Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

HP-UX 11i v3 アップデートリリース

国内UNIXサーバー市場においてトップランナーとして走り続けるHP-UXはさらに進化を続けています。
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX 11i v3 アップデートリリース

ミッションクリティカルを実現するために、機能強化を進めるHP-UXの最新のアップデート情報をご紹介します。

HP-UX 11i v3 2016年最新 Web リリース (2016/8)

HP-UX 11i v3 の2016年最新 Web リリースではHP-UX対応Veritas 6.1および vPars v6 オンラインマイグレーション機能により可用性と効率性が向上します。

HP-UX 11i v3 2016年3月度版アップデートリリース

HP-UX 11i v3 の2016年3月度版リリースは効率の向上を図りながらお客様のデジタルエンタープライズを強化します。 機能強化例 :
  • 可用性の向上・・・ServiceguardのOracle12c対応、VMの動的なメモリ再構成機能、
                APAのリンク障害検知機能強化、その他
  • 効率性の向上・・・LTOテープドライブ対応やHPEストレージ 3PARオールフラッシュ
               8000 および 20000シリーズ対応による性能向上、その他
  • 安定性の強化・・・オープンソースのセキュリティ製品バージョンアップで安定性を強化、
               HP-UX 11i v3の標準サポートを最低でも 2025 年まで提供

HP-UX 11i v3 2015年3月版アップデートリリース

HP-UXはリリースのペースを適切に管理しているため、1回のアップデートでソフトウェアスタック全体に対する機能的な改善を提供しています。2015年3月度版リリースでは、主に以下のような機能が強化されています。
  • 可用性の向上 ・・・ Serviceguardでの仮想化環境サポート強化、仮想化における動的なI/O削除、など
  • 性能および利用率の向上 ・・・ 仮想化環境でのメモリーオーバーヘッド低減、Javaの性能向上、など
  • セキュリティ改善と新規デバイス対応 ・・・ OpenSSL v1セキュリティ強化、10/40Gbスイッチ対応、など

2013年3月版アップデートリリース

HPでは、保守と運用が最も簡単なUNIX®システムをお客様に提供するために注力してきました。リリースのペースを適切に管理しているため、1回のアップデートでソフトウェアスタック全体に対する機能的な改善を提供しています。

これは、お客様の環境の保守にかかわる計画的ダウンタイムの時間をより短くするとともに、IT部門の生産性がより高まることを意味しています。

2012年9月版アップデートリリース

HPは、HP-UXへの投資の一部として、保守作業や操作が簡単なUNIXを提供いたします。2007年2月にHP-UX 11i v3を発表してから、6ヶ月毎にアップデートを提供してきました。これらのリリースを通し、HPは1回のアップデートでUNIXスタック全体に対する機能を向上させ、生産性への影響や保守によるダウンタイムを大幅に削減しました。

2012年3月版アップデートリリース

HPが熱心に行うHP-UXへの投資の一部に、保守および操作が最も簡単なUNIXの提供があります。HP-UX 11i v3を2007年2月に発表してから、6ヶ月毎にアップデートリリースを提供してきました。これらのリリースを通じて、HPは、1回のアップデートでUNIXスタック全体を対象とした機能的な向上を実現してきました。これにより、生産性への影響と保守によるダウンタイムを大幅に抑えられるようになりました。

2011年9月版アップデートリリース

HP-UX 11i v3アップデート2011年9月版 アップデートリリースは、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureの管理、仮想化、可用性およびセキュリティを拡張する複数の機能強化を含むと同時に、お客様のソフトウェアの投資を保護します。

2011年3月版アップデートリリース

HP-UX 11i v3 2011年3月版アップデートリリースは、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureを促進し、仮想化の拡張、可用性機能の簡素化、そしてクリティカルなシステムファイルの保護強化など、複数の機能強化を含みます。

2010年9月版アップデートリリース

HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリースには、可用性とコンソリデーションを簡素化することによりミッションクリティカルなConverged Infrastructureを進化させる複数の機能拡張が用意されています。

2010年3月版アップデートリリース

2010年3月版アップデートリリースでは、仮想化、セキュリティ、管理機能をより一層強化しました。加えてこのアップデートリリースでは、OE製品に、仮想化環境において計画立案や自動化を支援する最適化ソフトウェアを加えることによりさらなる価値をお届けします。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項