HP-UX 11i v3の2016年3月度版リリースは効率の向上を図りながら
お客様のデジタルエンタープライズを強化します:


本リリースにおける主な機能強化例:


 

可用性の向上

  • ServiceguardのOracle 12c サポート
  • Direct I/O が設定された仮想マシン(VM ゲスト) の動的なメモリー再構成をサポート
  • APA(Auto Port Aggregation)におけるリンク障害検知や付加分散機能の強化
 

効率性 (性能)の向上

  • Veritasファイルシステム6.1のIgnite-UXによるバックアップ、アーカイブおよびリカバリーサポート
  • vPars v6 ゲストにおけるマルチキュー・インフラ上の UDP トラフィック対応
  • NPIV で構成されたゲストの移行前提条件を緩和
  • LTO7テープドライブのサポート
  • HPEストレージ 3PARオールフラッシュ 8000 および 20000シリーズのサポート(性能向上)
  • ネットワークドライバおよびファームウェアのアップデート:iexgbeドライバー向けマルチTXサポート
 

安定性向上

  • オープンソースのセキュリティをリフレッシュし、実績の安定性をさらに強化:
    • PHP 5.6, Tomcat 7, OpenSSL 1.0.1p
    • Kerberos Client E.1.6.2.10 と LDAP-UX A.05.02 が Windows Server 2012 R2 Active Directory をサポート
  • HP-UX Integrity および HP-UX 11i v3 の標準サポートライフは少なくとも2025年まで維持することによる長期的な安定性の提供。
 

2016年3月度版 HP-UX11i v3 その他の情報


 

お問い合わせ

お電話での問い合わせ

Tel

カスタマーインフォメーションセンター

03-5749-8328

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜19:00
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、
および5月1日 お休み)

Error processing SSI file

What's New

Topics