Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

ホワイトペーパー

プログラミング/チューニング
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

プログラミング/チューニングに関するホワイト・ペーパー


HP-UX 11i の POSIX スレッド、HP-UX 11i 構成可能 カーネル・パラメーター、HP-UX 11i v2におけるカーネル構成管理、等のホワイト・ペーパーです。

カーネル・チューニング
  プログラミング・コンパイラ
  パフォーマンス
  Javaチューニング

カーネル・チューニングに関するホワイト・ペーパー


HP-UX 11i の POSIX スレッド
HP-UX 11i v2 Update 2 (2004年9月リリース)
  (PDF: 405KB)

本書では、HP-UX 11i に実装されているスレッド モデルの概要と、各スレッド モデルがアプリケーションの動作やパフォーマンスに与える影響について説明しています。

HP-UX 11i 構成可能 カーネル・パラメーター

カーネル動作パラメーターには、特定のシステム・ニーズに合わせて構成できるものがあります。これにより、性能を向上したり、リソースをより効果的に割り当てることができます。各パラメーターの理想的な値は、多くの場合システムの特定のハードウェア構成、システムで実行されるアプリケーションの組み合わせ、システム・ユーザーの信用度など、システム毎に幅広く変化する要因により決まります。
HP-UX 11.0 用のカーネル・パラメーターです。

HP-UX 11i v2におけるカーネル構成管理  (PDF: 1.3MB)

HP-UX はそのリリースを重ねるごとに、コストや不都合なダウンタイムを生じさせることなく、システム管理者がHP-UX カーネルの構成を変更するための機能が追加されています。動的カーネル調整可能パラメーターや動的ロード可能カーネル モジュール(DLKM)のような革新的な機能によって、アプリケーションの稼動を継続したまま、メンテナンス業務が行えます。これらは、カーネル構成の管理をさらに簡素で包括的なメカニズムにするために生み出されました。

パフォーマンス最適化ページ・サイジング(POPS)  (PDF: 309KB)

パフォーマンス最適化ページ・サイジング(POPS )は、効率的なTLB 管理によって、システム・リソースを最大限に利用する手法です。アプリケーション側ではリソースの利用状況を自動的に調整することによって、最大限のパフォーマンスを確保したり、必要に応じてリソースを節約したりできます。システムから最大限のパフォーマンスを引き出したい方にとっては、まさにPOPS は理想的なツールと言えます。

Intel Itaniumプロセッサー ファミリ パフォーマンス チューニング ガイド  (PDF: 461KB)

Intel Itanium アーキテクチャーの概要、チューニング手順などについて紹介します。
Itanium®プロセッサーの潜在的性能を実現するための手法とツールについて説明します。

HP-UXメモリ管理 ホワイト・ペーパー バージョン1.4

本書は、物理メモリと仮想メモリの概要の解説、仮想メモリに関連する各種の構造とその目的の説明、物理メモリと仮想メモリとの間の相互マッピング方法の説明、メモリ・ページの作成方法と、実行中のプロセス/スレッドでメモリ・ページを使用可能にする方法の説明、スワップ・スペースの管理方法の解説 、メモリ内でプロセス構造をセットアップする方法の説明、メモリ・ページの割り当て、解放、および回復の方法と理由の解説を目的としております。

HP-UX 11i v2のMxNスレッド - その影響と意味  (PDF: 96KB)

HP-UX11i v2上でサポートされているMxNスレッドモデルの特徴と、1x1、Mx1スレッドモデルとの違いについて解説します。

ファイル システムの動的ロード可能カーネル モジュール - 作成と構成ガイド -  (PDF: 860KB)

動的ロード可能カーネルモジュールの機能により、リブートなしでファイルシステムモジュールをカーネルに組み込むための作成と構成について説明します。

プログラミング・コンパイラに関するホワイト・ペーパー


HP およびインテル®Itanium®プロセッサー ファミリ; Itanium ベース HP-UX システム用 HP コンパイラ  (PDF: 482KB)

