Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

HP-UX11i v3 Update 4

ミッションクリティカル本番機も仮想化
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX 11i v3 Update4ではホストOSにHP-UX 11i v3を採用したHP Integrity Virtual Machines 4.1を強化。高速フェイルオーバー機能を標準装備したServiceguard 11.19と連携し、仮想環境においてもサービス継続を可能にし、ミッションクリティカルの本番環境への仮想化適用を推進します。これらの最新機能は統合管理環境と連携することにより、物理サーバーや論理サーバーの管理を可能にし、エンタープライズのITコスト最適化を支援します。

今年で誕生25年を迎えるHP-UX。国内UNIXサーバー市場において、HPのUNIXサーバーを8年連続市場シェア1位(※1)に導き、ミッションクリティカルなIT環境のオープン化と仮想化技術の導入などにおいて業界をリードし続けています。

今回の「HP-UX 11i v3 Update 4」(2009年3月度版リリース)では、高信頼性UNIX OSの最新バージョン「HP-UX 11i v3 Update 4」、仮想化ソフトウェア「HP Integrity Virtual Machines 4.1 (Integrity VM)」、クラスターソフトウェアの最新バージョン「HP Serviceguard 11.19」を出荷開始し、UNIXベースの仮想化ソリューションを大幅強化しました。また、Integrity VM 4.1に追加する拡張機能として、「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」の提供を開始、統合仮想化環境を管理するHP Insight Dynamics-VSEと連携することにより、物理サーバーと仮想化サーバーの管理の工数を削減し、システムの運用コストの削減に貢献します。

※1: 出典: RISC & IA64 Server, Factory Revenue
IDC Japan's Japan Server Quarterly Model Analysis CY09Q3, December 2, 2009

HP-UX11i v3 Update 4の3つの強化ポイント

HP-UX11i v3 Update 4の3つの強化ポイント
トップへ戻る

HP-UX 11i v3の仮想機能強化により、オンライン管理性を向上

HP Integrity VMのオンラインマイグレーション機能により、HP-UX 11i v3をハイパバイザーとする仮想化機能「HP Integrity VM 4.1」により作成された仮想マシンを、アプリケーションを稼動させたまま、トランザクションを止めることなく他のサーバーに移動できます。UNIX環境においても、サーバーのメンテナンスに伴う仮想マシンの移動や、システム負荷に合わせた仮想マシンの移動による性能の平準化などの、仮想技術のメリットをフル活用できます。

移動中のサービスを停止させることなくホスト間で移動

トップへ戻る

HP Serviceguard標準で高速フェイルオーバー機能を装備、仮想マシン上のアプリケーションの稼動監視を強化

従来の、クラスターによる「HP Integrity VM 4.1」上の仮想マシン全体の障害検知・フェイルオーバー機能に加え、仮想マシン上で稼動するアプリケーション・プロセスの障害検知に対応しました。これにより、仮想マシン上のアプリケーションの異常を検知し、自動的に仮想マシンを止めて他のサーバー上で再起動させることが可能になります。さらに、「HP Serviceguard 11.19」では、フェイルオーバーの速度が従来の1/8と、非常に高速になっています。

HP Serviceguard標準で高速フェイルオーバー機能を装備、仮想マシン上のアプリケーションの稼動監視を強化

トップへ戻る

管理性および省電力性を向上、ミッションクリティカル仮想化環境を提供

  • HP-UXの省電力機能により、インテル® Itanium® プロセッサー(インテル社開発コード名 Montvale)の消費電力を制御し、アイドリング状態のプロセッサーにおける電力消費を最大15%削減します。(※2) 本機能は、HP-UX11i v3のカーネル・パラメータ “pwr_idle_ctl” により設定します。1〜5の5段階の設定が可能で、5に設定することで最大限の省電力量効果が得られます。
  • また、HP-UX 11i v3では、仮想化を取り入れた集約性の高いシステム環境を念頭に、システム管理者の作業の効率化を図り、運用・管理コストを低減するための様々な強化を行いました。インテルIntaniumプロセッサーの消費電力をHP-UXで制御し省電力を取り入れた管理、ミッションクリティカルでは不可欠な機能が強化されました。

※2: インテル® Itanium® プロセッサー9100番台を搭載するHP Integrityサーバー使用時。

管理性および省電力性を向上、ミッションクリティカル仮想化環境を提供

トップへ戻る

関連リンク

HP Integrity Virtual Machines 4.1
HP Serviceguard 11.19
連載コラム
“まるごと仮想化”のここが「ツボ」  
“まるごと仮想化”のここが「ツボ」
  ここ2、3年で急速にIT業界に広く浸透してきた仮想マシンベースの仮想化技術。本連載では、HP Integrityサーバー上で仮想化を実現するソフトウェア「HP Integrity VM」の最新バージョンが備える機能や能力を紹介し、そのパフォーマンスをフルに引き出し、“まるごと仮想化”するための「ツボ」を考えていきたい。

お問い合わせ

製品キャンペーンに関するお問い合わせはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
HP-UX 11i v3の仮想機能強化により、オンライン管理性を向上 HP Serviceguard標準で高速フェールオーバー機能を装備、仮想マシン上のアプリケーションの稼動監視を強化 管理性および省電力性を向上、ミッションクリティカル仮想化環境を提供