Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

トピックス

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
2015年12月、HP-UX 11i v1/v2 サポート終了

≫ キャンペーン

トピックス


主なトピックス

HP-UX 11i v3 2012年9月版アップデートリリース
HPは、HP-UXへの投資の一部として、保守作業や操作が簡単なUNIXを提供いたします。2007年2月にHP-UX 11i v3を発表してから、6ヶ月毎にアップデートを提供してきました。これらのリリースを通し、HPは1回のアップデートでUNIXスタック全体に対する機能を向上させ、生産性への影響や保守によるダウンタイムを大幅に削減しました。
HPミッションクリティカル分野のチーフテクノロジスト カーク・ブレスニカ、インタビュー
米HPのビジネスクリティカルシステムのチーフテクノロジストであり、HPフェローでもあるバイス・プレジデントのカーク・ブレスニカに、 ミッションクリティカル分野のキーワードの「Project Odyssey」とHP-UXの将来について、インタビューを行いました。
HP-UX 11i v3 2012年3月版アップデートリリース
2012年3月にリリースされたHP-UX 11i v3の最新アップデートでは、以下のイノベーションを活用することにより、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureを進歩させることができます。
HP-UXの「いま」と「これから」
『HP Mission Critical Seminar 2012』イベント・レポート
HP、国内UNIXサーバーで11年連続シェアNo.1達成!
HPは、国内UNIXサーバーとして11年連続シェアNo.1を達成いたしました。今後もミッションクリティカル・システムを担う基盤として、信頼性と共にお客様の満足を高められるよう、進化してまいります。
HP-UX 11i v3 2011年9月版アップデートリリース
HP-UX 11i v3アップデート2011年9月版 アップデートリリースは、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureの管理、仮想化、可用性およびセキュリティを拡張する複数の機能強化を含むと同時に、お客様のソフトウェアの投資を保護します。
HP-UX 11i v3 2011年3月版アップデートリリース
HP-UX 11i v3 2011年3月版アップデートリリースは、ミッションクリティカルなConverged Infrastructureを促進し、仮想化の拡張、可用性機能の簡素化、そしてクリティカルなシステムファイルの保護強化など、複数の機能強化を含みます。
サーバー仮想化/パーティショニング
サーバー仮想化/パーティショニングに使用するソフトウェア製品ラインアップを更新しました。
HP Integrity Virtual Machines
HP Integrity Virtual Machines v4.3のアップデート情報を更新しました。
HP Serviceguard A.11.20パッチA
HP Serviceguard A.11.20パッチAのアップデート情報を更新しました。
HP-UX Containers
HP-UX Containers(旧SRP)3.0のアップデート情報を更新しました。
日本ヒューレット・パッカードが提唱する「データベース革新」
日本ヒューレット・パッカードはオープンシステムであることの利点を求めているお客様のご要望を最優先すべく、「データベース革新アライアンス」を発足いたしました。
HP 9000 Container A.03.01 on HP Integrity - 管理者ガイド  
HP-UX 11i v3へのHP 9000 Container A.03.01のインストール手順、HP 9000サーバーからHP 9000 Containerへのアプリケーション環境の移行方法、コンテナーの作成、セットアップ、構成、および管理タスクの手順、およびトラブルシューティングの方法について説明しています。
HP-UX 11iを搭載したHP 9000およびHP Integrityプラットフォーム間におけるOracleデータベースの移行 
Oracle®データベースのHP 9000サーバーからHP Integrityサーバーへの移行シナリオのサンプルをいくつか挙げながら、順を追って移行プロセスについて説明します。
高可用性を実現するHP Serviceguardソリューションポートフォリオの活用によるミッションクリティカルなサービスレベル目標の維持 
ビジネスにおいて必要とされるアプリケーションの可用性をサポートする戦略と戦略に基づいてHP Serviceguard導入に至った理由を説明します。
HP-UX 11i v3メモリ管理サブシステム 
HP-UXのリリースに合わせて強化されてきたメモリ管理サブシステムですが、本書ではHP-UX 11i v3メモリ管理サブシステムの特長を説明します。
第2世代HP Integrity サーバー上のHP Integrity Virtual MachinesにおけるOracle OLTPワークロードの実行 
本書では、BL860c i2サーバー上のVMで実行されるOracle OLTP構成のパフォーマンスとオーバーヘッドの測定値を提示し、Oracle OLTPワークロード処理において優位な製品であることを実証します。
LinuxかHP-UX、あなたはどっち?〜潜むリスクを完全比較、適材適所のOS選択〜