インテル®Itanium® ベース HP-UX システム用 HP コンパイラの主要機能の技術概要を説明します。

HP-UX Itanium プラットフォーム用 aC++/ANSI C コンパイラ  (PDF: 173KB)

HP aC++/ANSI C コンパイラは、バージョン 6 で全面的に機能が強化されました。本書では、強化された機能の概要を説明します。

HP C/aC++ バージョン 6 − 開発者の生産性を向上する機能 (バージョン 1.5)  (PDF: 253KB)

HP の Itanium 用コンパイラの新機能の紹介と、コンパイル時診断、実行時チェックについて説明します。

aC++ の標準準拠と互換性のための変更点  (PDF: 431KB)

HP aC++ コンパイラをバージョン 5.x からバージョン 6.0 にアップグレードするときには、これらのバージョン間の相違点に留意する必要があります。本書は、両バージョンの相違点を解説します。

Eclipse C/C++ Development Tool によるエンタープライズサーバー向けアプリケーションのリモート開発  (PDF: 255KB)

本書では、Eclipse IDE によるリモート開発について説明しています。Eclipse IDE を使用すれば、HP-UX Integrity サーバーをターゲットとしたC/C++ アプリケーションを、Windows やLinux のシステムでリモート開発することができます。

コンパイラ テクノロジの概要 HP および Intel® Itanium®プロセッサー ファミリ  (PDF: 431KB)

HPが提供しているItaniumベースのHP-UX用コンパイラの主要機能の技術的な概要とアプリケーションのチューニングについて説明します。

Itanium移行時のHP-UXソフトウェアの準備  (PDF: 250KB)

Itanium はIntel 社が開発した、マイクロプロセッサー向けの次世代64 ビット・アーキテクチャーです。Itanium は、HP とIntel 社の共同開発による64 ビットISA (Instruction Set Architecture)、およびIA-32 互換コンポーネントを含んでいます。64 ビットISA は、EPIC アーキテクチャー・テクノロジに基づいて、HP とIntel 社により共同で定義されました。EPIC とはExplicitly Parallel Instruction Computing (明示的並列命令コンピューティング) の略称です。Itanium は、32 ビットおよび64 ビットのコンピューティング環境を両方ともサポートしており、HP の既存のPA- RI SCアーキテクチャーとも互換性があります。

UNIX95のプログラミングとHP-UXのバイナリ互換性

HP-UX との互換性を維持しながら いち早くUNIX 95 のブランドを獲得しました。C言語のプログラマーやシェルスクリプトのプログラマーのために、簡単なコード例と動作環境を紹介します。

GNU Cコンパイラと HP Cコンパイラの比較  (PDF: 1.0MB)

現在HP-UX 上では、HP C とGNU CC という2 つのC コンパイラを使用できます。HP C はHewlett-Packard が開発したコンパイラで、PA-RISC アーキテクチャーを最大限活用できるように調整されています。一方GNU CC はGNU プロジェクトの一環として開発されたもので、無料で使用できるオープン・ソース・ツールです。この2 つのコンパイラには多くの共通点があります。

Itaniumベース アプリケーションの最適化 バージョン1.4  (PDF: 309KB)

Itanium用コンパイラの最適化レベルの違い、高度な最適化オプションの詳細とプロファイラベースの最適化の方法について説明します。

システムコールトレースツール tuscの紹介  (PDF: 264KB)

HP-UXのシステムコールをトレースするツールです。PA-RISCとItaniumの両方のアーキテクチャーで使用することができます。

パフォーマンスに関するホワイト・ペーパー


ハイパースレッディング・テクノロジーにおける動的論理プロセッサー― HP-UX 11i v3  (PDF: 532 KB)

ハイパースレッディング・テクノロジー (HT テクノロジー) と呼ばれる新しいハードウェア マルチスレッド機能をサポートするために、HP-UX 11i v3 オペレーティング システムに加えられた主な機能拡張について説明します。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
 このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項