Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

HP Apache-based Web Server チューニング

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

HP-UX環境の構成方法


OSの調整


カーネル パラメータmaxproc、shmem、maxfdなどを調整します。
HP Apache-based Web Server チューニング
はじめに
ディレクティブの使用方法
モジュールの使用方法
HP-UX環境の構成方法

メモリの監視


Webサーバーに十分なメモリがあることを確認します。

renice


Apacheプロセスの優先順位を上げます。

TCP/IP関連のパラメータの調整


バッファ容量不足 (ENOBUFS) に関するエラーをクライアントソケットから受信した場合、システムリスンキューの調整が必要になる場合があります。

HP-UX 11.xのシステムリスンキュー パラメータは、tcp_conn_request_maxです。ネットワーク設定の表示/変更用ユーティリティは、"ndd"です。

HP-UX 11.xに対応するコマンドを以下に示します。

- システムリスンキューの現行設定を確認するコマンド:
ndd -get /dev/tcp tcp_conn_request_max

- システムリスンキューのサイズを256に調整するコマンド:
ndd -set /dev/tcp tcp_conn_request_max 256

例:
パラメータ 有効範囲 デフォルト値 調整後の値
maxfiles /stand/system 2048 4096 *
maxfiles_lim /stand/system 2048 4096 *
tcp_time_wait_interval ndd/dev/tcp 60000 60000
tcp_conn_request_max ndd/dev/tcp 20 1024 --> 4096
tcp_ip_abort_interval ndd/dev/tcp 600000 60000
tcp_keepalive_interval ndd/dev/tcp 72000000 900000
tcp_rexmit_interval_initial ndd/dev/tcp 1500 1500
tcp_rexmit_interval_max ndd/dev/tcp 60000 60000
tcp_rexmit_interval_min ndd/dev/tcp 500 500
tcp_xmit_hiwater_def ndd/dev/tcp 32768 32768
tcp_recv_hiwater_def ndd/dev/tcp 32768 32768

NFS使用の回避


NFS上に配置されているファイルに対して"LockFile"または"Scriptsock"ディレクティブを使用しないでください。使用すると、システムがハングすることがあります。

例:
LockFile NON_NFS_PATH/lockfile.lock
Scriptsock NON_NFS_PATH/logs/cgisock

その他の構成


キャッシュプロキシの使用


Webページをキャッシュする場合、キャッシュプロキシを使用します。
最初のページへ 前のページへ  

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項