適材適所、適宜適用 ──そうしたクラウド時代にもっとも重要とされる選択眼には、用途の場面に合わせた潜在するリスクを正しく把握することです。システムはどういう時に止まるのか、その止まらない仕組はあるのか、LinuxとHP-UXを完全比較!買うならどっちか、あなたのお声を聞かせてください。
ホワイトペーパー HP-UX 11iのビジネス価値
同等の性能を持つIBM x86/LinuxソリューションまたはHP Integrityサーバー/HP-UX 11iソリューションを比較した場合の、HP Integrityサーバー/HP-UX 11iの優位性を詳しくまとめています。ぜひ、ホワイトペーパーを現場のビジネスの発展にご活用ください。
HP-UX 2010年9月版アップデートリリース
HP-UX 11i v3 2010年9月版アップデートリリースには、可用性とコンソリデーションを簡素化することによりミッションクリティカルなコンバージド・インフラストラクチャを進化させる複数の機能拡張が用意されています。
HP Serviceguardソリューション11.20
HP Serviceguardソリューション11.20は、可用性の実現を簡素化するHP-UXのイノベーションを通じてミッションクリティカルなコンバージド・インフラストラクチャを進化させます。
HP Serviceguard Extension for Oracle e-Business Suite (SGeEBS)
新しいHP Serviceguard Extension for Oracle E-Business Suite (SGeEBS) を使用すれば、Oracle E-Business Suiteのクラスタリングに伴う時間とコストを削減できます。
HP Serviceguard ソリューション
HP Serviceguardソリューションは連続的なサービス可用性を維持することで、ダウンタイムによる収益の損失を防止し、ワークロード管理、仮想化、ユーティリティプライシングにより、フェイルオーバー後のパフォーマンスおよびコスト削減の最大化を可能にしています。
Serviceguard Manager/Event Monitoring Services更新しました。
可用性を容易に実現し、時間の短縮を可能にする多数の新しい管理オプションに関する情報を追加しました。
HP Serviceguard Toolkit for Oracle Data Guard
HPはHP Serviceguard Toolkit for Oracle Data Guardによって、この重要なDBAツールに確実な高可用性を提供します。
HP-UX 11i Secure Resource Partitionバージョン2.2発表
HP-UXのアップデートに伴い、HP-UX 11i Secure Resource Partitionバージョン2.2を発表致しました。
HP Integrity Virtual MachinesにVM4.2.5追加
HP Integrity Virtual MachinesにVM4.2.5の新機能に関する情報を追加致しました。
AIXからHP-UX 11iへのアプリケーションの移行支援
HP-UX 11iは、Integrity サーバーにおいて最新のバージョンを使用することで、そのビジネス価値が最も早期に実現されます。
UNIX: ミッションクリティカル業務への導入事例
HP-UXがミッションクリティカル業務でどのように使われているのか、その一例をご紹介します。
ミッションクリティカル・クラウドを実現する第2世代 HP Integrityサーバー
2010年4月に発表された,最新のインテル® Itanium® プロセッサー 9300番台を搭載した第2世代HP Integrityサーバーは,最大450%という圧倒的な信頼性の向上を果たしたことはもちろん,クラウド時代のインフラストラクチャにふさわしい様々な新しいテクノロジーを備えています。「ミッションクリティカル・クラウド」を実現する新製品の特長を,ポイントを押さえて分かりやすく解説します。
Oracle + 第2世代Integrityサーバー オラクル副社長からのエンドースメッセージ
オラクルのアプリケーション・プロダクトマーケティング副社長であるフォリア・グレース氏より、第2世代Integrityサーバーに対する期待とコミットメントのエンドースメッセージが届きました。
Oracle RAC 11g Release 2 for HP-UX Itanium 可用性検証を実施   このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
日本ヒューレット・パッカードと日本オラクルは、Serviceguard/Serviceguard Extention for RACと Oracle RAC 11g Release 2 の Grid Infrastructure (Oracle Clusterwareと自動ストレージ管理) を組み合わせた RAC 構成の可用性検証を「Oracle GRID Center」で実施しました。 一連の手順書はその構築手法を説明し、SGeRACクラスターとGrid Infrastructureを一緒に使用した構成の概要や考慮点についても説明しています。
HP-UX 11i v3オペレーティング環境 (OE) およびソフトウェアの新機能
9年連続国内No1のHP-UXはさらに進化を続けています。
HP-UX 11i v3March2010アップデートリリースでは、 仮想化、セキュリティ、管理機能をより一層強化しました。
HPはUNIXサーバー国内シェア9年連続No.1、2009年は30.1%
IDC Japanのサーバー市場動向調査「Japan Server Quarterly Model Analysis CY10Q1」のRISC & IA64 Server/UNIX OS国内工場出荷金額において、2009年通年で30.1%とシェア 1位を獲得いたしました。
