Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP Serviceguard クラスター構築手順

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

1.システム構成

図 1.1、図 1.2 に今回構成を行う Serviceguard クラスターの図を示します。どちらも 2ノードクラスターですが、両者の違いはタイブレーカとしてクラスターロックディスクを使用するかクォーラムサーバーを使用するかです。3台以上のクラスター構成についても本文中で適宜コメントします。
HP Serviceguard クラスター構築手順
はじめに
1.システム構成
2.OSのインストール
3.OSボリュームのミラー化
4.データディスクの設定
5.Serviceguard クラスターの構築
6.ネットワークタイムプロトコルの使用
7.共有ディスク上のファイルシステムの作成
8.クラスターの構成
9.パッケージの作成
10.クラスターの管理
11.リソースの場所
 
図 1.1 2 ノードServiceguardクラスタ(クラスタロックディスク使用)
図 1.1 2 ノードServiceguardクラスター(クラスターロックディスク使用)
 
図 1.2	2 ノードServiceguardクラスタ(クォーラムサーバ使用)
図 1.2 2 ノードServiceguardクラスター(クォーラムサーバー使用)

  • クラスターを構成するノード:fred.jpn.hp.com、ginger.jpn.hp.com
  • システムディスクはミラー化する。
  • データ LAN: lan0 と lan4 でプライマリ、スタンバイ構成とする。データ LAN には heartbeat メッセージは流さない。
  • Heartbeat LAN:lan1 と lan8 の 2 系統を専用線として使用する。
  • 共有のデータディスクに対するインターフェースは 2 系統持たせる。
  • ボリュームマネージャとしては HP LVM を使用する。
  • クォーラムサーバー:qs.jpn.hp.com (クォーラムサーバーを使用する場合のみ)
  前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項