Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP-UX 11iでのカーネルの再構築方法

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

kctuneコマンドを使う場合(HP-UX 11i v2、11i v3)

kctuneコマンドは、HP-UXカーネル調整可能パラメータの管理に使用されます。このパラメータはカーネルの動作を制御する変数です。用途はさまざまですが、一般的な用途はシステムリソースの配分の制御やカーネルパフォーマンスの状態の調整などです。kctuneでは現在実行中の構成または保存された構成のすべての調整可能パラメータの値を以下のように、表示または変更できます。パラメータの値の変更にはスーパーユーザー権限が必要です。
HP-UXでのカーネルの再構築方法
はじめに
sam GUIツール
kcweb GUIツール
kctune コマンド
kmtune コマンド

kctune

全カーネルパラメータのリスト

kctune -S

デフォルト設定以外のパラメータのリスト

kctune tunable

指定したカーネルパラメータのリスト

kctune tunable=

指定したカーネルパラメータをデフォルト値に設定

kctune tunable=Default

指定したカーネルパラメータをデフォルト値に設定

kctune tunable=value

指定したカーネルパラメータを value の値に設定

kctune tunable+=value

指定したカーネルパラメータを value だけ追加

kctune tunable>=value

指定したカーネルパラメータの現在の値が value より小さい場合だけ、その値を設定
最初のページへ 前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項