1.0ではあくまで OpenMPサポートなしとのことだったのですが、SGIから IA64用に F90, C++などのコンパイラが全てオープンソースで出てきた以上、Compaqもうかうかしていられないと思いますよ。本当は CFALもオープンソースにして頂きたいところですが、これは難しいでしょうね、やはり。 また、OSF/1の昔から、「困ったときは KAPを使え!」ということで、やはり SMPなら KAP(+ OpenMP)の移植が必須かと思います。どうですか、Compaqではその気がありますか?あ、そうか。Digital Factory(USA)との提携にはその意味もあったのか。そういえば、ディジタルファクトリのウェブには、「ハイパフォーマンスコンピューティングのために、お客様のソースを…」みたいな表記もありましたね。確かにダラズのコアなメンバには Alpha使いも多いと聞いていましたが、何となく読めてきたような…。(これは深読み?) #Kondara Alpha Proffesionalsが、よってたかってお客様のソースをホゲり、#抜群の高速計算を可能にするサービス、略して 人力-KAPとか…。あるいは Alphaに関する高度な技術力を持つことを保証する認定資格、Certified Kondara Alpha Proffesional略してC-KAPとか(笑)。EV67ぐらいならまだ弱いですが、これが EV7や EV8になるとどんどんチップの集積度が上がって、一枚のマザーにたくさんの CPUが載るようになるんですよね?(違いましたか?)そのときになってもなお、「Linuxは SMP対応しません。SMPなら、Tru64 UNIXにしてください。」などと言っているとまずいと思います。Alphaのような素晴らしいアーキテクチャにはぜひ生き残って欲しいと考えるため、IA-64に負けないよう「肉を切らせて骨を断つ」の精神で、これからも気を抜かずにガンガン Linux対応を増やして欲しいものです。そのため、特にアカデミックなどでの Linux Communityの積極的な協力を仰ぐ意味でも、CFALや C++も含めたオープンソースは必須かと思います。確かにあの「DEC FORTRAN」のソースを公開するということは、今までの財産を全て放出するような気がして大変な決心が必要なのはわかりますが、それによりハードが売れて、保守・管理などのサービスで利益がとれればいいじゃないですか(甘いですかね?)。IBMは既にそうしていますよ。V*や H*がいくら頑張ったところで、アカデミックならともかく企業ユーザであればやはり将来も見据えて Compaqを選択すると思います。(少なくとも私ならそうしますし、現にそうしました)期待しています。頑張ってください。まだまだ言いたいことはありますが、あまり長いのも嫌がられると思いますので(苦笑)、今日はこのぐらいにしておきます。
 
ウェブマスターより  主文の宣告を後に回し判決理由から読みます… C-KAPは分かりませんが ASE for Linuxは US-Compaqでは開始しておりますので、国内でも Intel/Alpha含めた Linuxエンジニアの教育(啓蒙)活動を活発にしていく筈です。
 
 Alpha chipの今後は SMP環境での性能向上に尽きるかと思われます。今後は、一枚のマザーに…と云うより一枚の CPU chip上に複数の CPU setが搭載されていきます。SMPなら Tru64と云っているのは貴社担当の営業ではないかと思いますが、コストを考えなければパフォーマンス的には Linuxよりも Tru64にまだまだ分があると思われます。ローマの諺に…何人かに Linuxの SMPは遅いと云われたら kernelを 2.4.xxにしなさい、と云うのがありますが 2.4.xxでどこまで伸びるのか楽しみです。Beowulf等の演算クラスタを気軽に組めてしまうのが Linuxのヨイところで、目指す分野が Tru64と完全にオーバーラップしている訳でもないと思いますが、競合し続けるのもそれはそれで選択肢があって、それもまた良き哉とも思います。
 
 またアンケートがあったらお願いします…よって、webmasterから別途 DIGITALグッズ送付の刑に処す。
 景品がセコイわりに質問数が多かったのが敗因なのかも知れませんが、応募総数 13名(応募者全員当選)はマジ凹ますね(鬱)。
 
 携帯ストラップなんか皆さん既にお気に入りのをお持ちだと思いますが、今回のはロングタイプのストラップで携帯だけではなく、社員証等を首からぶら下げるのにも重宝するタイプでした。今更云っても遅いですが…

では、では…

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項