Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

HP-UX 11i v3 2011年9月版アップデートリリース

ミッションクリティカルなConverged Infrastructureの管理、仮想化、可用性およびセキュリティを拡張する複数の機能強化
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX 2011年9月版アップデートリリース

HP-UX 11i v3アップデート2011年9月版 アップデートリリースは、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureの管理、仮想化、可用性およびセキュリティを拡張する複数の機能強化を含むと同時に、お客様のソフトウェアの投資を保護します。

HP-UX 2011年9月版アップデートリリース

ITの簡素化と一元化
動的な最適化
強力な復旧力
投資保護と安定性

ITの簡素化と一元化

ファイルシステム

HP-UX内でデフォルトとなったOnlineJFSファイルシステムバージョン5.0.1により、LVMボリューム上にマウントされたファイルシステムのパフォーマンスが向上します。また、base-VxFSおよびOnlineJFS内でそれぞれ利用可能なダイレクトI/OおよびコンカレントI/Oにより、ファイルシステムの「ロック競合」を回避できます。

システム管理

新しいWebベースのエンタープライズ管理プロバイダー「メガバンドル」によりインストールが簡単になりました。

アプリケーション開発

C/C++コンパイラおよびHpjmeter (Javaパフォーマンスオプティマイザー) のアップデートにより、ソフトウェアの開発が容易になりました。

動的な最適化

インフラストラクチャ管理

新しくHP-UX 11i v3 Virtual Server Environment OEに組み込まれたMatrix OE 6.3により、今日のプライベートクラウドから得られるメリットが増大します。Matrix変換サービスが拡張されたことにより、エンクロージャーがMatrix環境でも完全にサポートおよび管理されるようになるため、HP Integrity サーバーおよびラックマウント型サーバーへの投資が保護されます。またこのMatrixの拡張により、HP Integrity Superdome 2 環境の仮想マシンを、既存のMatrix環境でも管理できるようになります。

マルチテナント環境における大規模かつ多様なクラウドユーザーに対応するため、拡張性が強化され、管理が簡素化されているほか、新たなアプリケーションおよびパートナー用のCloud Mapsにより、Matrixエコシステムが拡張されています。ユーティリティレディコンピューティングを使用すると、オンサイトでのMatrixリソースへの完全なアクセスが可能になり、実際のブレードの使用は月次で課金されます。

HP CloudSystem Matrix for HP-UXは、ストレージ管理を簡素化する3PARストレージに対応していますが、ファイバーチャネルの共有によりI/O使用率を向上しながら、I/Oコスト、ケーブルコスト、および電力/冷却コストを削減可能なFlexFCにも新たに対応するようになりました。

仮想化

すべてのOEに新たに追加されたHP-UX Containers 3.0のシステムコンテナー機能により、1つのインスタンス内の複数のプライベート環境を統合可能できるようになります。また本バージョンでは、コンテナーごとの管理者ドメインがサポートされているため、制御性が向上しています。さらに、Force-to-wire機能は、外部の監視または監査が必要な場合に情報が送信されるネットワークを使用して、コンプライアンスを強化しています。

HP-UX Containers 3.1 によりコンテナーの管理が簡素化されます。これにより、コンテナー環境内でHP-UXを簡単にアップデートでき、コンテナーのクローンを作成して、新しいコンテナーを迅速にセットアップすることも可能です。

強力な復旧力

高可用性

新しいHP Serviceguard Toolkit for IBM DB2 HADRにより、DB2 HADRレプリケーションが提供する高可用性機能を補完して、IBM DB2の可用性をより一層向上します。また、HP 3PARストレージ向けHP Serviceguardのディザスタリカバリ機能により、データの同期複製および自動フェイルオーバーが可能になり、アップタイムが向上します。

さらに、SGeSAPを使用することにより可用性が向上し、Webディスパッチャーとの統合により、SAPの可用性を維持します。また、Serviceguard Managerにより配備が簡素化され、SAPクラスターの認証を使用した確実なフェイルオーバーが保証されます。SGeSAPおよびワークロードコンテナーにより、Oracleライセンス数が削減されます。

セキュリティ

最新のオープンソースバージョンのSecureShellおよびOpenSSL (openssl 0.9.8.qおよびOpenSSH 5.8) が提供する最新の暗号ライブラリと暗号化ネットワークにより、データセキュリティが向上します。また、OpenSSH、Bastille、およびIPFilter内のアップデートされたセキュリティ定義により、セキュリティ脅威を軽減し、HP-UX Containersに追加された監査機能およびHIDS (ホスト型侵入検知サービス) により堅牢性と分離性を向上しています。

投資保護と安定性

ソフトウェア投資の保護

  • 従来のX.25ソフトウェアアプリケーションでも、Ethernetハードウェア上のTCP/IPを介してHP Integrityサーバー上でそのまま実行できます。
  • 複数のHP 9000を単一のHP Integrityサーバーに統合することにより、HP Integrityサーバーの能力を活用します。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項