Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP-UX 11i OE インストール作業手順

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

はじめに


HP-UX 11iには、PA-RISCプロセッサーを搭載したHP9000サーバー用OSであるHP-UX 11i v1とHP9000サーバーとItanium®プロセッサを搭載したHP Integrityサーバーの両方で動作するOSであるHP-UX 11i v2の2種類があります。HP-UX 11i v1のインストール手順については、マニュアルライブラリ より「HP-UX 11i バージョン1 インストール・アップデートガイド」を参照ください。

このページでは、HP-UX 11i v2の 新規インストール(コールドインストール)について標準的な手順をまとめます。
HP-UX 11i OE インストール作業手順
はじめに
HP-UXの導入
OE/オプションソフトウェアの導入
パッチの入手と導入

この方法では、インストール先のディスクの情報がすべて上書きされます。そのため、新規で導入するシステム、およびルート(/)ボリュームが上書きされてもアプリケーションやデータを損失しない既存のシステムに対してのみ、この方法でインストールをおこなってください。

より詳しい情報につきましては、HP-UX 11i オペレーシング環境(OE)の設定ガイド等をご覧ください。

HP-UX 11i v2のビジネス向けオペレーティング環境(OE)には以下の種類があります。
   
 
  • Foundation OE (基本機能含む)
  • Enterprise OE (基本機能 + エンタープライズ向けソフトウェア)
  • Mission Critical OE (基本機能 + ミッションクリティカル環境向けソフトウェア)
  ここでは、Foundation OEをインストールする手順を紹介します。
 
HP-UXの導入
  OE/オプションソフトウェアの導入
  パッチの入手と導入

必要なシステム環境


HP-UX 11i v2をコールドインストールするには、次のシステムやメディアを用意する必要があります。
  • HP-UX 11i v2でサポートされるサーバーとワークステーション
    • HP Integrity rx16X0 server
    • HP Integrity rx26X0 server
    • HP Integrity rx4640 server
    • HP Integrity rx5670 server
    • HP Integrity rx76X0 server
    • HP Integrity rx86X0 server
    • HP Integrity Superdome server
    • HP workstation zx2000 (2005年5月版まで)
    • HP workstation zx6000 (2005年5月版まで)
  • HP-UX 11i v2 OEおよびアプリケーションのメディア(2 DVDセット)
  • 1GBのメモリー(最小)
  • 1GBのスワップスペース(最小)

HP-UXリリースIDと製品名について


HP-UX 11i以前のHP-UXリリースは、HP-UX 10.20およびHP-UX 11.00のように、HP-UX開発組織が割り当てるリリースIDに応じて命名されていました。2000年には、HPはHP-UXの名前を変更し、リリースを識別する方法を変更しました。HP-UXはHP-UX 11iという名前に変更され、各リリースには以下のような名前が与えられました。

リリースID

製品名

B.11.11 HP-UX 11i (2003年1月まで。 PA-RISCのみサポート)
B.11.11 HP-UX 11i v1(2003年1月以降。PA-RISC のみサポート)
B.11.22 HP-UX 11i v1.6 (Itaniumのみサポート)
B.11.23 HP-UX 11i v2 (Itanium、PA-RISCサポート)
    次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項