Jump to content
日本-日本語

HP-UX アナリスト・レポート

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

2008/2009年のUNIXベンダー選択意向調査

調査レポート:顧客に絶賛されるHP UNIXの可用性
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
Content starts here
ITコンサルティング会社のGabriel Consulting Group(GCG)は、2008年第4四半期から2009年第1四半期を通じて、266名のデータセンタースタッフに「UNIXベンダー選択意向調査」を行いました。調査の回答者は、小規模企業から10,000人以上の組織まで、あらゆる規模の企業でUNIXシステムの設計、配備、および管理を担当している方を対象としています。この調査では、システムの課題(性能、可用性、管理など)、顧客サポート、およびベンダーの技術力に対する顧客の信頼度を網羅した、技術と顧客サポートに関する項目で「ベンダー採点」も行っています。ここでは、そこから見えてくるベンダー比較をご紹介します。
顧客に絶賛されるHP UNIXの可用性

どこが、どれほど優れた可用性を提供できるか?

2008/2009年の「UNIXベンダー選択意向調査」で、GCGは実際のUNIXの法人顧客に主要UNIXベンダーとそのシステム製品の採点を依頼しました。UNIXの価値提案の最も重要な要素の1つは、これらのシステムがどれほど優れたアプリケーションの可用性を提供できるかということです。今回の調査では、HPが、いくつかの可用性に関する調査カテゴリーでIBMとSun Microsystemsを抜き去りました。この調査レポートでは、これらの結果とHPが高得点を獲得した理由について説明します。

実感としての可用性

これまでになく重要な属性になっている可用性

調査を通じて、顧客がUNIXベースシステムに信頼を寄せ続ける主な理由の1つは、UNIXが企業の最大かつ最重要のワークロードを処理できる規模、処理速度、および可用性を提供していることです。事実、これらのマシンは「業界標準」と見なされていないにもかかわらず、UNIXプラットフォームの魅力のうち最も大きいもののひとつは、可用性であるといえます。しかし、こういったシステムがもたらす価値とは、多くは、「標準技術の最大公約数」に縛られていないことからもたらされているのです。UNIXシステムベンダーは、独自のオペレーティングシステム、ファームウェア、プロセッサー、コンパイラー、およびその他のシステムハードウェアとソフトウェア全体を取りまとめています。そのため、UNIXシステムベンダーは、性能、可用性、およびコスト目標を達成するために、ソリューション全体の統合と最適化においてはるかに多くのことを実現できるのです。

今日、可用性は、これまでになく重要な属性になっています。典型的なUNIXシステムは、仮想化され、1つのシステムで数個から数十個の同時ワークロードを実行します。また、これらのワークロードは一般にERPシステムまたは企業データベースであるため、データセンターで最も重要な要素です。

UNIXシステムの可用性

明らかに、可用性は、UNIXシステムの顧客にとって非常に重要な決定要因です。今回の調査で可用性に関して最初に行った、かつ最も重要な質問は、「実感としての可用性」です。具体的には、どのUNIXブランドが顧客固有のワークロードを実行するデータセンターにおいて、最もダウンタイムが少ないかという質問です。今回の調査の回答者の大半が複数のUNIXブランドの使用経験があり、約75%が、現在、UNIXシステムの主要2社以上のシステムを使用していることに注意することが重要です。

グラフに、過去3年間の「実感としての可用性」に関する質問の結果を示します。回答者は、最新の調査期間と2007年の両方で、データセンターの中で最も可用性が高いUNIX システムとして、HPを選びました。過去3年間の功績は、HPを2006年の3位から首位に押し上げています。他の調査カテゴリーでも同じパターンが見られます。2006年以後、顧客は、HPを競合ブランドより高く評価しています。

これは当社の好奇心を刺激しました。複数の質問の結果で同じ変化が見られる原因は何なのでしょうか。当社は、過去2年間にこれらの結果の変化を説明する大きな変更を行ったかどうかを調べるために、HPに赴きました。ここで、いくつかの長いPowerPointプレゼンテーションをはさみながら一連の議論があり、過去3年間にIntegrity製品群に組み込まれた可用性に関するすべての強化の概要についてHPから説明を受けました。ハードウェアとソフトウェアの両方に多くの強化が施されています。

ダウンロード ダウンロード»

※ご登録いただくと、以下の資料をすべてダウンロードいただけます。

・ 調査レポート:顧客に絶賛されるHP UNIXの可用性

・ 調査レポート:HPがIntegrityサーバーの性能を向上

・ ホワイトペーパー:HP-UX 11i v3 のビジネス価値

Gabriel Consulting Group「UNIXベンダー選択意向調査」その他の資料をご紹介

Gabriel Consulting Group が実施した2008/2009年の「UNIXベンダー選択意識調査」 では、UNIXこれまで以上にデータセンターで、仮想化による戦略的な位置付けを増すと判断しています。その調査結果および、メーカーの比較結果、HPの動向についてのレポートをご紹介します。

このレポートでは、UNIXにおいて、「一般的なもの」よりも「実感としての性能」の方が重要である点を紹介し、「UNIXベンダー選択意識調査」の結果とともに、これらのシステムの性能を改善するためにHP Integrity製品群のハードウェアとソフトウェアに適用された強化機能について説明します。


お問い合わせ