Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP Serviceguard クラスター構築手順

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

10. クラスターの管理

HP Serviceguard クラスター構築手順
はじめに
1.システム構成
2.OSのインストール
3.OSボリュームのミラー化
4.データディスクの設定
5.Serviceguard クラスターの構築
6.ネットワークタイムプロトコルの使用
7.共有ディスク上のファイルシステムの作成
8.クラスターの構成
9.パッケージの作成
10.クラスターの管理
11.リソースの場所

10.1.Serviceguard A.11.17 またはそれ以前のバージョン

クラスターの管理のために、Serviceguard Managerと呼ばれるGUI製品があります。これは、http://software.hp.com より無償でダウンロードすることが可能です。

Serviceguard Manager のインストールが終了したら、

# /opt/sgmgr/bin/sgmgr  -c  <clustername>

を実行すると下図のような画面が現れます。Serviceguard Managerの画面からはクラスターの起動、停止、構成やパッケージの起動、停止、構成などの管理作業を行うことができます。

Serviceguard Manager 画面
Serviceguard Manager

10.2.Serviceguard A.11.18 以降のバージョン

Serviceguard製品にServiceguard Managerの最新バージョンがバンドルされています。このバージョンからServiceguard Managerはシステム管理ツールであるHP SMH(System Management Homepage)のプラグインとなっているためWebブラウザからHP SMHにサインインした後、クラスターの任意のノードを指定して起動することができます。

Serviceguard Manager をシステムのブート時から使用可能にするためにはクラスターのノード上で次を実行します。

# smhstartconfig -a off -b on
# /sbin/init.d/hpsmh start

Serviceguard Managerを起動するためには次の URLにアクセスします。ここでnodenameはクラスターの任意のノードです。

https://nodename:2381/ (SSL)
http://nodename:2301/ (no SSL)

SMH にサインオンしてから、Serviceguard という項目内にあるクラスターの欄を選択してください。
Serviceguard Managerからは、クラスターの監視、管理、構成を行うことができます。

クラスタの監視、管理、構成画面
トップへ戻る 前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