Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP-UX 11i バックアップの取得

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

fbackup / frecover


fbackup、frecover は HP-UX 独自のコマンドで、システムのバックアップをとるために作成されたものです、フルバックアップのみならず、インクリメンタルバックアップをサポートしています。リモートマシン上のデバイスへのバックアップも可能です。fbackup でとったバックアップのリストアは frecover コマンドにより行います。
HP-UX 11i バックアップの取得
はじめに
tar
cpio
ftio
fbackup、frecover

最初に簡単な使い方の例をしめします。

# fbackup -f /dev/rmt/0m -i /usr

/usr 以下のファイルのバックアップを /dev/rmt/0m にとっています。

# fbackup -f /dev/rmt/0m -i /usr -e /usr/local/games

/usr 以下の、/usr/local/games 以下のファイルをのぞくすべてのファイルのバックアップを /dev/rmt/0m にとっています。

# frecover -r -f /dev/rmt/0m

上でとったバックアップ全体をリストアしています。

fbackup ではグラフファイルを作成しておくと便利です. たとえば, システムのバックアップをとるためのグラフファイルとして、

i /
e /usr/local/games
e /var
e /home

という内容のグラフファイル /var/adm/fbackupfiles/graph を作成しておくと、/usr/local/games と /var と /home を除いたすべてのファイルのバックアップをとることができます。

# fbackup -0 -u -f /dev/rmt/0m -g /var/adm/fbackupfiles/graph

ここで -0 はフルバックアップの指定です。-u オプションは/var/adm/fbackupfiles/dates というデータベースファイルを更新する指定です。

上で -0 によってフルバックアップの指定を行っていますが、インクリメンタルバックアップをおこなうこともできます。それが fbackup のバックアップレベルオプションです。

バックアップレベルとしては、0 から 9 までの整数を指定することができます。

レベル 0: フルバックアップ
レベル 1: フルバックアップをとった以降、変更されたファイルのバックアップのみをとります。
レベル 2: レベル 1 のバックアップをとった以降、変更されたファイルのバックアップのみをとります。
. . . . . . . .

たとえば、毎週月曜日にフルバックアップをとり、それ移行の曜日はインクリメンタルバックアップをとるためのバックアップレベルの指定は次のようになります。

月曜日: レベル 0
火曜日: レベル 1
水曜日: レベル 2
木曜日: レベル 3
金曜日: レベル 4

このようにして fbackup でとったバックアップイメージからのリストアは frecover コマンドを使用しておこないます。バックアップイメージすべてをリストアすることも可能ですし、グラフファイルをもちいて、特定のファイルのみをリストアすることも可能です。

# frecover -r -f /dev/rmt/0m

すべてのバックアップイメージのリストアを行います。

# frecover -x -g /var/adm/fbackupfiles/graph-restore

/var/adm/fbackupfiles/graph-restore ファイルに記述されたすべてのファイルのリストアを行います。

このような柔軟性から、システムのバックアップをとる際には fbackup、
frecover を使用することが最も適切な選択でしょう。
最初のページへ 前のページへ  

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項