Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS >   HP-UX

柔軟性

Flexible Capacity
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
柔軟性

企業とビジネスの成長や変化に即応できる柔軟性

必要なときに必要なだけのキャパシティ増強をHP-UX環境で実現

HP-UXでは、基幹システムのさまざまなニーズに対して、パーティショニング技術の導入から運用、環境の管理まで一連の仮想化ソリューションを「HP VSE(Virtual Server Environment)」として提供しています。たとえば、ERP(Enterprise Resource Planning)、 SCM(Supply Chain Management)のような企業の基幹業務システム環境では、開発やテスト、本番用途の環境が個別に必要となります。HP-UXの幅広い仮想化ソリューションラインアップなら、複数台のサーバで構成される個別の環境をシンプルにコンソリデーションし、各環境のサービスレベルを維持しながら柔軟なキャパシティ増強が可能です。動的なプロセッサやメモリリソースの増減は、パーティショニング機能やインスタントキャパシティ機能と組み合わせ、自動的に調整。さらに、HP-UX Virtual Partitionsでは、新たにメモリの動的構成変更機能を付加し、HP-UX11i v2とv3の混在も可能になりました。

柔軟性と冗長性を実現するHP VSEによるコンソリデーション

柔軟性とスケーラビリティを兼ね備えたシステムの重要性

新しくリリースされたHP-UX 11i v3では、ストレージ容量のスケーラビリティを最大1億ゼタバイト(ZB)以上まで対応する設計を実施しました。柔軟性とスケーラビリティを備えたHP-UXサーバは、業務系のアプリケーション、データベース用途において大きなメリットがあります。基幹システムでは日常的に更新処理やバッチ処理を実行するため、1台のサーバの果たす役割は非常に大きく、ダウンタイムによる業務への影響も甚大です。そのため、サーバ環境自体が高信頼であることはもちろん、急なリソース要求にも対応できる拡張性や柔軟性を提供する仮想化機能が統合されている必要があります。HP-UX 11i v3では、利用率の低いアプリケーションに割り振っていたプロセッサとメモリの一部を負荷の高まっているアプリケーション用に再配分するといった切り替えが強化され、より高度で柔軟な運用が可能になります。もちろん、運用性の向上、リソースの利用率向上によるIT予算の抑制といった面でもメリットがあることはいうまでもありません。

  HP-UXを止めることなくリソース拡張が可能に
戻る 次へ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