Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリース

可用性とコンソリデーションの簡素化により、アプリケーションサービスデリバリにおける優位性を実現
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリース

HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリースには、可用性とコンソリデーションを簡素化することによりミッションクリティカルなコンバージド・インフラストラクチャを進化させる複数の機能拡張が用意されています。
HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリース
オラクル製品の可用性を向上する新しいソリューション
可用性を容易に実現
月単位ではなく日単位のコンソリデーション
HP-UX 11i v3のサポートを2020年末まで延長

HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリース3つの特長

No.1
オラクル製品の可用性を向上する新しいソリューション
カスタムコーディングが一切不要で、手動による作業を最大93%削減
No.2
可用性を容易に実現
HP Serviceguardソリューション向けの多数の管理機能を新たに強化し、時間を短縮
No.3
月単位ではなく日単位のコンソリデーション
世界屈指の仮想化技術を採用したHP-UXソリューションにより、アプリケーションをHP Integrityサーバーの共通モジュールアーキテクチャーへとスムーズに移行

オラクル製品の可用性を向上する新しいソリューション

Oracle E-Business Suiteのクラスタリングに要する時間とコストを最大93%削減

  • Oracle E-Business Suiteの200を超えるアプリケーションスタックで可用性を実現
  • 最低限の作業と専門知識で、30日かかっていた可用性確保を2日で完了
  • 計画的ダウンタイムを1ヶ月あたり最大12時間削減※1

Oracle Data Guardのカスタムコーディングが不要になり、常時稼働のデータベース管理が実現

  • Oracle Data Guardの高可用性およびディザスターリカバリが実現
  • Oracle Data Guardの自動フェイルオーバー/スイッチオーバーが実現
  • データ破損につながる可能性のある障害に対する復旧性が向上
フェイルオーバー後の主要なアプリケーションの起動速度が最大90%アップ※2
  • Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC): 最大90%
  • SAP ERP: 最大90%
  • Cluster File System: 最大75%

関連ページ

HP Serviceguard
HP Serviceguardソリューション
HP Serviceguard Extension for Oracle e-Business Suite
HP Serviceguard Toolkit for Oracle Data Guard

可用性を容易に実現

時間の短縮を可能にする多数の新しい管理オプション

  • HP Serviceguard Managerの新しいEasy Deploymentオプションにより約1分でクラスターを作成。簡単なグラフィックウィザードを使用し、たった数回のクリックで (ストレージやネットワークを含む) クラスター作成の全工程を完了できます
  • 新しい簡単なウィザードにより、クラスター化されたSAP ERPの管理時間を30%削減。ウィザードでは、SAP ERPアプリケーションの自動検出とパラメーターの自動挿入によりHP Serviceguard Extension for SAP ERPを構成します
  • クラスター化されたストレージの管理に必要な時間と作業を最大90%1削減。HP Serviceguard Managerを使用することで、新規ボリュームグループの作成速度が90%、ストレージの構成速度が50%アップします

クラスターのメンテナンスおよび検証機能が向上

  • HP Serviceguardの新機能であるLive Application Detachにより、ダウンタイムなしでクラスターソフトウェアおよびハードウェアをアップグレード可能
  • HP Serviceguardの新機能であるCluster Verificationにより、確実な検証と実行が可能。あらゆる状況におけるクラスターの動作を確実に把握し、適切な構成が行えます

ディレクトリサーバー実装の自動セットアップ

  • HP LDAPバージョン5.0のセットアップが格段に容易に
  • 新しいガイド付きインストールモードにより、LDAPおよびその基盤となるHPディレクトリサーバーのセットアップに必要な手順が大幅に減少
  • セキュアシェル (SSH) キーのサポートにより、システム間接続の信頼性が向上し、既知の正常なシステムになりすます偽装ノード (中間者攻撃) の可能性を排除