AIXとHP-UX徹底比較、正しいUNIX選択ガイド
ミッションクリティカルでありながら、コスト削減を可能にするサーバー統合や、仮想化に最適なシステムは何でしょうか?信頼性、性能、仮想化、そしてクラウド基盤。今後さらに、その重要性が問われるミッションクリティカル環境の、正しい選択をご紹介します。
日本オラクルとソリューション提供の協業強化で合意
エンタープライズ情報基盤の実績を元に信頼性、可用性、拡張性、パフォーマンスの高い、次世代システムを提案。HP-UXはオラクルの最重要プラットフォームとして位置づけられています。
次世代HP Integrityサーバー、発表に向けて
米HPは、最新のクアッドコア・プロセッサーであるインテル® Itanium® プロセッサー9300番台を搭載した次世代HP Integrityサーバーの発表に向けて、準備を開始したことを発表しました。
プレスリリース(日本語抄訳)
プレスリリース(US) USA
プレスリリース(インテル) このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
2008/2009年のUNIXベンダー選択意向調査
「UNIXをこれからも使い続けますか?」という質問に約90%の顧客がYesと回答。
2008/2009年のUNIXベンダー選択意向調査
「UNIXをこれからも使い続けますか?」という質問に約90%の顧客がYesと回答。
「HP-Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」開設
実機体感センター内にHP Integrity サーバーとOracle 11gからなる仮想化システム基盤環境を設置。
Solarisマイグレーションプログラム
先行きの見えない今、Solarisからの移行は必然。乗り遅れる前に、HPが最短ルートをお知らせします。
お客様事例 「SBIトレードウィンテック株式会社」
DBインフラをLinuxからHP-UX、HP Serviceguardをベースにし、信頼性とコスト効率の向上に成功。
「HP-UX11i v3 Update 4」を発表!
UNIXベースの仮想化ソリューションを大幅強化。ミッションクリティカルの本番環境への仮想化適用を推進。
進化したHP-UX技術情報提供プログラム「HP-UX Knowledge-on-Demand」 
従来までのコンテンツに加え、WebキャストやUSの最新情報も無償でご提供開始!
HP-UXプラットフォームへの移行支援サービス 
既存のUNIXサーバーから「HP Integrityサーバー」へのシステム移行を支援する新たな定型サービス
HP-UX 25周年を記念して、マーク・ハードおよびアン・リバモアからのメッセージ
歩んできた25年の成果と、今後のHP-UXの重要性とは?
HP-UX 25周年
  25年の歳月と、次の時代へ
教育サービス「HP-UX CSA認定試験対策」、スタート!
  HP-UX11i v3対応になりましたCSA認定試験の内容に基づき、試験範囲を網羅したトレーニングコースをご用意しました。また2日目には模擬試験を実施し、理解度をご確認いただける内容になっています。 CSA認定を受験される前に、ぜひエンジニアの方はぜひご受講下さい。
HP-UX 11iの最新バージョンがITセキュリティ共通基準認定(ISO15408)を取得
- 「情報基盤強化税制」の減税対象として申請可能 -
  HPのUNIX OS製品の最新バージョン「HP-UX 11i v3」がITセキュリティの国際共通基準である「Common Criteria/ISO15408」認定を、2008年3月付けで取得しました。現在、HP Integrity サーバーおよび HP 9000サーバー上で販売しているすべてのHP-UX 11i バージョンについて、「情報基盤強化税制」の減税対応となります。
経営の効率化を追求することがグリーンITの実現につながる このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 
  ミッションクリティカルなシステムに求められるグリーンITとは何か?NEC、日立製作所、日本ヒューレット・パッカードの3社の共同プロジェクト「VSE Ecosystem」を、現在ITProにて特集中。

その他のトピックス

@ITタイアップ UNIX特集 成長企業のシステム戦略 第三回
  HP-UXを選択する価値をご紹介する連載記事第三回目。「サービスの継続性を左右する“サポータビリティ”」と題して、コアシステムに求められる運用・保守体制、HPの取り組みをご紹介します。
前回の記事はこちら。

サポート情報

2038年問題の概要とHP-UXにおける対策について USサイト
  "Year 2038 limitation on HP-UX and recommended steps"
米国サマータイム(DST: Daylight Saving Time)の期間変更について
  2007年より米国(US)では「Energy Policy Act」というエネルギー節約に関する条例が施行され、サマータイム(DST: Daylight Savings Time)の期間が変更されます。この期間変更に伴い、米国(US)のタイムゾーンで運用されているシステムは、影響を受ける可能性があります。

その他

HP Integrity サーバー広告のご紹介
  ここでは、HP Integrity サーバーに関する広告をご紹介します。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
 このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項