Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP Serviceguard クラスター構築手順

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

はじめに

このドキュメントは HP Serviceguard クラスターの構築手順を説明したものです。HP Serviceguard バージョン A.11.18 に対応しています。Serviceguard クラスターの構築手順については、マニュアル “Managing Serviceguard” (B3936-90117) に記載されていますが、このドキュメントはそこに記載された手順に加えて、Serviceguard クラスターを構築する際に注意すべき点や留意すべき点なども含めて、実際に Serviceguard クラスターの構築が行えることを目的として作成されました。

目次

1.システム構成
2.オペレーティングシステムのインストール
3.オペレーティングシステムボリュームのミラー化
4.データディスクの設定
  4.1.ディスクの見え方
5.Serviceguard クラスターの構築
  5.1.セキュリティファイルの編集
  5.2. /.rhosts を使用しない場合の設定
  5.3.名前解決の設定
6.ネットワークタイムプロトコルの使用
7.共有ディスク上のファイルシステムの作成
  7.1.PV-link によるディスクアレイ上のボリュームグループの作成
  7.2.他のノードへのボリュームグループの配布
  7.3.追加ボリュームグループの作成
8.クラスターの構成
  8.1.クラスター構成ファイルのテンプレートの作成
  8.2.クラスターロックディスクを使用する場合
  8.3.クォーラムサーバーを使用する場合
  8.4.使用するパッケージ数の指定
  8.5.その他のパラメータの編集
  8.6.クラスター構成ファイルの検証
  8.7.バイナリクラスター構成ファイルの作成と配布
9.パッケージの作成
    9.1. レガシーパッケージによるパッケージの作成
9.1.1. パッケージ構成ファイルの作成
9.1.2. パッケージコントロールスクリプトの作成
9.1.3. パッケージコントロールスクリプトの配布
9.1.4. パッケージ構成ファイルの整合性の検証
9.1.5. パッケージの構築
9.2. モジュラーパッケージによるパッケージの作成
9.2.1. パッケージモジュール
9.2.2. パッケージ構成ファイルの作成
9.2.3. パッケージ構成ファイルの整合性の検証
9.2.4. 外部スクリプトの配布
9.2.5. パッケージの構築
10.クラスターの管理
10.1.Serviceguard A.11.17 またはそれ以前のバージョン
10.2.Serviceguard A.11.18 以降のバージョン
11.リソースの場所

    次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項