関連ページ

HP Serviceguard Manager

月単位ではなく日単位のコンソリデーション

HP 9000 サーバーからHP Integrity サーバーへのコンソリデーションを月単位ではなく日単位で実施

  • 完全無償かつHPの完全サポート
  • 必要な作業はアプリケーションの移行と実行のみ - 再コンパイルや再認証は不要
  • パフォーマンスが向上し、データセンターコストが減少

AIXからの移植時間が最大95%減少

  • 手動の場合と比較して、移植時間が85〜95%※1減少
  • 移植手順の90〜95%が自動化
  • 必要な作業を正確に予測し、移植に伴う問題を特定してソリューションを推奨

HP Integrity Superdome 2への移行後、お客様のペースでアプリケーションを移行可能

  • HP Integrity VMサポートにより、HP-UX 11i v2環境をそのままHP Integrity Superdome 2に移行可能
  • 新しいサスペンド/レジューム機能によりVMを一時停止および再起動可能。これにより、ワークロードを一時的に「保留」し、デバッグ、クローニング、レプリケーション、高可用性の実現に向けた作業を実施できます

HP Secure Resource Partitionにより、コンソリデーションを行ったワークロードのセットアップを簡素化

  • DRPの構成/管理/ステータスレポート機能を備えた新しい管理GUIにより、新規のSRPを2分未満で作成可能。このGUIによってSRPの管理がHP System Management Homepageに統合され、管理作業が簡素化されます
  • 迅速な配備、容易なコンソリデーション、エラー防止操作などを可能にする新しいSRPコマンドにより、操作が簡素化できます

ミッションクリティカルなSLAに影響を与えることなくインフラストラクチャのコンソリデーションを実施

業界随一のHP StorageWorks Application Performance Extenderを、HP-UX 11i v3が稼働するSuperdome 2向けに最適化。これにより管理者は、帯域幅やレイテンシの要件をHP-UX 11iのアプリケーション固有のレベルに設定できるようになりました。

HP Integrityサーバー向けの新しいエネルギー効率化オプションを導入

すべてのHP-UX 11i v3 OEにおいて、HP Integrity Superdome 2の電力/温度グラフィック監視機能が、HP Systems Insight ManagerおよびHP Insight Control電力管理から利用できるようになりました。

セキュリティおよびパッチ分析の柔軟性が向上

異機種環境をご使用のお客様およびWindowsコマンド管理ステーションをご利用のお客様は、HP Software Assistantを使用して、WindowsコンソールからHP-UXシステムのセキュリティおよびパッチ分析を実施できるようになりました。

関連ページ

HP Integrity Superdome 2
HP 9000/旧HP Integrityサーバーからのマイグレーション
AIXからHP-UX 11iへのアプリケーションの移行支援
HP Integrity Virtual Machines
Secure Resource Partitions (SRP)
HP StorageWorks XP Application Performance Extender Software
HP-UX 11i: Improved power planning  米国のサイトへ
Software Assistant (SWA)  米国のサイトへ

※1出典: ホワイトペーパー『Transitioning Oracle E-Business Suite to the Maximum Availability Architecture (最大限の可用性を実現するアーキテクチャーへのOracle E-Business Suiteの移行)』 (オラクル社、2007年9月)。オラクル社によると、Oracle E-Business Suiteのメンテナンスに伴う停止時間は3~12時間になると考えられており、月に1回の頻度で実施しなければならない可能性があります。
※2HPラボによるServiceguard 11.19とServiceguard 11.20の比較。

HP-UX 11i v3のサポートを2020年末まで延長

HP-UX 11i v3の製品サポート期間を、従来計画の2017年末までから3年延長し、2020年12月31日までとすることを発表しました。これにより、HP-UX 11i v3はサーバーオペレーティング環境として業界最長の「13年サポート」(2007年の製品発表からのサポート期間として)を実現しております。

HP-UX 11i v3のサポートを2020年末まで延長

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項