Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP-UX 11i バックアップの取得

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

cpio


cpio は Copy Input to Output の略で、標準入力からファイル名のリストをよみ, その内容を標準出力に出力します。これも古くから UNIX にそなわっているコマンドです。
HP-UX 11i バックアップの取得
はじめに
tar
cpio
ftio
fbackup、frecover

$ find /etc -print | cpio -ocx > /dev/rmt/0m

/etc ディレクトリの内容をテープへ保存します。

$ cpio -icdmuvx < /dev/rmt/0m
current </etc/mnttab> newer
current </etc/group> newer
current </etc/passwd> newer
current </etc/magic> newer
current </etc/ioconfig> newer
current </etc/services> newer
current </etc/fstab> newer
. . . . . . . .

保存した内容をリストアします。

# find /etc -depth -print | cpio -pd ./backup

/etc ディレクトリの内容を backup ディレクトリ以下にコピーします。これは次のようにしてもおなじです。

# find /etc -depth -print | cpio -ocv | (cd ./backup; cpio -icdmuvx)

cpio はスペシャルファイルのバックアップをとることが可能です。これにより、システムのバックアップをとることもできます。

# find / -print | cpio -icdmuvx > /dev/rmt/0m

システム全体 (/ 以下すべて) のバックアップをとっています。

ただ、cpio にはファイルシステム毎のバックアップをとるというような柔軟性がありません。たとえば上で、/ と /usr が別々のファイルシステムの場合、/ 以下と /usr 以下のみのパックアップをとるということができません。ただし、一般に tar よりも高速であり, 手軽であるという点で、個人用のバックアップツールとしては適しているといえます。
最初のページへ 前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項